続、CIRCUS MONEY

6月16日のブログでご紹介したウォルター・ベッカーの最新作の国内盤が発売決定!

ずっと待っていたのか待っていなかったのか^^;
半年経っての発売のようです。
しかも最近、推しているふざけた新素材、SHM-CD仕様だそうで・・・
発売日は12月17日で定価2,800円。
なぜかボーナストラック13. Dark Horse Dubが追加されるそうです。

そういえば94年に発売されたソロ「11の心像」にも国内盤だけボーナストラックが収録されていましたね。
あの曲はイントロがなんとも不思議な感じで、ベッカーはやっぱり捻くれた音楽を作るな・・・と感じました^^;

ところでSTEELY DAN関係の新譜は個々最近、国内盤の発売が遅いです。
STEELY DAN名義の最新作「EVERYTHING MUST GO」は輸入盤の入荷一週間後に国内盤が発売、ドナルド・フェイゲンの最新作「MORPH THE CAT」も同じタイミングだったと記憶しています。
そのため、どちらの作品も輸入盤、国内盤と2枚買いました。

今回もそのパターンですね。「CIRCUS MONEY」も2枚買うことになるでしょう。
先のブログにも書きましたが、STEELY DAN関連の楽曲は歌詞も非常に大切な要素です。
黄金期の作品の歌詞はベッカーによるものが大きいので、ベッカーの新作聞くにも歌詞は大切です。

対訳読むためにも国内盤を買うしかないですね。
まだ買っていない人には国内盤をオススメいたします。
f0062463_17193567.jpg

公式サイトで見れる動画を張っておきます。このサイトでは試聴もできます。



↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓
にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
トラックバックURL : http://deaconred.exblog.jp/tb/9574470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hamako_4 at 2008-11-05 21:18
もう、やになっちゃいますね(笑)。結局か…。
私はコレ輸入盤オンリーにしときます!!

>「MORPH THE CAT」も同じタイミングだったと記憶しています
そうですよね、これの場合は最初からアナウンスがあったハズなんで、散々待って待って唸りながら国内盤購入した覚えがあります♪
そういえば、発売延期もちょっとづつ続きましたよね。
ほんといいアルバムでした「MORPH THE CAT」。

それにしてもSHM-CDってなんなんでしょうねー。
Commented by deaconred at 2008-11-06 17:50
>yoiko(hamako_4) さん

お疲れ様です。
結局、こうなっちゃいましたね^^;
それでも私は国内盤を買うと思います。
ボーナストラックについてはここで取り上げるようにしますね!

「MORPH THE CAT」の評価高いですね。
個人的にはあと2曲ぐらい曲を入れて欲しかったです。
楽曲的にはもうフェイゲン節炸裂で大好きなのですが、もっと!!という感じになってしまいます。
多分、ベース弾きとしては全体的に単調なベースに飽きているのかもしれません。
そしてなぜか3曲目は好きになれません^^;

SHM-CDは気持ちの問題ですね。
良い音!として聞いたら良い音に聞えるかもしれません。
ちょっとユーザーを馬鹿にしているのでは??と思ってしまいます。
Commented by hamako_4 at 2008-11-06 22:32
>そしてなぜか3曲目は好きになれません
なんだったかな?と思って今出してきたんですけど
「What I Do」ですか~(笑)たしかに記憶薄い…。

このアルバムって、最初「あっさりしてるな」と思ったけど聴くうち凄い好きになりました。その前に、ダンの「Everything Must Go」があったからかも知れないなぁ。私は「The Night Belongs To Mona」「The Great Pagoda of Funn」「Morph the Cat (Reprise)」がすごく好き。

そういえば、国内盤オンリーでボーナストラックつくって話が最初なかったでしたっけ!あれ楽しみにしてたんだけど、HMVとかAmazonみに行くたびに、徐々に消えていって…(笑)。
Commented by deaconred at 2008-11-10 22:19
>yoiko(hamako_4) さん

お疲れ様です。
「What I Do」が好きになれないのは、国内盤のオビの当時亡くなったレイ・チャールズとの会話!とレイ・チャールズ軸で売り出していたところに憤慨したからだと思います^^;

私は最初、 Security Joanにやられましたね。テーマもフェイゲンらしい皮肉がゾゾゾって来た感じでした。
ボーナストラックはどんどん消えていましたね(笑)
まぁ発売してくれるだけで相当幸せでした~
by deaconred | 2008-11-04 22:07 | Rock(00年代) | Trackback | Comments(4)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る