MAESTROS OF COOL- A TRIBUTE TO STEELY DAN

「The Second Arrangement」をご覧の皆様、新年明けましておめでとうございます。
すっかり更新頻度が落ちているdeaconredです。

昨年2月に開設したこのブログも、もうすぐ1年・・・。
早いものです。
今年も頑張ってマニアックな記事を更新していきますので宜しくお願いいたします。

昨年はSTEELY DANに関する子ネタで締めくくったので新年一発目もSTEELY DAN関係で行きたいと思います。
昨年末にエイ!っと購入した1枚。
普段はトリビュート盤なんて買わないのですが、STEELY DAN関係なら買ってしまいます^^;

f0062463_136216.jpg
***************************************************
MAESTROS OF COOL- A TRIBUTE TO STEELY DAN/VARIOUS ARTISTS
(2006年作品)

1.FM/Nathan Haines with Damon Albarn
2.REMEMBER/Stereo
3.ANY WORLD/Debbie Deane
4.37 HOURS/Raw Stylus
5.DIRTY WORK/Nash Kato
6.HOME AT LAST/Pam Bricker
7.BLACK COW/Tony Gallo
8.THE FEZ/Bill Ware's Groove Thing
9.JOSIE/Alex Ligertwood & David Garfield
10.TOMORROW´S GIRLS/Carl Orr
11.RIKKI DON´T LOSE THAT NUMBER/Liquid Blue
12.JOYFUL CARAVAN/Jango

***************************************************

→STEELY DANへのトリビュート盤2枚組みです。今回はDISK1を。2は次回に回します。

発売されることは知っていたのですが、基本的にあまりトリビュート盤を買わない主義なのに年末に店頭で手にとって衝動買いしてしまいました。
はっきり言って、ここでプレイしているミュージシャン、ほとんど知りません・・・(汗)

STEELY DAN好きならトリビュート盤がいくつも発売される理由が分かると思います。
彼らほどミュージシャン受けするロックバンドは他にないのではないでしょうか?
ロック的なテイストを持ちながらもジャズ的なハーモニー、代理コードを使用する斬新な進行、そして退廃的な歌詞・・・
彼らほどロックとジャズを融合させた「完璧な」ロックを他に知りません。

それにしても選曲がマニアックですね。
なんと言っても最初の曲がFMって!(笑)
この曲は最近のライブで演奏されていますが、元々サントラの曲でアルバムへの収録はなく、BEST盤で聴ける曲なのです。
こんな曲を最初に持ってくるとは・・・

後は3.ANY WORLDや5.DIRTY WORKなど玄人が好むような渋い選曲にFAGENのソロから10.TOMORROW´S GIRLSまで・・・幅広いです。
どの曲も原曲をしっかり再現しており、なかなかの聴き応えでした。

4.37 HOURS/Raw StylusはACID JAZZの大物としてデビューしたRaw Stylusより選曲。この曲はSTEELY DANの再結成ライブを見に行った実体験を歌にしており、FAGENがシンセサイザーで参加しております。
ファンにはたまらない曲ですね♪(私はACIDのファンだったのでオリジナル盤を持っています)

ジャケットもタイトルのとおりCOOLでトリビュート盤にしてはいいセンスしていると思います。
次回はDISK2を。

新年からSTEELY DAN三昧ですね^^;
[PR]
by deaconred | 2007-01-06 01:37 | Rock(00年代)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る