TARKUS

先週末にちょっと不幸があり、PCに触れない生活を数日・・・
皆様、お久しぶりです。

人の死を目の当たりにして色々と精神に影響が・・・
私の父も音楽をよく聴きますが、ここ数日どんな音楽もしっくり来なくて最終的にたどり着いたのがクラシックだそうでここ数日クラシック漬け。

そんな話を聴いて私はどんな音楽を欲しているのか?と色々聴いてみるとしっくり来たのがプログレッシブ・ロックでした^^;

私、どんな精神構造しているのでしょうか?(笑)

f0062463_21244575.jpg

******************************************************
TARKUS/EMERSON, LAKE & PALMER
(1971年作品)

1.TARKUS
a)Eruption
b)Stones Of Years
c)Iconoclast
d)Mass
e)Manticore
f)Battlefield
g)Aquatarkus
2.JEREMY BENDER
3.BITCHES CRYSTAL
4.THE ONLY WAY
5.INFINITE SPACE
6.A TIME AND A PLACE
7.ARE YOU READY EDDY?

******************************************************

→プログレッシブ・ロックを代表する名盤とされ、全英1位・全米9位を記録したEMERSON, LAKE & PALMER(以下EL&P)の第2作目です。改めて聴いてみて1971年の発売というてんに驚愕。進歩的すぎます。

プログレッシブ・ロックの定義については色々な考え方がありますが少なくとも①高度な演奏技術②難解な歌詞③壮大な音楽構成の3つが上げられると思います。この作品はこの3つ全てが当てはまりますがなんと言って大作思考で作成された20分を超える組曲1.TARKUSが圧巻です。当時はLPなので1.TARKUSがA面、残りがB面に収録されていました。

1.TARKUSは想像上の怪物「タルカス」が火山の中から現れ、地上のすべてを破壊し尽くし、海に帰っていくというストーリーになっています。ジャケットに描かれている機械の生物(?)がタルカスであり、アルマジロのような体に戦車が合体しているという、非常に社会風刺的なイメージですね。破壊という側面だけを描くのでなく、破壊から生まれる再生についても司っているこの怪物を社会が生んだという点がプログレです。
中ジャケットにはよりタルカスのストーリーがイメージしやすいイラストが描かれています。
f0062463_23203065.jpg
70年代のアーティストは自己のレーベルを設立してきましたが、EL&Pが設立した「マンティコア」はこの曲の中に現れる怪物で中ジャケットの中央下に描かれております。

演奏はムーグ・シンセサイザーを操る狂気のEMERSONに作詞・作曲・プロデュースと多岐に才能を発揮するLAKE、そして空手大好きドラマーPALMERという三人。
とにかく個性がぶつかり合って30年以上経った今でも強烈なエネルギーを持っています。

B面は小作品集といった感じですが、7.ARE YOU READY EDDY?は完璧なロックン・ロールです。これはパーティーなんかのBGMに最適かもしれません(笑)

それにしても一流の芸術というのは時が経っても色あせないものです。
TARKUS本当に素晴らしいです。

amazonへ。
[PR]
by deaconred | 2006-04-04 23:30 | Rock(70年代)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る