DEEP NIGHT

小宴に向けてドタバタドタバタ・・・。
そしてBGMもほぼ決まりました。カフェ風の雰囲気にしたい~とのコンセプトでやっぱりJazzは外せないかなぁ~と所有しているJazzのCDを片っ端から聴いてセレクトしました。

私がJazzを聴き始めたのが20歳前後、それ以来あまり好みは変わっていないな、と今回実感しましたね。
ざーっと聴いてみてやっぱり好きだな、と再認識した曲は日本で絶大なる人気を誇るピアニストの作品でした。
やっぱりこの「大名盤」は外せない!とかこのピアニストを評価する日本人は・・・などベタなウンチク抜きにして純粋に好きです。

SONNY CLARKの「DEEP NIGHT」
f0062463_231804.jpg


DEEP NIGHT/SONNY CLARK
(1958年録音)

ART FARMER:tp
JACKIE McLEAN:as
SONNY CLARK:pf
PAUL CHAMBERS:b
PHILLY JOE JONES:ds

→日本人が「Jazz入門」としてあげる作品に必ず入ってくるのがSONNY SLARKのこの作品でしょう。
Jazz喫茶風に言えばA面に絶大な人気があるようですが、私はB面の最後の曲、DEEP NIGHTをかなり愛聴しております。

なぜこの曲が好きなのか?と考えてみると、当然、SONNY CLARKは日本人が大好きなピアニストという先入観も働いてSONNY CLARKのピアノ・プレイが好きなのでしょうね。シングルトーンを多様したそのピアノは繊細で都会的でどこか哀愁があり・・・・

と書きたいところですが、多分、私がこの曲を愛するのはベースとドラムの関係です。
一端のベース弾きにとってPAUL CHAMBERSは絶対避けては通れない基本中の基本です。私がPAUL CHAMBERSのプレイを聴くときに注目するのは「誰がドラムを叩いているか?」ということです。この作品でドラムを叩いているPHILLY JOE JONESはフレーズが細かく、リズムが非常に小粒でキラキラとしているので私の理想とするドラムなのです。

この二人の関係、前でもなく後ろでもなくきれいにスイングするそのリズムセクションは憧れます。このリズムセクションに憧れるのでしょうね。

合わせてジャケットも一級品ですね。スバラシイ。

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2007-02-22 14:58 | Jazz

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る