NO ACTION

6月9日は「ロックの日」だそうです。

そんな記事を読みながら、へぇ~と特に何も考えていなかったのですが

帰宅時の電車の中でiPodでアーティスト名をグリグリしているときに、ふと

自分の聞く音楽の中で、一番「ロック」ぽい曲ってなんだろう??

と考えてしまいました。

そこから、適当に色々聴きながら、そもそも「ロック」って何?

みないな思考に入ってしまって・・・ループ。


そもそも「ロック」には狭義と広義でまったく定義が異なると思いますし

”20世紀のカルチャー”という視点から考えるとまた違った定義で解釈できたり

と、「ロック」は一言で言えないよな・・・

なんて一人で結論に達していました。


多分、「ロック」を狭義で考えた場合、私の考えるロックとは・・・

・多分、米国でなく英国
・バンド形態
・鍵盤楽器よりギター
・反体制的要素、社会的皮肉

というのが主な特徴じゃないでしょうか?^^;



そんなことを考えていると、以外に「ロック」ぽい曲が入っていない!^^;

となってしまい、結論的に私の聴く音楽の中で、最も”ロック”ぽいのは


エルビス・コステロ (但し、70年代に限る)


という結論になってしまいました^^;(オイ


70年代のコステロと言えば、パンクの嵐吹き荒れる英国で突然現れた「黒ブチメガネの”怒れる若者”」として有名でしたね。

アトラクションズというバンドを率いて、(物理的な意味ではない)疾走間で、とんでもなく皮肉な歌詞で社会を風刺するその楽曲は、「ロック」と言えるのではないかと・・・思っています。

まぁ、先日、ネットでコステロのベスト・アルバムが発売されるという記事を読んでいるので、そのハロー効果かな・・と自分でも思っているのですが^^;


それにしても70年代のコステロの作品は全て秀逸です。

ハズレなし。

特に気に入っているのは1978年に発売されたThis Year's Modelですね。

ジャケットから既に秀逸。
f0062463_23443527.jpg
いいです。素晴らしいジャケットです。
この作品から1曲目のNO ACTION貼っておきます。

凄く良いですね。
なんか「ロック」ぽい感じがしませんか?^^;

プログレッシブ・ロックとか、グラム・ロックとか、サイケデリック・ロックとか、フォーク・ロックとか言われるほうがよっぽど定義簡単でイメージできますよね。

「ロック」って難しい・・・

そんなことを考えていた一日でした。

↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2010-06-09 23:50 | Rock(70年代)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る