KAMAKIRIAD

さてさて、勝手にドナルド・フェイゲン強化月間!とか言ってみたら今週で11月も終わりですね。早いものです。

どうでもいいですが、今月誕生日だったのですが、今をときめく小島よしおと同じ誕生日でしたよ^^;
限りなく微妙。。(血液型も同じでした。)

まぁそんなのは関係なくてフェイゲンです。

BOX届いて以来、移動中はほぼフェイゲン聞いていました。

f0062463_1232089.jpg
***************************************************
KAMAKIRIAD/DONALD FAGEN
(1993年作品)

1.TRANS-ISLAND SKYWAY
2.COUNTERMOON
3.SPRINGTIME
4.SNOWBOUND
5.TOMORROW'S GIRLS
6.FLORIDA ROOM
7.ON THE DUNES
8.TEAHOUSE ON THE TRACKS

***************************************************

→稀代の天才、ドナルド・フェイゲンが1993年に発表したセカンド・ソロ・アルバムの登場です。

昨年、2006年にフェイゲンの3枚目のソロが発売されたことにより、ソロ3作の位置づけが
①1982年のナイトフライ:青年期(の幻想?)
②1993年のカマキリアド:中年期(の希望?)
③2006年モーフ・ザ・キャット:老年期(の沈思?)
をテーマしているそうです。

この作品はフェイゲンが45歳のときに製作されており、同年には結婚、さらにはSTEELY DANの復活とまさにフェイゲンにとっては充実した時期の作品といえるのではないでしょうか。
個人的にはSTEEELY DAN時代を含めてもっとも楽曲が明るいという印象を持つ作品です。

今般の音楽がネット配信によりアルバム単位からシングル単位へと移行している中、この作品もいわゆるコンセプトアルバムとなっています。やはりロックはアルバム単位で聴きたいものです。

そのコンセプトというのがハイテク自動車「カマキリ号」に乗って旅をするというもので、時代はいまよりさらに先の近未来といった感じです。この「カマキリ」というのはそのまま日本語のカマキリの事で、タイトルの『カマキリアド』とは、日本語の「カマキリ」と、ギリシャ古典文学『イリアス』の英語表記である「イリアッド」を合わせたものだそうです。
やっぱりフェイゲンって親日なのでしょうか?

当時のフェイゲンの音楽観というのをどこかで読んだ(聞いた?)ことがあるのですが、端的に言って「すでにメロディへの関心は失われ、リズム的なものに興味がある」とのことでした。

そういう視点でこの作品を聴いてみると、フェイゲンの音楽の中で最も(音響的な意味ではなく)立体的な音楽だと思います。
この視点の変化、つまりはフェイゲンの音楽的志向の変化については非常に興味を持ってしまいます。
時代の流れなのか?フェイゲンが歳を重ねたことが影響しているのでしょうか?

カマキリアドを聴いていて注目してしまうのはプロデューサーとして参加している盟友ウォルター・ベッカーです。
ベッカーはこの作品でプロデュースを担当しているだけでなく、全編でベースを弾き、ギターとしても参加しています。
先ほど書いた立体的な音響を支えているベースラインをベッカーが担当しているということは本当に興味深いです。
基本的にベッカーはギタリストという肩書きなのですが、ベーシストとしての才能かなりあると思っているのは私だけでしょうか?
音楽の根底を支えるベースラインを斬新にしているのはフェイゲンではなくベッカーのような気がしています。


さて楽曲的には全曲鳥肌ものの名曲ばかり。
STEELY DANファンにとってはフェイゲンとベッカーが活動停止中に共作したという4.SNOWBOUNDあたりがかなりツボだと思います。
最近の私の傾向としてはアルバムの後半を好んで聴いています。
特にホーン・アレンジとコーラスが最高にクールな6.FLORIDA ROOMはヘビー・ローテーションですね。
イントロからしてフェイゲンの複雑ホーンアレンジ炸裂。後半のアンサンブルも素晴らしいです。
このあたりがまさにフェイゲン節と言った感じですね。

楽曲は最高なのですが、いかんせんビデオクリップは最低な出来なのが残念です^^;
上のリンクで4.SNOWBOUNDのビデオ見れますが、まぁC級といったとろでしょうか・・・
このビデオがボーナスで入っていたのでDVD-AudioやBOXセット購入というのはきついかもしれませんね。
しかしフェイゲンの場合は、音楽一本でも十分勝負できるのでそのあたりはご愛嬌という感じでしょう。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓
にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
トラックバックURL : http://deaconred.exblog.jp/tb/6936203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mieko at 2007-11-29 11:13 x
こんにちは!
本当に強化月間ですね(笑)。
でも11月、すぐ終わってしまいますね。

フェーゲンって絶対「親日家」だと思いまーす。

このCDは、何故かトラック1から最後まで、順番通りに聞かないとダメなアルバムなんです。そうでないと流れが壊れてしまうような気がして。

deaconredさんにもそういうアルバムってありますか?

Commented by deaconred at 2007-12-02 00:00
>miekoさん

お疲れ様です。
12月になってしまいましたが、強化月間は続けます(笑)
流れがある作品って結構あるとおもいます。
基本的にコンセプト・アルバムは最初から聴かないとダメでしょうね。
アルバムを意識して製作された作品も流れが大事ですね。
フェイゲン強化月間終わればまたそんなネタで書いてみたいと思います!
by deaconred | 2007-11-28 23:50 | Rock(90年代) | Trackback | Comments(2)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る