【雑記】クラシック鑑賞日記。

本日はソプラノ歌手中丸三千繪さんのコンサートに行ってきました。

私、恥ずかしながら初めて生でオペラ歌手のコンサートに行ったのですが感動!!
多分、今日歌った楽曲はオケや管弦楽団をバックに歌うのでしょうが、今日はピアノとのデュオ。
非常に高度なコンサートだったと感じました。

【プログラム】
ヘンデル:私を泣かせてください(歌劇「リナウド」より)
カタラーニ:口づけなしに
プーランク:愛の小道
シャルパンティエ:その日から(歌劇「ルイーズ」より)
ドニゼッティ:あなたたちは泣いているの~私の生まれたあのお城(歌劇「アンナ・ボレーナ」より)
カタラーニ:ああ、わがふるさと(歌劇「ラ・ワリー」より)
ドヴォルザーク:月によせる歌(歌劇「ルサルカ」より)

シューベルト:アヴェ・マリア
マスカーニ:アヴェ・マリア
カッチーニ:アヴェ・マリア
プッチーニ:氷のような姫君の心も(歌劇「トゥーランドット」より)
ヴェルディ:恋はばら色の翼に乗って(歌劇「イル・トロヴァトーレより)
ヴェルディ:さようなら、過ぎ去った日よ(歌劇「椿姫」より)
ヴェルディ:ありがとう愛する友よ(歌劇「シチリア島の夕べの祈り」より)
ベッリーニ:清らかな女神よ(歌劇「ノルマ」より)

これに後、アンコールで5曲ほど歌っていました。

関心したのは中丸さんの歌は勿論、ピアノを弾いていたドナルド・スルツェンさんです。
非常に繊細な音を出しつつ、音の輪郭の操作が非常に上手く、最高の伴奏をしていました。

生の演奏を聞いて、普段、オペラを聴かないので歌っているのがイタリア語なのかフランス語なのかまたは他の言語なのか・・・全く分からなかったのが残念です。

もっと勉強しないと!と帰りに早速タワー・レコードに行ったのですがオペラのコーナーで撃沈・・・
結局、カラヤン指揮のクラシック3枚買って帰ってきました^^;

来年はオペラやクラシック関係の本を読んで勉強したいと思います。

公式サイト
[PR]
トラックバックURL : http://deaconred.exblog.jp/tb/4079427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from クラシック音楽案内〜オス.. at 2006-12-18 20:10
タイトル : ヘルベルト・フォン・カラヤン
あまりにも有名な指揮者なので、クラシック音楽は知らなくてもカラヤンの名は知っているという方も多いのではないでしょうか。 カラヤンはモーツァルテウム音楽大学で学び、指揮者としてデビューしました。 その後指揮... more
Commented by あきあき at 2006-12-21 19:52 x
初めまして、あきあきといいます。
先ほどはコメントいただきまして、ありがとうございました。

やっぱり、生のコンサートというのは感動するものですよね!
僕もいろいろな種類のコンサートに行きましたが、どれも心が爽やかになるような感動を味わいました。
コンサートは音楽の醍醐味だと思っています♪

音楽のCDに関しては、僕も買うときにはいつも悩んでしまいます。どんな曲なのか分からないので、本当に撃沈…といった感じですΣ(^∀^;)

これからもよろしくお願いします。
Commented by deaconred at 2006-12-22 12:13
>あきあきさん

お疲れ様です。足を運んでいただきありがとうございます。
音楽は生で聴く!良いですよね。本当はオケで歌う中丸さんも聞きたかったのですが、今回はデュオということでまた違った世界観を堪能することが出来ました~
ここではあまりクラシックは取り扱いませんが今後とも宜しくお願いいたします。
by deaconred | 2006-12-17 23:43 | 雑記 | Trackback(1) | Comments(2)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る