DALE E O SAMBALANCO TRIO

本格的な夏が近づいてきました。
もう通勤のスーツがキツイ感じです^^;

夏が近づくとCDショップのBossaNovaコーナーが賑わいます。
そういう意味でBossaNovaは冬に聞くのが一番です。

夏を目前にBossaNovaを購入しようと先月の仕入れのときに名盤入手。
これはネットでチェック済だったので即買いでした。

BossaNovaについては色々と語られていますが、私個人的にはBossaNovaとJazzBosaは違う音楽だと思っています。
今日はそんなJazzBosaの名盤を取り上げてみます。
f0062463_0132995.jpg
**************************************************
DALE E O SAMBALANCO TRIO
(1967年録音)

1.THE LADY IS A TRUMP
2.AMBA DE MUDAR-CONSOLACAO
3.REZA
4.NIGHT AND DAY
5.O MORRO NAO TEM VEZ
6.MENINO DAS LARANJAS-OPINIAO
7.QUEM E HOMEM NAO CHORA-BERIMBAU
8.NA BAIXA DO SAPATEIRO
9.O PATO
10.THAT OLD BLACK MAGIC

**************************************************

→この作品はアメリカ人の振付師・歌手であるレニー・デイルがサンバランソ・トリオの好サポートを得て録音した名盤です。

1960年代のボサ・ノヴァにおいて米国音楽は切っても切れない関係があります。
ブラジルの軍事政権による米国への脱出や、米国からのジャズの影響、米国、ブラジル間での音楽留学等、お互いに影響を与えています。

米国におけるボサ・ノヴァの影響は歴史的名盤「ゲッツ/ジルベルト」やA&Mでのジョビンの作品などで聞くことが出来ます。
逆にブラジルでの米国の影響と言えばジャズとサンバを融合させたハード・バップ的なジャズ・ボサの確立があげられると思います。

さらに密かにブラジル音楽に大きな影響を与えていたのがショウ・ビジネスの最先端からやってきたレニー・デイルです。
当時のブラジル音楽界には「リハーサル」という概念がなく、人前で演奏するための準備というものが全くなされていませんでした。
レニー・デイルは本場アメリカのショウ・ビジネスのノウハウを惜しみなくブラジルのミュージシャンたちに伝えたそうです。
また囁くように歌うBossaNovaの中で、はっきり歌う、ということは歌唱法に決定的な影響をあたえ、エリス・レジーナの登場を早めたとまで言われています。

ところで、こんなブログを書いていてふと気になったのですが、「ショウ」と「ライブ」と「コンサート」の定義は何が違うのでしょうか?
聴衆との関係性なのでしょうか?少し気になってきましたが、答えはそう簡単に見つかりそうもありません。
詳しい方、教えてください^^;

さて、中身ですが、個人的にはかなりの傑作です。
まずジャズ・ボサを紹介するさいに良く使われる単語ですが、全体的に「スピーディー」です。
音楽的テンションが高く、疾走感を強く感じます。
バックで演奏しているサンバランソ・トリオはピアノのセガル・カマルゴ・マリアーノを中心に1962年に結成されました。
セガル・カマルゴ・マリアーノはエリス・レジーナの夫、そして歴史的名盤「トム&エリス」のアレンジャーとしてBossaNovaファンにはお馴染みですね。
彼らはトリオでもかなり名演を残すトリオですが、誰かのバックでも非常に名演を残す名手たちです。
この作品ではブレイクやリズムの変化など細かいアレンジがなされていますが、見事に好演しています。

この作品で私が一番素晴らしいと感じるのは「リズム」の出し方です。
実は音楽をやっていて一番難しいと感じるのが「リズム」を出すという行為です。
これはピッチを保つ、音量を調節する、素晴らしいフレーズを弾く、ということよりも難易度が高いと感じでいます。
レニー・デイルもサンバランソ・トリオもそれぞれの声、楽器から見事にリズムが出ています。
9.O PATOはレニー・デイルのスキャットで始まりますが、このスキャットは見事にリズムが出ており、一人でありながらグルーヴしています。
このリズムの出ているフレーズがグルーヴして疾走感となっているのでしょう。
これは参考にしなければいけません。

ジャケットはエレンコ・レコードの共通トーンで描かれていますが、他のジャケットより若干抽象的ですね。

素晴らしい歌に素晴らしい演奏、心躍るリズムに心地よいスイング感、意表をつくアレンジにモダンな和音、それでいて1,500円と低価格。
これは超オススメ盤です。BossaNova好きにもジャズ好きにもオススメします。

↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓
にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2008-07-14 23:20 | BossaNova

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る