EAST ST.LOUIS TOODLE-OO

今年の夏のイベントと言えば海でもなく山でもなくSTELLY DANの来日です。
気が付けばそんな大イベントまで1ヶ月を切っています!

今月末には7年ぶりにSTEELY DANに会えるわけです^^/
前回の公演では前から5列目のど真ん中を押さえることが出来ましたが、今回は最前列を押さえることが出来る予定です。

そんなわけでSTEELY DAN強化月間。

まぁ元々ヘビーローテーションなのですが、さらに意識して聴くようにしています。

そんな最も愛するSTEELY DANの作品の中で「最も聴かない」作品が1974年に発売されたPRETZEL LOGICという作品です^^;

f0062463_23312759.jpg
この作品を久々に聴いているのですが、懐かしく感じたのは「EAST ST.LOUIS TOODLE-OO」という曲でした。

この曲はSTEELY DANの作品の中で唯一のカバー曲として知られています。
原曲はスイング・ジャズ時代の巨人DUKE ELLINGTONの作品です。

STEELY DANの音楽にどっぷりつかっていたいたのが10代の終わりの頃でその時はジャズを聴き始める前でした。
CDの解説を見るとEAST ST.LOUIS TOODLE-OOはDUKE ELLINGTONのカバー曲、RIKKI DON'T LOSE THAT NUMBERはHORACE SILVERの影響と書かれており、ジャズを聞く知り合いにDUKE ELLINGTONって知っていますか?HORACE SILVERって有名ですか?など初心者丸出しな質問をしていたものです^^;

さらに丁度、ベースにも興味を持ち始めていた時期でEAST ST.LOUIS TOODLE-OOのベースラインをコピーなんかしていました^^;
なんとも若い時代の話ですね。

小ネタ的にはこの曲でベッカーが始めてギターを演奏しているとか最後の銅鑼の音はエンジニアのロジャー・ニコルズが叩いているなどあるようです^^;

今思えばジャズを聴くきっかけになったであろうSTEELY DANの曲の中で唯一のカバーがジャズの古典であったことは私にとって非常に重要な意味を持っていたと思います。
今度の来日では演奏されることはないでしょうが、万が一演奏されれば涙出るでしょうね。

因みに、最近のセットリストを見ているとチェックすべきはEAST ST.LOUIS TOODLE-OOではなく、一番最後の「MONKEY IN YOUR SOUL」ですね。
しかもベッカーが歌っているようです。

STEELY DAN来日公演に行く人は「MONKEY IN YOUR SOUL」をチェックしてみてくださいね♪

↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓
にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
トラックバックURL : http://deaconred.exblog.jp/tb/6089724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 音楽の杜 at 2007-08-25 17:10
タイトル : Steely Dan 「Pretzel Logic」(1..
初期スティーリー・ダンの集大成、素晴らしい作品集 ただいま来日中のスティーリー・ダン。山口小夜子さんがお亡くなりになられたこともあり、彼女がジャケットに使われている「Aja」を聴き返している方々も多いことでしょう。 私は先日ドゥービーの記事を書いていて、妙にジェフ・バクスターの印象的なギターを聴きたくなり、ここ数日本作を聴き返してます。 スティーリー・ダンの3作目。既にバンドとしての形態は形骸化しており、もうドナルド・フェイゲン&ウォルター・ベッカーのプロジェクトと言ってもいいかもしれま...... more
Commented by まさのり☆ at 2007-08-10 09:48 x
僕と同い年の作品ですね。
最初からジャズやってたんじゃないんですね。
ロックバンドとかやってたことは一度もないんですか?
友達のバンドのサポートたのまれたりとか。
Commented by mieko at 2007-08-10 10:50 x
まずは、最前列の席、おめでとうございまーす!
これは、迫力ありそうですね。
「STEELY DAN強化月間」なんて、まるで合宿みたいじゃないですか(笑)。
ところで、全然知らなかったのが、「EAST ST.LOUIS」がカバー曲であったということです。解説読まないとダメですね。プレッツエル・ロジックの中の曲名って変なのが多いと思いませんか(Monkey in your soulとか)?
Commented by deaconred at 2007-08-13 11:38
>まさのり☆さん

お疲れ様です。
基本的にエレキベースは弾けないので最初からジャズでした。
ただ、数回、ウッドでサポート的なことはしたことありますよ。
井上陽水の曲を演奏したことあります。
Commented by deaconred at 2007-08-13 11:41
>miekoさん

お疲れ様です。
とりあえず整理場号が1番なので最前列は確保できそうです!
強化月間とか言いながらなかなかブログは進みません^^;
この曲はカバーですよ。あとナイトフライでカバーがあるだけで後はすべて彼らのオリジナルですね。
個人的にPRETZEL LOGICはアイデアの断片というか・・・デモテープの焼き直しというイメージがあります。
アイデアそのままなので彼らの一番ひねくれた部分が全面に出ているのかもしれませんね。
Commented by 240_8 at 2007-08-14 05:44
おはようございます!!
スティーリーダン来日告知、有難うございます。
スティーリーダンというと、すぐに「Aja」が思い浮かびますが、本作も味わい深いですよね。私もコレ、近々にブログにアップしようと思ってます。
(その際はTBさせて頂きます)
ところで銅鐸を叩いているロジャニコとは、あのロジャニコですか?
Commented by deaconred at 2007-08-14 17:41
> 240_8さん

お疲れ様です。
STEELY DAN来日です~♪もう楽しみで仕方ありません!
240_8さんのブログ楽しみにしていますね~
銅鑼を叩いているのはSTEELY DANの作品をずっと録り続けているエンジニア、ロジャー・ニコルズです。
決してソフト・ロックのロジャニコではありません^^;
彼は「GAUCHO」でデジタル・サンプラーを用いたエンジニアとしても有名です。
彼無しにはSTEELY DANの音楽は存在しなかったでしょうね。
Commented by 240_8 at 2007-08-25 17:13
こんにちは!
ようやく記事アップしたので、TBさせて頂きました。
このアルバム、ジェフ・バクスターの名演が耳に残りますね。

ところでライブはいつですか?(今日??)
ご指摘の通り、ドラマーが随分脚光を浴びているようですね。
Commented by deaconred at 2007-08-26 00:04
>240_8さん

お疲れ様です~
TBありがとうございます!
ライブは明日、行って来ます!
濃厚な体験に期待しているところです~
by deaconred | 2007-08-09 23:46 | Rock(70年代) | Trackback(1) | Comments(8)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る