SCHIZOID MAN

今晩は帰宅してからキング・クリムゾンのオリジナル・アルバムをiTunesにてPCに取り込みました。

取り込みが終わると、アートワーク(ジャケット)をiTunesから引っ張ってくるのですが、CDがマニアックなのか、なかなかアートワークが見つからず手動でアートワークを入れてる場合があります。
意外にもAREAとかはジャケット見つかるのですが、ボサ・ノヴァは何故か壊滅的。
殆ど見つかりません。

まぁ古い作品を中心に聞いているので仕方ないのかもしれません・・・

しかし、驚いたのはキング・クリムゾンの歴史的名盤「クリムゾン・キングの宮殿」のアートワークがなかったことです。
フリップ大先生は著作権について大変厳しい人なのでその影響なのかもしれませんが、やっぱりこれほどの歴史的名盤ならばおいておいて欲しいと思います。

それにしても「クリムゾン・キングの宮殿」をはじめて聴いた時の衝撃は忘れられません。
こういう表現もあるのか!と目から鱗で、ロックに対する見方が変わりました。
正直、価値観をひっくり返されるという経験はこういうことを言うのでしょう。

洋楽を聴かない人には全くなじみがないバンドだと思います。
今日は名前と顔だけでも覚えて帰ってください。
キング・クリムゾン「クリムゾン・キングの宮殿」
f0062463_23171269.jpg
と衝撃的なジャケットですよね?
代表曲の「21世紀の精神異常者」(この邦題はもう禁止になっているようです)は一時期CMなどで使われていたともあり、もしかすると耳にしたことがあるかもしれません。

丁度、CMで使われていた時代にクリムゾンのマニア向けコレクションとして発売されたシングル集がありました。今晩はこちらをご紹介します。
f0062463_232183.jpg
**************************************************
21st CENTURY SCHIZOID MAN/KING CRIMSON

1.21st CENTURY SCHIZOID MAN (EDIT)
2.21st CENTURY SCHIZOID MAN (ORIGINAL VERSION)
3.21st CENTURY SCHIZOID MAN (LIVE 1969)
4.21st CENTURY SCHIZOID MAN (LIVE 1972)
5.21st CENTURY SCHIZOID MAN (LIVE1974)

**************************************************

→クリムゾン・マニアのために企画されたコレクターズ的作品ですね。
キング・クリムゾンの名曲「21世紀の精神異常者」のヴァージョン違いを集めたCDです。

この曲は1969年に発売された「クリムゾン・キングの宮殿」に収録されていた曲で、ロックの歴史を塗り替えた、70年代の方向性を示した名曲だと言えます。

2.はオリジナルバージン、1.はオリジナルのエディットバージョンで、3-4が貴重なライブ・ヴァージョンとなっています。

3.1969年のライブは「宮殿」時代のメンバーによる演奏で、グレッグ・レイクのボーカルにイアン・マクドナルドのサックス、マイケル・ジャイルズのドラムとファンにはたまらないメンバーでの演奏です。

4.1972年のライブは「アイランズ」時代のメンバーによる演奏。
メル・コリンズのサックス、ボズのベースにボーカルと叙情性が前面に出ており、21世紀に既に絶望しているクリムゾンの音楽を聴くことが出来ます。

5.1974年のライブは「太陽と戦慄」時代のメンバーによる演奏。
デビット・クロス、ロバート・フリップ、ジョン・ウエットン、ビル・ブラフォードという黄金メンバーですね。
「太陽と戦慄」以降のクリムゾンのコンセプトである「即興性」が特徴的な演奏となっています。
緊張感は一番伝わってきますね。
この頃の音源があったので貼っておきます。

この音楽が既に40年前の音楽だなんてとても信じられません。
当時、既に21世紀に絶望していたクリムゾン・・・21世紀を迎えてフリップ先生の考えは変わっていないのでしょうか?
最新作のタイトルは「信じる力」でした。
シングルは「しょうがない」

クリムゾンの音楽の原点に触れて、今、彼らがどんな未来を見ているのか?
非常に興味があります。

↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓
にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2008-10-14 23:17 | Rock(70年代)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る