KRAFTWERK2

物を売るには色々な手段がありますがネーミングというのは非常に重要な要素の一つでしょう。
某製薬会社の「そのまますぎる」ネーミングに毎回度肝を抜かれます。

そもそも表音文字と表意文字ではその成り立ちや重みが違ってくるように感じます。
日本人でも知っている「名は体を表す」と言う言葉は中国の思想家荀子の言葉でまさに表意文字の真髄を表現している言葉と言えるでしょう。

芸術の分野でも映画のタイトル、バンド名、曲名、作品名などネーミングは大切です。
最もやってはいけないのは「~2」などのタイトルでしょうか?

f0062463_22532033.jpg
******************************************************
KRAFTWERK2
(1971年作品)

1.KLINGKLANG
2.ATEM
3.STROM
4.SPULE 4
5.WELLENLAENGE
6.HARMONIKA

******************************************************

→前回のブログに引き続きKRAFTWERKの初期作品を。
セカンドアルバムのタイトルは「KRAFTWERK2」・・・^^;
やってしまいましたね。

ジャケットもファーストの赤を緑にしただけ・・・。オリジナルではKRAFTWERKの後に「2」が憑いているはずなのですがこの再発盤では削除されています。
いやーやっちゃっています。

中身は前作の前衛的な音作りから若干、テクノらしい音になっています。それでも聞くのはなかなか辛いですね。
中でも注目すべきは後の諸作品を発売するプロダクトとして使っている1.KLINGKLANG という曲がある点ですね。KRAFTWERKのライブDVDをお持ちの方は最初をご覧下さい。KLINGKLANGの文字を見ることが出来ます。
また彼らの作業するスタジオの名前もKLINGKLANGだったと記憶しています。
この曲は約18分あり最初がフリーなノイズ、そして途中からアンビエント的な音に変化します。
2.ATEMは「呼吸」という意味だそうで中身はただ「スーハースーハー」と言っているだけ。呼吸というよりむしろオジサマのイビキに近いです^^;

純粋にKRAFTWERK2となったこの作品・・・まだまだ難解ですね。  
[PR]
by deaconred | 2006-04-25 23:30 | Electoronica

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る