JOAN GILBERTO

フラッと起き雨の土曜日。

適当に食事してお茶の時間。

BGMにはBossaNova

しかしTVは阪神VSオリックス(笑

おっさんですな。

f0062463_14254826.jpg
******************************************************
JOAN GILBERTO
(1973年録音)

1.AGUASDE MARCO
2.UNDIU
3.NA BAIXA DO SAPATEIRO
4.AVARANDADO
5.FALSA BAIANA
6.EU QUERO UM SAMBA
7.EU VIM DA BAHIA
8.VALSA
9.E PRECISO PERDOAR
10.IZAURA

******************************************************

→何事でも「新しいこと」を始めたり生み出したりすることはパワーが要ります。
年月が経てば当たり前になり、そのエピソードは忘れられるのでしょう。
コロンブスの卵といった感じ・・・

90年代以降のクラブサウンドなどで純粋なBossaNova意外でもBossaNovaのリズムを聞くことがあたりまえになっています。

しかし、このリズムを生み出したのは一人のギタリストなのです。

そう、BossaNova創世記の偉人、JOAN GILBERTOです。

作曲面でBossaNovaに命を吹き込んだANTONIO CARLOS JOBINはその新しいリズムを絶賛し、あの当時、あのリズムを紡ぎ出せるのはJOAN GILBERTOだけだ・・・それをみんなが真似し始めて今では当たり前になってしまった・・・と語っていました。

聞いていただきたいのはJOANの声とギター。
JOANのギターとシンバルという本当に最小限の構成なのでジックリと声とギターを楽しみます。
かつて「徹子の部屋」に出演していた小野リサがBossaNovaを上手く歌うコツは?という質問に「はっきり歌わないことです」と答えていたとおりJOANの声はボソボソと・・・その声とは反対にギターは静かに弾きながらもその音の輪郭ははっきりしており、リズムをしっかり紡ぎ出しています。

選曲も大好きな「3月の雨」1.AGUASDE MARCOから始まり休日の午後、特に雨の日には聴きたくなります。

静かなリズムに乗りながら阪神に熱中(笑
阪神勝っています♪
[PR]
by deaconred | 2006-06-17 15:30 | BossaNova

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る