KID CHARLEMAGNE

ブログにその邦題を書き込んでから、ヘビーローテーションになってしまったので書きます。
今日のネタはSTEELY DANが1976年に発表した「THE ROYAL SCAM」(幻想の摩天楼)よりKID CHARLEMAGNEです。

1976年という年はロックにとってひとつの節目になった年ではないでしょうか?

1976年は米国建国200年という節目の年で(その場には居合わせていませんが)米国中が浮かれていました。しかし実際の米国はベトナム戦争での悲惨な体験などで疲弊しており、その世相を「1969年、あのウッドストック世代のスピリットはどこへ行った?」と歌い大ヒットしたのがEAGLESの「HOTEL CALIFORNIA」です。
この曲でロック・フロンティアの終焉を歌い、米国の没落を歌ったこの曲がロックとして大ヒットしたという事実は何とも皮肉に感じます。
実は「HOTEL CALIFORNIA」には「スティーリーナイフ」という歌詞があり、STEELY DANへの賛辞だと言われており、それに対してSTEELY DANは「THE ROYAL SCAM」のEVERYTHING YOU DID という曲で「イーグルスを鳴らせ、近所が聞いている」と歌っています。

ロック・スピリッツを通してアメリカの衰退を歌った「HOTEL CALIFORNIA」、この年に発売された作品は基本的に暗いイメージ、終焉感というものが多いようです。

さて、今日のネタSTEELY DANの「THE ROYAL SCAM」は「彩」のように芸術性の高い作品でなければ「GAUCHO」のようにぜい肉の取れた完璧主義的な作品でもなく最もロックらしい作品と言えるのではないでしょうか?

この作品から本格的にスタジオ・ミュージシャンを駆使してより鉄壁なサウンドを作り上げていくのですが、中でも先にデモテープを聴き、スタジオ・ミュージシャンへ的確な指示を出していたギタリストのLARRY CARLTONの貢献度は賞賛に値します。

そしてそのCARLTONのギターを堪能できるのがKID CHARLEMAGNEなのですね。
この曲でのギター・ソロはローリング・ストーン誌のベスト・ギター・ソロに関する投票で第3位に選ばれています。それくらい素晴らしいギターです。
勿論、そのプレイを生み出すにはドラムのBERNARD PURDIEとベースのCHUCK RAINEYの鉄壁リズムセクションの存在も忘れてはいけません。このコンビは「彩」でも活躍しますが、凄い!の一言ですね。ため息が出ます^^;

ジャケットワークはニューヨークの摩天楼と浮浪者という終焉感たっぷりのデザイン。
よりこの作品を表現していると思います。

f0062463_2351163.jpg


KID CHARLEMAGNE

While the music played you worked by candlelight
Those San Francisco nights
You were the best in town
Just by chance you crossed the diamond with the pearl
You turned it on the world
That's when you turned the world around
Did you feel like Jesus
Did you realize
That you were a champion in their eyes
On the hill the stuff was laced with kerosene
But yours was kitchen clean
Everyone stopped to stare at your technicolor motor home
Every A-Frame had your number on the wall
You must have had it all
You'd go to L.A. on a dare
And you'd go it alone
Could you live forever
Could you see the day
Could you feel your whole world fall apart and fade away

CHORUS:
Get along, get along Kid Charlemagne
Get along Kid Charlemagne

Now your patrons have all left you in the red
Your low rent friends are dead
This life can be very strange
All those dayglow freaks who used to paint the face
They've joined the human race
Some things will never change
Son you were mistaken
You are obsolete
Look at all the white men on the street

CHORUS

Clean this mess up else we'll all end up in jail
Those test tubes and the scale
Just get them all out of here
Is there gas in the car
Yes, there's gas in the car
I think the people down the hall
Know who you are

Careful what you carry
'Cause the man is wise
You are still an outlaw in their eyes

CHORUS

(歌詞は公式サイトより引用させていただきました)
[PR]
by deaconred | 2006-12-14 23:52 | Rock(70年代)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る