AQUARELA DO BRASIL

先日、送別会に出席してきたのですが、そのそのお店で流れているBGMがBossaNovaでした。
この曲とか分かるんですかね?という質問に、ええ・・・TOOTS THIELEMANSですね。
と答えると凄いとお褒めの言葉が・・・いえ、たいしたことないです。

そんな話題もすっかり忘れ、電車に乗って吊広告の「AREA」の表紙を見るとなんとTOOTS THIELEMANSじゃないですか!

確か昨日の席でこのご老人、近年亡くなっていたような・・・と発言してしまいましたが勘違いでした。ご健在のようです。失礼しましたm(__)m

もうここまでネタ振りが揃えば聴くしかありません。

f0062463_2312368.jpg

**************************************************
AQUARELA DO BRASIL/TOOTS THIELEMANS&ELIS REGINA
(1969年作品)

1.WAVE
2.AQUARELA DO BRASIL
3.VISAO
4.CORRIDA DE JANGADA
5.WILSAMBA6.Voce (You)
7.BARQUINHO
8.O SONHO
9.FIVE FOR ELIS
10.CANTO DE OSSANHA(CHI DICE NON DE)
11.HONEYSUCKLE ROSE
12.A VOLTA

***************************************************

→もうこれ以上の幸せがないかもしれない!ほど幸せな1枚。
歌を愛し続けBossaNovaに大きな功績を残したELIS REGINAとハーモニカ職人のTOOTS THIELEMANSの共作です。

それにしても素晴らしい作品です。歌を歌うことに全てを費やした彼女の歌声にまさに歌うハーモニカ、そしてBossaNovaの心地よいリズム・・・どこまでも純粋でどこまでもモダンな音楽です。

TOOTS THIELEMANSはベルギー生まれのミュージシャンで、若い頃はジャズ・ギターを演奏していましたが後にハーモニカに転向。Jazzの世界にも名盤を吹き込んでいます。
そんなTOOTS THIELEMANSのもう一つの武器は口笛です。
BossaNovaらしくヘタウマな口笛が9.FIVE FOR ELISで聴けるのですが確実に確信犯ですね。曲は5拍子と斬新ですが1:59しかありません。

まず最初に心を鷲掴みにされるのはBossaNovaの名曲1.WAVEです。ここでのハーモニカによるソロはとにかく素晴らしいです。即興で「歌う」とはまさにこういう演奏を言うのでしょう。理論も何も関係ありません。ただ、鳥肌出るぐらい素晴らしいソロです。
エンディングか2拍3連になるというアレンジも斬新で降参です。

ELIS REGINAの歌声の魅力を楽しめるのが4.CORRIDA DE JANGADAですね。
彼女のはじける笑顔のように底抜けに明るい曲で曲の表情を実に上手く表現しています。これぞELIS REGINAの歌声です。

ジャケットもリラックスした二人の様子をよく表したジャケットですね。それにしてもここに写るTOOTS THIELEMANSは山本晋也監督に見えて仕方ありません(笑)

最後に昨日の席でBossaNovaはどこの国の音楽か?という質問に「BossaNova人民共和国」との答えがツボにはまった事を告白して失礼したいと思います。そしてBossaNovaファンでない貴方もこの作品を是非、チェックしてみてください。

amazonへ。
[PR]
by deaconred | 2006-03-06 23:00 | BossaNova

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る