【雑記】北欧旅日記6

王様の新広場にて彼女達と別れ、再び二人で観光。

王様の新広場から運河方面へ少し歩きアルネ・ヤコブセンのデザインしたデンマーク国立銀行へ。
相方の情報によればこの建物はヤコブセン晩年のデザインで、建築中に彼が亡くなり、以後弟子によって建築が進められたそうです。
土曜日ということもあって建物の中に入ることは出来ず、周りをぐるっと回ってみました。
途中、道路標識の影を利用して「アフロ星人!」ってバカな写真を撮ったりしていました(笑)
f0062463_22535331.jpg
デンマーク国立銀行を後にし、再びストロイエに向かったのですが、この途中で恥ずかしい事が起こりました。

デンマークは車道と歩道の間に自転車道がきっちり整備されており、自転車道を歩行していれば当然、怒られます。道を渡るときも自転車道→車道→自転車道と渡って向こうの歩道に到着します。
デンマーク王立銀行の門で信号待ちをしていたら左から自転車がコチラに向かってきました。
その人を見ていたら、自転車に乗っている彼がおもむろに右手を水平にあげたんのです。
(左手から向かってくるから彼の右手は私のほうに向いているのです)

一瞬、え?なに!?ハイタッチ!?

と、おもむろに私は自分の手を上げて彼とハイタッチをしようとしました。

外国人イェーイ!的なノリか!?

と思ったらそれはハイタッチではなく「右折」の合図だったのです!^^;
うわー!恥ずかしい!!!!
そう言えば小学生の時にそんな右折、左折のルールを習ったような気がします。実際にやっている人をみるのはかなり久々でした^^;
本当に恥ずかしかったです。相方は大爆笑



話は変わって北欧と言えば私の中でジャズが有名なイメージがあります。
チェックインの時に調べたもらったカフェ・モンマルトルでは多くの名演が録音されてCD化されていますし、スウェーデンのストックホルムに因んだ「Dear Old Stockholm」というスタンダードナンバーもあります。(元々は北欧の民謡だそうです)
ストロイエの本屋ではジャズの本を見かけました。
f0062463_2335254.jpg
なんとなくジャズの歴史っぽい感じの本でしたが表紙にはレイ・チャールズなど明らかにジャズメンではない人物の姿もありました^^;
チェックインの時にコペンハーゲン市内でいくつかジャズを楽しめる場所を紹介してもらったのですが、あいにくカントリーやブルースを演奏する日程だったそうでジャズを楽しむことは出来ませんでした。
一応、ストロイエの中にコペンハーゲン・ジャズ・ハウスという場所があったので概観だけ確認してきました(笑)
f0062463_2372355.jpg
ライブの始まりは21時ということで結構遅かったために断念。
(夜は治安が大丈夫かも未確認だったので・・・)
ストロイエを散策し、一旦ホテルに戻り休憩。

その後、駅前のネットカフェに某サイトの確認(と入力)をかねて行ったのですがネットカフェでは日本語を表示することが出来なくて断念^^;
私は阪神タイガースの結果を知りたかったのですが、それも叶いませんでした。

コペンハーゲンに到着してからはじめてのディナーは相方が事前にチェックしていたレストラン「リズ・ラズ」に決定。
夜の市庁舎を横切りストロイエの南側へちょっとした散歩感覚。

お店は半地下になっており、基本はビュッフェスタイル。飲めないのにビールを注文し、メインに私はチキンの香草焼き、相方はサーモンを注文し、後はビュッフェでいろいろと楽しみました。
f0062463_23153443.jpg
北欧での料理はどれも美味しかったです。他の欧州行ったことありませんがピカイチではないでしょうか?
ただコペンハーゲンで飲んだビールは少し水っぽく感じました。ビールは日本のビールのほうが美味しいかもしれません。

満腹感と多少の酔いで、いい気分で夜のコペンハーゲンを歩き一日目は終了。
この週末から営業を再開したチボリ公園が花火を打ち上げており、ホテルの部屋から花火が見れました。ラッキー!

これにて2日目終了!

次回につづく!

To be continued⇒
[PR]
by deaconred | 2007-04-30 23:27 | 雑記~北欧旅日記~

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る