BOSSA SESSION

夏の到来~!とか言っている場合ではない!

猛暑です。暑い。

この2日間は結構外出していたのですが、暑いですね。
まぁ普段はスーツでこの猛暑に耐えているので私服ではまだ耐えれます。

外でも珈琲はホット。BGMはBossaNova。

と、HDウォークマンを検索すると聴きたいCDが転送されていませんでした。

と言う事で早速転送。しかしなぜ忘れていたのだろう??

f0062463_20291969.jpg
******************************************************
BOSSA SESSION/SYLVIA TELLES, LUCIO ALVES, ROBERTO MENESCAL

1.BAIAOZINHO
2.ELA E CARIOCA
3.VIVO SONHANDO
4.AMANHECENDO
5.AINDA MIAS LINDO
6.CINCO POR OITO
7.TELEFONE
8.DEFINITIVAMENTE
9.MOCA DA PRAIA
10.TEMPINHO BOM
11.PRIMAVERA
12.ESSE SEU OLHAR - SO EM TEUS BRACOS

******************************************************

→歌唱、演奏、レパートリー、どれをとっても最高!ジャジーなBossaNovaの魅力満載の傑作。

というのはCDの帯の紹介文。まさにそんな1枚です。

1958年のデビュー以来、その美貌と美声で名声を得たSYLVIA TELLESはその後のBossaNovaの若きコンポーザーにとって主要な媒体となっていましたし、重要なレーベルであるELENCOのプロデューサーの(一時期ではあったが)嫁でもあったからです。
そのELENCOがSYLVIA TELLESを中心に新旧世代を織り交ぜてセッションをさせた企画である本作はBossaNovaにとっては重要な1枚だと言えるでしょう。

中身は楽しくセッションしている感じが前面に出ているのですが、どうもJazz色が強いのが興味深いです。楽器の構成もヴィヴラフォンなどを入れてJazzを意識しているのかもしれませんね。

こういう企画ものはつかみが大切。
1曲目はDEODATOの1.BAIAOZINHOです。この曲がこの作品の魅力を表現していますね。素晴らしい。スキャットなんか織り交ぜてにくいアレンジですね。

ELENCOのレコードはデザインを黒、赤、オフホワイトで統一しており全てのジャケットがセンス抜群。シリーズで全て揃えたくなります。
[PR]
by deaconred | 2006-08-06 22:02 | BossaNova

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る