【雑記】北欧旅日記7

4月15日(日曜日)

この日も前日と同じぐらいに起きてホテル最上階にて朝食。
デンマークに着てからオレンジジュース、珈琲、パン、生ハム、フルーツという朝食が定番になりつつあったのではじめてシリアルに挑戦してみました。
これが意外にハマって、それから日本に帰るまで毎朝のようにシリアルを食べるようになりました。
こちらの朝食ではチーズがたくさん出ておりましたが、私は一度も口にすることはありませんでした^^;
f0062463_2318337.jpg
写真に写っている銀のポットにはデフォルトで珈琲が入っていて何杯でも楽しめました。
素敵。デンマークの人々は世界の中でも珈琲の消費量が高いそうです。ただ、味はコクよりも酸味が強く、コク好きの私にはちょっと酸味が強すぎました^^;

朝食後、ホテルのロビーにて相方がトイレに行っているあいだ、一人エッグチェアーに腰掛けて窓の外を眺めていると隣の席に外国人の女性が座って話しかけてきました。
f0062463_23471093.jpg


うわー!言語担当は相方だよ!ひょえー!

と思ったのですが、そこに相方はいません。あわてて聞き耳立てて中学生以下の英語力で会話。

どうも相手の女性はオーストラリアから観光にきていて建築の勉強をしているそうです。
私が日本人と知って安藤忠雄と伊東豊雄は素晴らしい!と言っていました。
最後にこの夏、日本に行くんだけど成田から横浜までどれくらいで行ける?

と聞かれたのですが、成田に行ったことないですし全く検討も付かず電車で2時間!と適当なことを言ってしまいました^^;

この後、相方が登場して多少の会話をして別れました。


いやはや・・・それまで会話は相方任せでしたが、ちゃんと私も会話出来ましたよ!
それなりに聞き取れましたし、単語をつないでオーバーリアクションでぶつかればなんとかなるものですね!(^^)/
この旅での一つの収穫となりました。

この後、テンション高いままコペンハーゲンの街に繰り出しますが、最初の目的地であったデンマーク・デザイン・センターの開館が11時でまだ閉まっていました。
予定を変更して運河を渡りダンスク・アーキテクチャー・センターに向かいました。

運河の対岸からは王立図書館(別名:ブラックダイヤモンド)が見えました。
f0062463_23465167.jpg


次回につづく!

To be continued⇒
[PR]
トラックバックURL : http://deaconred.exblog.jp/tb/5279948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nami at 2007-05-02 19:01 x
待ってました!建築物&インテリア♪
いいねぇ、おしゃれだねぇ。

でもブラックダイヤモンドは北欧っぽくないけど建築家は誰だろ??
Commented by バーデン at 2007-05-04 12:03 x
スキー場での表示で「ブラックダイヤモンド」とは「最上級者コース」の意味があります。(意味不明)

それよりもさすがdeaconredさん!英語で会話なんて素敵です♪
大阪言ったときには言語担当でお願いします。(大阪弁ですがw)
Commented by deaconred at 2007-05-04 23:41
>namiさん

お疲れ様です。
少しレスが遅くなりました。すいません!
ブラックダイヤモンドはSchmidt,Hammer&Lassen(シュミット、ハンマー&ラッセン)の設計だそうです。

>バーデンさん

お疲れ様です。
スキーでは上級者コースって意味なんですね。覚えておきます^^;
英語の会話、なんとかなるものですよ!大阪では大阪弁担当になりますので是非!^^;
Commented by まさ at 2007-05-05 17:57 x
私はビアダルみたいなおっさんに同じ状況で話し掛けられました。
なぜにやつらは話好き?
Commented by deaconred at 2007-05-07 23:40
>まささん

お疲れ様です。
コメントありがとうございます!
話好きはデフォルトなのでしょうかね。実は私はもっともっと話をしてたかったのですが、なにぶん英語が全くダメでして・・・
今まで一度も英語なんて話したいと思ったことなかったですが、話せたら楽しいだろうな・・・と本気で思いました。
by deaconred | 2007-05-01 23:47 | 雑記~北欧旅日記~ | Trackback | Comments(5)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る