Seventh Sojourn

外回りの営業での空き時間に立ち寄った喫茶店。

一杯の珈琲と音楽の時間。

今日は運だめし!とシャッフルでiPodを再生。

どんな曲でもそれを聴こう!と再生しました。


始まったのは英国のバンド、ムーディー・ブルース。

おぉ!iPodに取りこんでいたのを忘れていた…と聞いてみました。
f0062463_1526363.jpg
**************************************************
Seventh Sojourn/The Moody Blues
(1972年作品)

1. Lost In A Lost World
2. New Horizons
3. For My Lady
4. Isn't Life Strange
5. You And Me
6. The Land Of Make-Believe
7. When You're A Free Man
8. I'm Just A Singer (In A Rock And Roll Band)

**************************************************

→プログレを聴き始めた頃、「いち早く」プログレをやっていた。というバンドとしてムーディ・ブルースの名前を知りました。
ただ、キング・クリムゾンの「クリムゾン・キングの宮殿」の解説で、ドラマ性を含め、あらゆる面でクリムゾンの方が凄いバンドだ!みたいな事が書かれていて、「そうなんだ」という先入観がありました。
この作品を購入したのは、クリムゾンを一通り聞いた後の事で、あの解説のとおり、クリムゾンの方がすげぇー!という印象しか正直持っていませんでした。

あの頃、私も若かったので「こんなプログレ紛いのロックは聞ん!」と放置していました。
しかし、どこまでも牧歌的で非常に英国的。そういう意味ではカンタベリー的なプログレの印象があります。

改めてこの作品を聴いてみると、所謂一般的なプログレとさせる音楽の特徴は強くは感じません。
しかしながら、オーケストラの要素や、メロトロンの使い方など、当時は気がつかなかった魅力がありました。
特に、少し表現に難がありますが、「プログレ=メロトン」という方式があり、メロトロンの使い方が上手かったムーディ・ブルースがプログレぽい感じがしたのかもしれません。
プログレ界では有名なPFMもムーディー・ブルースのメロトロンの使い方に影響を受けていますし、ジミー・ペイジに至っては「真のプログレなバンドはピンク・フロイドとムーディー・ブルースのみだ」と語っています。
そんな言葉を思い出すと、また「再考、プログレ」みたいになってしまいそうです^^;

2. New Horizonsはメロトロンの使い方が美しいですね。そしてギター・ソロが泣けます。
これほど「純粋」に美しい曲はなかなかプログレでは聞けませんね。「抒情派」という分類ですね。
基本、絶望していますから(クリムゾンの影響が強すぎかもしれませんがね)


3. For My Ladyはイントロのフルートが印象的。キャメルっぽいですね。
この牧歌的な感じ、若い時はなんとも・・・良い印象を持っていませんでしたが、今は素直に聞くことができます。確かにこのサウンドが1972年であれば新しいかもしれません。

と、喫茶店でちょっとサボり過ぎました。引き続き年末の挨拶に行ってきます。

↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
トラックバックURL : http://deaconred.exblog.jp/tb/15195770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by deaconred | 2010-12-28 15:15 | Rock(70年代) | Trackback | Comments(0)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る