Me and Mrs Jones

Billy Paulといえば、1972年にアメリカでヒットしたMe and Mrs Jonesですかね。


本当はキャロル・キングのIt's Too Lateのカバーを聴くつもりでYouTube検索したのですが、思わずMe and Mrs Jones聴いてしまいました。


最初の歌いだしであれだけ熱狂的に迎えられれば嬉しいものでしょうね。


サビ前での盛り上げ方、サビでの演奏やピアノ、管楽器のオブリガードなど結構、芸が細かいですよね。


昔はこういうフォーマットのソウルが苦手でしたが、今では大丈夫です。


本当に、こういう感覚、感性の変化というのはなんなのでしょうね。


今晩はしっとりとMe and Mrs Jonesで。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
トラックバックURL : http://deaconred.exblog.jp/tb/17681696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by deaconred | 2012-06-21 23:55 | Soul | Trackback | Comments(0)