THE NIGHTFLY

野球日本代表が北京オリンピック出場を決めましたね!
野球好き(というか虎党^^;)として素直に嬉しいです。

来年はオリンピックでペナントレースは変則的になるのでしょうか?
夏に野球がなくなれば、阪神の死のロードもなくなるわけでそれはそれで歓迎です!

さて、来年はどのチームが優勝するのか?
このオリンピック予選では来年から阪神でプレーする新井選手が大活躍でした。
来年もその勢いで打ってください!

っと勝利の余韻に浸っている月曜日の夜もやっぱりフェイゲン。
今年はフェイゲンです。
f0062463_2329227.jpg
***************************************************
THE NIGHTFLY/DONALD FAGEN
(1982年作品)

1.I.G.Y.
2.GREEN FLOWER STREET
3.RUBY BABY
4.MAXINE
5.NEW FRONTIER
6.THE NIGHTFLY
7.THE GOODBYE LOOK
8.WALK BETWEEN RAINDROPS

***************************************************

→稀代の天才、ドナルド・フェイゲンが1982年に発表したソロ・アルバムの登場です。

昨年、2006年にフェイゲンの3枚目のソロが発売されたことにより、ソロ3作の位置づけが
①1982年のナイトフライ:青年期(の幻想?)
②1993年のカマキリアド:中年期(の希望?)
③2006年モーフ・ザ・キャット:老年期(の沈思?)
をテーマしているそうです。

今日は4.MAXINEから聴いてみます。

4.MAXINEはイントロのエンディングのピアノが美しいスローナンバーです。
6/8というリズムをエド・グリーンとマーカス・ミラーのコンビが支えています。
美味しいギターを弾いているのはラリー・カールトン。彼はこういったギターを弾かせると右に出るものはなしですね。
ホーン陣にブレッカー兄弟が参加しています。マイケル・ブレッカーの甘いテナーも聞きどころですね。

5.NEW FRONTIERは核シェルターでパーティをするという曲。なんともフェイゲン流の皮肉たっぷりです。
このアルバムには当時、まだまだ利用されていなかったサンプエイング・マシーンが利用されています。
STEELY DAN時代からの盟友であるエンジニアのロジャー・ニコルスによってプログラミングされたその機械は「WENDEL」と名づけられ、このTHE NIGHTFLYでは「WENDEL Ⅱ」としてしっかりクレジットされています。
この曲では「WENDEL Ⅱ」が大活躍しており、生ドラムと組み合わされ、面白い効果を演出しています。ここが一番の聴き所でしょうね。

っとこのあたりまで書いて日付が変わる時間が近づいてきました。
続きはまた明日^^;

引っ張りすぎですね・・・(汗

↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓
にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
トラックバックURL : http://deaconred.exblog.jp/tb/6985297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mieko at 2007-12-04 12:24 x
こんにちは!
野球が好きなんですね。ということは「阪神」ファンですよねー。昔、東京ドームでタイガースファンにいじめられました(笑)。

それはともかく、ナイトフライのジャケットは、いつみてもいいです。こんなクールなジャケットないと思いませんか?

そして、ミュージック。
もう完璧。

これを聞くと、やっぱりいいオーディオが欲しいなーと思うのですよ。
Commented by deaconred at 2007-12-05 19:27
>miekoさん

お疲れ様です。
一応、生まれた瞬間から「虎党」です^^;
虎党はキツイですからねぇ~東京ドームでの出来事申し訳ないです。
いち虎党としてお詫びいたします。

ナイトフライは完璧ですね。ジャケットも最高なので現在、部屋にLP飾っています♪
ちなみにこのブログに掲載しているジャケはたぶん、miekoさんがお持ちのものと違っていると思います。
BOX盤はフェイゲンが拡大されていました^^;
by deaconred | 2007-12-03 23:53 | Rock(80年代) | Trackback | Comments(2)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る