I wish - Isn't she lovely

音楽のノリを表現する言葉にはいろいろありますが、一番難しい表現の一つがレイドバックだと思うのです。


レイドバックについて詳しく語れるほどの知識も経験もありませんが、個人的には「オンタイム」でレイドバックなプレイが出来れば好いな、と思うことがあります。


オンタイムというのは水平と垂直の両側面からオンタイムであって、平面ではなく、立体的な問題なんだろうな、と思っています。


取り留めのないこと書いていますが、こんなことをStevie Wonderの動画を見ながら考えていました。


ホーンアレンジとベースラインを聞くと、本当にオンタイムでノリを出すことの難しさを感じます。


特に I wishのベースライン、これはもう音楽理論を超越したフレーズだといつも思うのです。


音楽の神に祝福されるとは、こういうことなのでしょうか


Isn't she lovelyのハーモニカの音の置き方、最高に”ファジーに正確”です。


音楽の神に祝福されるとは、こういうことなのでしょうか




↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
トラックバックURL : http://deaconred.exblog.jp/tb/17264234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by col at 2012-03-03 09:52 x
書かれていること、何となくですがわかります
レイドバックって拍遅れということでもないのかなあ?
とかぼんやり考えてしまいますね
じゃあ何だ?とか(笑)
こういうことって答えが出る出ないにかかわらず考えることが楽しいですね
Commented by deaconred at 2012-03-03 22:24
>colさん

お疲れ様です。コメントありがとうございます!
こんな記事でも共感していただいてありがとうございます。
今日、改めて考えてみて、拍と拍の間の空間を感じる、ってことなのかな?と思いました。
いつかしっかり言語化したいです^^;
by deaconred | 2012-03-02 23:58 | Soul | Trackback | Comments(2)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る