BLUE

時々、偏頭痛に襲われます。
明らかに原因は肩や首がこって血液の流れが悪くなるからだと思われます。
そんなときは素敵な歌声を聴きながら足裏マッサージなどしてリラックスするのが一番です。

と言うことで今晩は彼女の歌声に耳を傾けてみます。
f0062463_23105280.jpg

**************************************************
BLUE/JONI MITCHELL
(1971年作品)

1.ALL I WANT
2.MY OLD MAN
3.LITTLE GREEN
4.CAREY
5.BLUE
6.CALIFORNIA
7.THIS FLIGHT TONIGHT
8.RIVER
9.A CASE OF YOU
10.THE LAST TIME I SAW RICHARD

***************************************************

→JONI MITCHELLの4枚目のアルバムにして「弾き語る」JONI MITCHELLの最高傑作です。
この作品以後、彼女の作品はよりバンド形態の音つくりになっていきます。
参加しているミュージシャンはSTEPHEN STILLS、JAMES TAYLOR、SNEEKY PETE、RUSS KUNKELの四人だけで声、楽器、がストレートに録音されており、空間を感じます。

JONI MITCHELLと言えば「恋多き」アーティストというイメージがあります。
常に誰かに恋をして常に誰かを愛し、愛されその感情をストレートに音楽にぶつけていきます。
この作品の頃はJAMES TAYLORと恋愛関係にあり、この作品にJAMES TAYLORが参加しているのと同様に彼の代表作でもある「MUD SLIDE SLIM AND THE BLUE HORIZON」にJONI MITCHELLが参加しています。
全体的にフォーク・ロック的な要素が感じられるのですが、この辺りもJAMES TAYLORの影響でしょう。
JAMES TAYLORは1.ALL I WANT、5.CALIFORNIA、8.A CASE OF YOUの3曲でギターを弾いていますが、愛聴すべきは1.ALL I WANTでしょう。
この曲ではJONI MITCHELLもギターを弾いており、二人のギターのバランス、リズム、ハーモニーが素晴らしいですね。
JONI MITCHELLの歌も絶好調でハミングから一気に高音域に駆け上がるコーラスが好きです。

この作品が発売されてからもう何十年も経ちますが、最初の一音から最後の一音まで生命力に溢れ生々しい彼女の感情が詰まっていることに驚きます。
また、ギターもピアノを交互に弾き語るという構成になっており、彼女の歌う声に完全に同調しているギターの音もピアノの音もキラキラと生きています。
これほど「感情的な」音が楽器から出ていることに感動ですね。

歌詞は前述のように恋愛に関する彼女のストレートな歌詞が多いですが、カリフォルニアへの憧れ(というか望郷?)を歌った5.CALIFORNIAでは最後の歌詞に「新聞で読む故郷のニュースは事故の戦争の話題ばかり」とベトナム戦争について触れており、少し意外に感じると同時にそんな時代の歌なんだ・・と再確認させられます。
個人的に気に入っている歌詞は5.BLUEの「ブルー、歌は刺青のよう」という歌詞でこの曲とこの作品のすべてを語っていると思います。
一人の女性のストレートな感情と音楽・・・それこそ「BLUE」というタイトルにふさわしい10曲ですね。

BLUE、SONGS ARE LIKE A TATTOOS

amazonへ。
[PR]
by deaconred | 2006-02-21 23:00 | Rock(70年代)