黒船

キリンラガーの06年テレビCMの発表が29日、横浜市内で行われた。今CMは「発売110年を超えても愛される」をテーマに、永遠に色あせない、いいモノがテーマ。日本のハードロックバンドの先駆として、70年代に活躍した「サディスティック・ミカ・バンド」を起用し、ボーカルに木村カエラ(21)を迎えて17年ぶりに再結成することになった。

 CMでは、木村のボーカルで同バンドの代表曲「タイムマシンにお願い」を披露。木村のボーカルは、加藤和彦(58)が決めたそうで「歌がうまくてインテリジェントで、ぶっ飛んでるから」という。木村も「すっごい歌いやすかった」と満足そう。CMは2月25日から放送。


このCMを最近見ました。
正直、ファンとして辛いです。やめてくれぇぇ~
そんなわけで本元聴いて癒されます。

f0062463_23452835.jpg


**************************************************
黒船/サディスティック・ミカ・バンド
(1974年録音)

1.墨絵の国へ
2.何かが海をやってくる
3.タイムマシンにおねがい
4.黒船(嘉永6年6月2日)
5.黒船(嘉永6年6月3日)
6.黒船(嘉永6年6月4日)
7.よろしくどうぞ
8.どんたく
9.四季頌歌
10.塀までひとっとび
11.颱風歌
12.さようなら

***************************************************

→サディスティック・ミカ・バンドは本格的に海外でも発売された日本初のロック・バンドです。
当時のメンバーは加藤和彦、ミカ、高橋幸宏、高中正義、小原礼という日本のロックシーンを引っ張ってきた大物ばかり・・・今見ると凄いメンバーですね。
さらにこの作品はROXY MUSICやPINK FLOYDなどを手がけた名プロデューサーCHRIS THOMASをプロデューサーに迎え、とても日本のロックとは思えないほど質の高い音楽に仕上がっています。

この作品は本格的に海外で発売された日本のロックにふさわしい(?)コンセプトでテーマにしているのは明治時代のモダンな日本。文明開化の匂いがします。
中のアートワークも明治時代の日本をテーマに長崎の出島や浮世絵などが描かれ非常にモダンです。CHRIS THOMASも武士の格好をしています(笑)

曲は歌とインストが半分ぐらいで70年代らしくFusionからの影響も感じられますね。ギターの音色が70年代らしくて好きです。
歌では3.タイムマシンにおねがいが有名です。木村カエラもこの曲を歌っていましたね。
ただタイムマシンに乗っていろんな時代に行くという歌ですが、ジュラ紀から明治維新までとなかなか面白いですね。
個人的に好きなのは「日曜日」について歌っている8.どんたくです。
かつて「日本資本主義の精神」という本で勤勉と佛教の関連性ついて読んだのですが、江戸時代の日本人って休みなく働いていたわけで明治時代に入ってきた「日曜日」という概念は新しかったのでしょうね。
この曲を聴きながら日曜日が日本に導入されて良かった~と常々感じています(笑)

なんだか木村カエラのおかげで彼らのテンションも上がりこの勢いでツアーだ!と意気込んでいるらしいですが、まぁファンとしては非常に複雑な心境ですね。
皆様、是非オリジナルのミカ・バンドを聴いて下さい♪

amazonへ。
[PR]
by deaconred | 2006-02-26 23:30 | Rock(other)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る