THE FIRST QUESTION AWARD

訃報:三原さと志さん71歳=歌手
 
三原さと志さん71歳(みはら・さとし<本名・小山田晃=おやまだ・あきら>歌手)9月30日、呼吸不全のため死去。葬儀は3日正午、東京都世田谷区瀬田3の6の8の公益社用賀会館。自宅は非公表。喪主は長男で元フリッパーズ・ギターの小山田圭吾(おやまだ・けいご)さん。

和田弘とマヒナスターズのボーカルの一人として、1960年に松尾和子さんと歌った「誰よりも君を愛す」で日本レコード大賞を受賞した。



訃報です。

追悼の意をこめて、息子のCDを聞いてみたいと思います。
マヒナスターズはCD持っていませんのでm(__)m

f0062463_23201888.jpg
*****************************************************
THE FIRST QUESTION AWARD/CORNELIUS
(1994年作品)

1.太陽は僕の敵 THE SUN IS MY ENEMY
2.(YOU CAN'T ALWAYS GET)WHAT YOU WANT
3.SILENT SNOW STREAM
4.PERFECT RAINBOW
5.BAD MOON RISING
6.CANNABIS
7.RAISE YOUR HAMD TOGETHER
8.THE BACCK DOOR TO HEAVEN
9.THEME FROM FIRST QUESTION AWARD
10.THE LOVE PARADE
11.MOON LIGHT STORY

******************************************************
→意外に知られていませんが、小山田圭吾は二世タレントだったのですね。
父はマヒナスターズの一員ということで昔から音楽あふれる家庭で育ったのでしょうね。
2代続けてミュージシャン。羨ましい家系です。

さて、本作品はフリッパーズ・ギターを解散したのちに発売されたCORNELIUSのソロアルバムです。1994年発売、私は高校生でしたね。
言うまでもなくフリッパーズ・ギターと言えば「渋谷系」と呼ばれる音楽を代表するバンドで、この作品も渋谷系の流れを組んでいます。現在だから言えることですが、このあと、ハードディスクレコーディングという手法で「音の洪水」をもって作曲、つまりはフレーズをハードディスクにためて適当につなぎ合わせるような手法、してきたCORNELIUSが21世紀を迎えて前の日記で書いたような21世紀型音楽を発表しているという経緯は非常に重要な要素だと感じています。

つまり、リアルに90年代から現在を体験して、渋谷系=60年代のコラージュ→HDレコーディング=音の洪水→21世紀型音楽=ミニマム系・・・という流れですね。

今はこの流れについてしか考えられないです^^;
音楽とは?これは最重要課題なので・・・。

それにしてもこの作品を聴き始めてから12年ぐらい経ちますが、その間にこのCDの元ネタたくさん仕入れました。まぁ渋谷系というのは昔のコラージュなので似ていて当然で、元ネタ見つけるのが嬉しくて仕方ないですね。
確かに曲は似ているのですが歌詞はオリジナルなのでしょう(確認できませんが)

なかなか彼の詩は好きで愛聴している3.SILENT SNOW STREAMの


最悪の景色と最高の天気が
偶然に近い距離を保ち続けた日

吸い込まれるいらだちの声
きっと正しいのはこの世界だけだろう


という歌詞が大好きです。頭良いですね。さすが東大(笑)

ちなみに私は小山田くんのKeyに近いようでカラオケに行くと(ほとんど行きませんが)CORNELIUSとフリッパーズ・ギターばかり歌います(笑)
ほんと、カラオケ行きませんがね^^;

そういう意味でも愛する1枚なのです。

そういえばそろそろ新作が出ます。そちらも楽しみです♪

公式サイト
[PR]
by deaconred | 2006-10-03 23:34 | Rock(90年代)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る