【雑記】バーナード・パーディ

ブログすっかりサボっていますm(__)m
少し多忙な毎日を送っています。(FF12攻略で・・・嘘^^;)

少し前のネタになりますが、ベース弾きでありながらドラムマガジンを買いました。

特集がSTEELY DAN他、多くの名演で有名なバーナード・パーディでした。
f0062463_23404019.gif
リズムに関してあまり知識がないのですが、STEELY DANを聴き始めてシャッフルビートのドライブ感に打ちのめされ、ジャスを聴くときも、スイングが3連符に聞こえたりと、バーナード・パーディの叩くドラムに影響を受けていると思います。

興味深いのは数々のセッションについてのインタビューですね。

STEELY DANに関しては「完璧主義者ということは聴いていたけど、”だから?”って感じだったね。」と相変わらずお茶目な発言も(笑)
まぁバーナード・パーディ自身も完璧主義者といわれれば完璧主義者ですから、「だから?」という感想なのでしょうね。
一切の妥協を許さないという姿勢が当時の西海岸のスタジオ・ミュージシャンにはあったからこそ、数々の名盤が生まれたのだと思います。

あと印象に残っているのは「ワン」の大切さ、ということです。
「ワン」というのは小節のアタマ、のワンのことです。
どれだけ難解なフィルインを叩いても「ワン」の感覚さえキッチリしていればリズムに乱れはないということなのでしょう。

私が師匠から教わっているのは「フォー」のお尻を感じること。
これは「フォー」のお尻をしっかり感じれば「ワン」の位置は自然と決まるという教えです。
スイングするベースを演奏するにあたって、どうしても意識しないと出来ない「フォー」のお尻を感じるというのは非常に大切なことだと感じています。

ともに「ワン」の大切さについての教えですね。


最後にはバーナード・パーディが参加しているCDの紹介もありました。
恥ずかしながら半分以上は未聴な作品だったので、順番にチェックしていきたいと思います。


っとコネタとしてはSTEELY DANが08年のライブ日程を発表しました。
今はまだ2箇所のみですが、そのままずーっとライブ回ってまた日本に来て欲しいものです!
[PR]
by deaconred | 2008-03-10 23:57 | 雑記

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る