続、AJA_SA-CD~SHM仕様

前回のネタの続き。

先週末とこの週末とSA-CD仕様のAJA聴きまくりです。

感想としては・・・


「やっぱりいい音!」


ですかね^^;


普通に考えてもSA-CDは既存のCDよりも約7倍もの容量を持っているので、単純に聴いただけでもやっぱりいい音です。


ただ、全体的にて「低音が膨らみすぎ」という印象がありました。
各曲の印象書いてみます。

1.Black Cow
→再生した瞬間、「録音レベル高!」と驚くほどの音圧。この曲ではベースの音がでかすぎの印象。
 もう少し全体のバランス見てほしかったです。

2.Aja
→ステーブ・ガッドとショーターの掛け合いのところで、CDとの差を特に感じました。ドラムの音とサックスの音の分離が素晴らしい。ちょっとした鳥肌モノです。

3.Deacon Blues
→やっぱりサビのコーラスですね。あの女性のコーラスがより美しく聴くことが出来ました。

4.Peg
→解説DVDでリック・マロッタが言っていたハイハットのニュアンスがCDより聴き取れました。
あとはチャック・レイニーのベースの細かいニュアンス、音符にできないような休符が凄く斬新でした。すラッピングのキレが増幅。

5.Home at Last
→この曲もハイハットですかね。どうしてもバーナードのドラムに耳がいきがちなのでそう感じてしまうかもしれませんが・・・
シンセのソロの手間のあのドラムが大好きなので、ゾクゾクしてしまいました。

6.I Got the News
→SA-CD盤で一番良かったのところは、2000年のリマスター版で聴かれるノイズが消えているということでしょう。
日本のマスターテープからのSA-CD化だからノイズがないどうですが、本国のマスター管理、いい加減なのでしょうね・・・

7.Josie
→あの印象的なイントロで既に違う音です。この言葉好きじゃないけど、空気感が伝わってきますね。
その音をつたている媒体である、空気を表現している、そんな感じのイントロ。
ギターとはこういう音を出せるのか~と再認識でした。


と、ざっとこんな印象でした。
これまで出てきたデジタル商品の中では圧倒的にいい音でしたね。
なんかこれを聴いてからまたLPでAJAを聴きたくなってしまいました。
昔使っていたターンテーブルがもう使えないので、また購入してLP聴きたくなっています^^;

とりあえず、言えることはいい音です!そしてマニア向けです^^;
ファンは購入してもいいんじゃないでしょうか?^^;

↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2010-10-30 21:18 | Rock(70年代)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る