Ashes Are Burning Pt.1

プログレといえばゴリゴリの男性ボーカルをイメージしてしまうのですが、プログレで女性ボーカルといえばルネッサンスなのでしょう。


今日は在来線特急で長時間揺られながら、アニー・ハスラムの歌声を聴いていました。


ルネッサンスはオリジナルと新生ルネッサンスとありますが、この新生ルネッサンスのほうが好みですね。


しかし、こういうバンドの源流がヤードバースにあるというのが、やっぱり英国は偉大です。はい。


この作品は、1973年リリースの「燃ゆる灰」という作品。


美しいピアノからアニー・ハスラムの歌声にうっとりしていると、突然プログレ的展開を迎えて目が覚めます。


やっぱりプログレはいい。やっぱり、いい。。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
トラックバックURL : http://deaconred.exblog.jp/tb/17734429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by deaconred | 2012-07-06 23:00 | Rock(70年代) | Trackback | Comments(0)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る