「ほっ」と。キャンペーン

Ceora

ひそかに愛聴しているリー・モーガンの名曲Ceoraに癒される夜。


正直、新主流派的なジャズにリー・モーガンは付いていけないと思っているのですが、この曲でのモーガンは今までとは違った一面を見せてくれます。


ワンテーマはピアノトリオでの演奏。新鋭のハービー・ハンコックのリリカルなプレイが心に沁みます。


フロントはリー・モーガン、ハンク・モブレーの2管。



アドリブは特にリー・モーガンとハンク・モブレーのプレイが素晴らしい。



二人ともハード・バップのイメージが強いですが、こんなプレイもできるのですね。



本当に名曲だと思います。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
トラックバックURL : http://deaconred.exblog.jp/tb/17806389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ryo_1989 at 2012-07-29 00:58
リー・モーガンですか!
僕もにわかジャズファンの身で気になっていました。
ハンク・モブレーはアルバムを2枚持っておりまして、特に「Soul Station」は大好きな一枚となりました♪
by deaconred | 2012-07-27 23:59 | Jazz | Trackback | Comments(1)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る