COUNTDOWN TO ECSTASY

音楽にとって必要なもののひとつに「スピリッツ」があると常々思います。
表面的な音楽的特長だけで音楽を判断するのではなく、その根底にある精神に触れることこそその音楽の本質を理解する一番の近道かもしれません。

音楽におけるアーティストと聴衆の関係はライブにおける「物理的な」距離が最も「近い」とは感じない。という内容をかつてDONALD FAGENは語っていました。
ライブなんかしなくても自分たちの作品をLPやラジオで聞いてくれるほうが「距離」的には近いということだそうです。
深いですね。なんとなく皮肉家の二人が言いそうなことですね。
彼らがなぜ19年もの間、ライブを行わなかったのか理解できる気もします。

そんなSTEELY DANが1993年に復活して以来、音楽を取り巻く環境の変化なのか、彼ら自身の哲学の変化なのか、彼らは精力的に世界各国にてライブを行うようになりました。
そしてついに今週末から7年ぶりの来日公演が東京からスタートします。

もうこれが最後かもしれない!と心に刻み、物理的距離の短いライブ形式にて彼らの音楽の本質に近づきたいと思います。

いやはや・・・来日公演まであと数日。本当にカウントダウンですね。
無理やりの連想で本日は「COUNTDOWN TO ECSTASY」(笑)

f0062463_23301559.jpg
***************************************************
COUNTDOWN TO ECSTASY/STEELY DAN
(1973年作品)

1.BODHISATTVA
2.RAZOR BOY
3.BOSTON RAG
4.YOUR GOLD TEETH
5.SHOW BIZ KIDS
6.MY OLD SCHOOL
7.PEARL OF THE QUARTER
8.KING OF THE WORLD

***************************************************

→エクスタシーへのカウントダウン。STEELY DANのセカンドアルバムです。

個人的には初期の名作だと思っています。
STEELY DANが「バンド形式」なのか?という問題は置いておいて、最もバンドとして一体感があるのが本作ではないでしょうか?
この作品で聞けるSTEELYサウンドは紛れもなく「ロック」のスピリットを持っていると思います。

そんなロックな作品でありながら1.BODHISATTVA(菩薩)におけるコード進行や、4.YOUR GOLD TEETHにおける意味不明な歌詞など随所にSTEELY DAN的要素が織り込まれている点が素晴らしいですね。

1.BODHISATTVAはSTEELY DANの二人のギタリスト、DENNY DIASとJEFF BAXTERのギターが素晴らしいです。
ライブでもよく演奏される曲で、1996年の来日公演で生菩薩聴きました。
日本や中国が歌詞に出てくるあたり、ジャズ的な意味での東洋志向の影響なのかもしれませんね。
今回の来日で演奏されるならアンコールあたりでしょうか?
ホーンセクションが入った菩薩も素晴らしいです。

2000年の来日公演でいきなり演奏されて驚いたのが3.BOSTON RAGでした。
正直、この曲のインパクトが強すぎて他の曲の印象が薄いぐらいです^^;
ギターのリフが印象的な曲です。今回の来日では…さすがに演奏されることはないかもしれないですね。

5.SHOW BIZ KIDSはRICK DERRINGERのギターで決まりです。
ワンコードによるバッキングはテープのループを利用しているそうです。
途中の「STEELY DAN Tシャツ」という歌詞が妙に耳に残ります。

6.MY OLD SCHOOLは今回の来日公演に向けて最もチェックしなければならない曲ですね。
ホーンセクションの入ったノリノリ青春賛歌はアンコールにぴったりです。
この曲でのJEFF BAXTERのギターソロはもっと評価されるべきではないでしょうか?ホーンとのコール・アンド・レスポンスが最高にクールだと思います。

こうして見てみるとSTEELY DANの楽曲はどれもクオリティが高いですね。
ちなみに裏ジャケットの卓に奇妙な手が写っていますが、これはエンジニアのロジャー・ニコルスの手です(笑)怖いですよね^^;

↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓
にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
トラックバックURL : http://deaconred.exblog.jp/tb/6110885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by deaconred | 2007-08-14 17:38 | Rock(70年代) | Trackback | Comments(0)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る