COURAGE

自分の「身体」のパーツについて特に思い入れはなく特に強いコンプレックス(?)もないですが、唯一変えられるとしたら声を変えたい・・・とときどき思います。
誰にでも経験はあるでしょうが録音された自分の声ほど衝撃的なものはありません。
なんでも頭の中で響いた音を鼓膜が拾っているので自分の声には格差があるそうです。
うーん・・・頭の中で聴こえる私の声は自分の好きな声なのですが・・・。

音楽の中に溢れる「声」なんて候補に挙げたいものがたくさんありすぎますので最近、お気に入りの「声」をお届けします。

f0062463_13575857.jpg

**************************************************
COURAGE/MILTON NASCIMENTO
(1967年作品)

1.BRIDGES
2.VERA CRUZ
3.TRES PONTAS
4.OUTUBRO
5.COURAGE
6.RIO VERMELHO
7.GIRA GIROU
8.MORRO VELHO
9.CATAVENTO
10.CANCAO DO SOL

***************************************************

→「ブラジルの声」と言われたMILTON NASCIMENTOの米国進出第1作目。

今回もジャンルのお話からで申し訳ないですが、本質的にMPB(Musica Popular Brasileiraの略で「ブラジル・ポピュラー・ミュージックの略」)とBossaNovaは違う音楽なのでMPBを代表するMILTON NASCIMENTOをBossaNovaに分類するのは間違っているのでしょうが、カテゴリーの分類上ご了承ください。

MILTON NASCIMENTOがブラジルのマイナー・レーベルからデビューして2作目に米国進出できたのはEUMIR DEODATOがCTIレーベルのCREED TAYLORに推挙したことがキッカケです。
CTIからリリースされた本作品は当時専属アレンジャーだったEUMIR DEODATOのアレンジとREED TAYLORの見事なプロデュースによりコンテンポラリーな作品に仕上がっています。
CTIがJazz系のレーベルということもあり、本作品にはHERBIE HANCOCKが参加している点が見逃せません。これほど目立たないHERBIE HANCOCKのプレイが聴けるのもこの作品の魅力です。

さて、MILTON NASCIMENTOと言えば本作品に収録している2.VERA CRUZが有名ですが、それより言及されるべきはポルトガル語で綴られた1.BRIDGESでしょう。
優しいギターのリズムに「ブラジルの声」と言われたMILTON NASCIMENTOの声が重なり、あえて英語ではなく原語のポルトガル語で歌われたこの曲は内向的な曲調でありながら見事にグルーヴし、コーラスではストリングスと高音域の歌声が響きあい非常にクオリティの高い作品です。
作品全体の背景にはブラジル音楽の原型であるChoroやSambaなどの影響が強く、その素材にEUMIR DEODATOのアレンジ、さらにJazz系ミュージシャンの感性が加わりこれほどの作品が完成したのでしょう。

プログレッシブ英和中辞典によると「courage」とは「精神的な勇気」
まさにその名にふさわしい気高い作品です。

amazonへ。
[PR]
by deaconred | 2006-02-15 14:00 | BossaNova

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る