WE'VE ONLY JUST BEGUN

ビジネスの世界でもスポーツの世界でも音楽の世界でもパートナーというものは大切です。
一生涯を共に過ごせるパートナーに出会えた人間は幸せですね。

音楽を聴いているとバンドと言う枠組みを超えたパートナーやコンビというものに出会います。
ざっと思い出してみるとSTEELY DANのDONALD FAGENとWALTER BECKERのコンビやDAVE BRUBECKとPAUL DESMOND のコンビなどが思い出されます。

そして忘れてはならないのが70年代に数々の名曲を世に送り出したROGER NICHOLS & PAUL WILLIAMSのコンビを忘れるわけにはいきません。

f0062463_065693.jpg
***************************************************
WE'VE ONLY JUST BEGUN/ROGER NICHOLS & PAUL WILLIAMS
(1970年作品)

1.AFTER ALL
2.SO MANY PEOPLE
3.SOMEBODY WAITING
4.TIME
5.THE DRIFTER
6.WE'VE ONLY JUST BEGUN
7.SOMEDAY MAN
8.LET ME BE THE ONE
9.WHEN LOVE IS NEAR
10.DO YOU REALLY HAVE A HEART
11.I KEPT ON LOVING YOU
12.OUT IN THE COUNTRY

****************************************************

→名曲「WE'VE ONLY JUST BEGUN」(愛のプレリュード)と聴けば皆さんTHE CARPENTERSを思い出すかもしれません。
しかし、この名曲を生み出したのはROGER NICHOLSとPAUL WILLIAMSのコンビなのです。
近年、「ソングライターの殿堂」入りを果たしたPAUL WILLIAMSはROGERと一緒でなければ辞退すると行っていたそうです。かつてのパートナーであり友人であるROGER NICHOLSの功績を称える事を忘れない彼らの関係は素晴らしいです。

さて、この作品はそんな二人がA&Mレコードで出会い、数分の会話の中でお互いを認め合い、パートナーとして仕事をしていくと決めた後にレコード会社へ売り込むための「デモ」を集めたマニア陶酔の作品です。
ピアノ、ベース、ドラムというシンプルな構成で録音されているのですがこれらは全てROGER NICHOLSの演奏。この演奏にPAUL WILLIAMSのボーカルが加わると言うきわめてシンプルな演奏です。

それでいてこの音楽には「魔法」があります。
Soft Rockの「白昼夢」的な感覚、美しいコード進行、コーラスワーク、ストリングス・・・・このシンプルな構成でアレンジもない「原石」でありながら既に「魔法」が備わっていることに感動ですね。

殆どの曲はPAUL WILLIAMSの正規録音があるのですが、私が最も愛する5.THE DRIFTERはPAUL WILLIAMSの正規録音がないためこの作品の中では最も価値があると思われます。
私がこの曲に出会ったのは生涯の愛聴盤であるHARPERS BIZARREの「SECRET LIFE」でのカバーです。
f0062463_23585923.gif

今回、デモとはいえPAUL WILLIAMSの録音が聞けて本当に幸せでした。
この曲は一生涯愛し続けると思います。

名曲には優れたアレンジがありますがその原石にもしっかり魔法がかかっているということを感じたこの作品、今夜ももう一度二人の魔法にかかって(夜だけど)白昼夢を見たいと思います。
[PR]
トラックバックURL : http://deaconred.exblog.jp/tb/3849642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arvy at 2006-11-29 00:05 x
やっぱり音楽ってパートナーとのバランスの良し悪しでずいぶん変わるところがありますよね。
プロデューサーが変わってとても大好きになったミュージシャンとか時々いますし。
私は、70年代の洋楽があまり聞いたことがありませんが、「魔法」が備わっている音楽とはどんなものかとても気になります。
Commented by deaconred at 2006-11-30 20:59
>arvyさん

お疲れ様です。
70年代の洋楽に限らず「魔法」のかかった音楽ってありますよね。
理論とかそんなことを超越した音楽には長く愛される力が存在していると思います。
そういう音楽に出会いたいですよね♪
by deaconred | 2006-11-23 00:02 | Rock(70年代) | Trackback | Comments(2)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る