カテゴリ:Rock(00年代)( 44 )

Roundabout(Acoustic)

この動画にシビれた。


まさかのYESのアコースティックバージョン。


そしてまさかのRoundabout。


スティーブ・ハウのギターが素晴らしすぎる。イントロと4分前後のプレイに注目。


改めてこういうアレンジで聴くと、YESという音楽はジョン・アンダーソンの思想に強く影響されているな、と再認識。


形而上学万歳!


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-06-04 23:30 | Rock(00年代)

きゃりーANAN

既に新たしいアーティストに限りなく興味を失いつつある中、2012年ぶっちぎりで気になるのがきゃりーぱみゅぱみゅ


田中ヤスタカ氏の思想を汲み取るべきなのか、彼女の”キャラ”を見つめるのか、そこが自分の中で不明なのですが、どうも一発屋ではなく、本物のような気がしてならないのです。


そう感じるのは直感なのか、暗黙知なのか分かりませんが、とにかくそう感じるのです。


ついにフルアルバムが出ましたが、ちょっと買って見たいな・・・と自己暗示かかっているから恐ろしいです。


何度も聴いているうちに音楽ではなく、コンセプトやマーケティング、はたまた心理学の領域を駆使して見えざる戦略を構築している気がしてきます。


久々にストレートなリズムからストレートに展開されるこの曲はとにかく凄いと脳が言っています。


いい加減彼女の音楽の凄さを形式知したいのですが・・・そのためにはCD買わないといけないとか!?


どこまでも恐ろしい・・・。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-05-29 23:55 | Rock(00年代)

やわらかな夜

某ホテルから帰宅。


帰宅してゆっくりTVでも見ているとこのCMソングに反応。


そういえば最近名前を聞かないなぁ~とorange pekoeのCD取り出して聞いてみるとやっぱり良質なサウンド。


もう一息売れても良いような音楽ユニットですよね。


大学時代の軽音からデビューしているところが自分の中ではエゴラッピンなんかとシンクロします。


今晩はCMで使われている曲、やわらかな夜を。彼らの楽曲で一番好きな曲ですかね~


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-04-28 23:18 | Rock(00年代)

Numbers/Computer world

終電で帰宅したこんな日は少し愚痴を(笑


なんでも仕事を振る人が悪いのか


なんでも受けてしまう私がいけないのか(笑


仕事だけでなくPCに関する質問まですべて集まってくる。


そもそも回りのPCスキルが低すぎる。なんでも私に聞きすぎる(笑


世の中、こんなにコンピューターで動いているのにもうちょっと勉強しましょうね。


とくに女性スタッフさん(^^;


コンピューターの勉強もかねて今晩はNumbers/Computer worldを。


DJ的発想としては4分20秒からNumbers→Computer worldのつながりは神。


しっかり目を見開いてみてください。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-04-23 23:59 | Rock(00年代)

OLD FASHIONED

今日はちょっと許容量を越えるお酒を飲まされました。


まだ頭の中で色々なイメージや音がグルグル廻っています。


明日、乗り切れば休みなのでなんとか明日乗り切って行きたいです・・・。


帰りの電車では最近手に入れた経理の人、ヲノサトル氏の作品を聞いていました。


この人の音楽はとにかくクール、そして発想が斬新と感じています。


今晩お届けするこの曲、構成が素敵すぎます。こんな構成の音楽はなかなか聴くことができないと思います。


後ろでこっそりベースを弾いていたい、そんな曲ですね。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-04-05 23:55 | Rock(00年代)

セラミックガール

マーケティングの勉強をするたび、Perfumeを思い出します。


まぁここは音楽ブログなので、その辺りはおいておいて、Perfume凄いと思います。


Perfumeが凄いということは、田中ヤスタカ氏が凄いということなのでしょうが、するとcapsuleよりなぜPerfumeなのか?というところに興味が行ってしまいます。


と言いながらもPerfumeの音楽もちろん大好きなのですが、「人前で喋って」から興味を失いつつあります。


どこまでも”ロボット”に徹してくれれば個人的には完璧だったのですが・・・・。


既にコンピュータですべてを再現できてしまう時代であるからこそ、アイコンで徹することで”彼女たち”である必要性が際立つと思うのです。


だから個性を出してはダメだったと思うのですよね。タレントになってはいけないと思うのです。


・・・なんて思っているのですが、まぁそんな戦略だったら売れなかったのかも知れませんね^^;


ファンの人々はPerfumeに何を求めているのでしょうか?


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-03-15 22:48 | Rock(00年代)

Big Day

接待戦術というやつでしょうか


仕事終わりに”一杯つきあってほしい”とのご要望で一杯ご馳走になりました。


数人での飲み会だったのですが、クライアントの偉いさんが、最近、いま日本で流行している(らしい)某隣国のポップに興味があるとか


話題は必然的にそんな感じですすんでいくわけですが、あの楽曲どうおもう?という質問に、”なぜ日本語で歌っているんでしょうね?”と答えてしまい、場が凍り付いてしまいました^^;


そんな意図なかったのですが、スイマセン・・・


まぁそんなことがあって、帰りの電車で”母国語で歌う意味”なんてことを考えてしまったわけです。


逆に母国語じゃなく英語で歌っている曲もあるよな、と思い聴いていたのがこの曲。


意外にも小山田圭吾との繋がりがあったんですね。


母国語への想いが強い仏蘭西にて、英語で歌っているバンド、Tahiti 80でBig Day


このポップス感はどこから来るのでしょうか?単純にセンスだけの問題ではないと思います。


PVもいい感じ!


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-03-05 22:48 | Rock(00年代)

【天才】山本正之

今日の金曜ロードショーは「ヤッターマン」でしたね。


子供の頃はタイムボカンシリーズが大好きだったので、実写版をちょっとだけ見てみました。


まぁ内容については、映画ブログでもないので触れませんが、やっぱり「ヤッターマン」というからには音楽は山本正之氏にお願いしたいところです。


もちろん、タイムボカンシリーズの名曲を集めた「名曲の夕べ」持っていますよ
↓↓
f0062463_2357127.jpg
改めて考えてみると、アニメソングには「テーマ」があるわけで、テーマについて歌うから「テーマソング」としてなりえると思うのですが、当時のアニメソングには確固たるテーマがあったように感じます。


今となれば絶対的正義を描けなくなった背景からテーマの設定が難しいのかもしれませんが、安易に普通のミュージシャンのシングルがアニメのOPやEDを担当するのもどうかな?とその昔思っていました。


今晩は山本節をたくさん聞きたいところなのでとりあえず、70年から80年代のあのフォーマットで作成した2000年のタイムボカンより「怪盗きらめきマン」のOPとEDを。


OPは山本節炸裂ですよね。歌謡曲っぽい曲調でありながらどこか欧羅巴のテイストもあり、歌詞で韻を踏みまくる・・・完成度の高さに涙が出そうになります。
やっぱり山本正之は天才だ・・・。

EDは山本正之氏の大ファンを公言している甲本ヒロトです。シビビーンラプソディやヤットデタマンブギブギと同じフォーマットですね。


あわせてやっぱりヤッターマンは山本氏に歌って欲しいということでヤッターマンも張っておきます。
やっぱり素晴らしい・・・。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-02-24 23:40 | Rock(00年代)

Room335 / Larry Carlton&Tak Matsumoto LIVE 2010

ホント、たまたまYouTube開いたら、TOPに出てきた動画でした。


Room335 / Larry Carlton&Tak Matsumoto LIVE 2010


この動画、初めて見たんですが、笑ってしまうと同時にこういう音楽を2010年でも体験できるんだな、と感激。


Room335といえば、ラリー・カールトンの代表作ですよね。もちろん、言うまでもなく元ネタはsteely danのPEGです。


この動画はラリー・カールトンとB’zの松本さんとの競演ですが、YouTubeではテクニックの比較等色々なコメントが寄せられていました。


もともと音楽の志向性が違う二人なので、上手い下手は置いておいて、とにかく会場が一体になって音楽を楽しんでいるからそれはそれで素晴らしいことだと思います。


メンバーも音楽を通してしっかりコミュニケーションとれていますし、これこそロックの源流というか、音楽の力の源ではないでしょうか


動画の冒頭で見ることができる「Mr335」の文字に泣けてきます。


見所は3分12秒から。松本さんのフレーズをラリー・カールトンが(笑)


そりゃ松本さんも苦笑ですよね(笑)


この二人のやり取り、まるでじゃれ合う恋人同士みたいですよね。


途中で弦ゆるめちゃったりやりたい放題です(笑)


それでも音楽としてしっかり質を保ちながら聴衆も魅了する。これぞプロの演奏ですね。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-02-04 23:31 | Rock(00年代)

Aquarius & Let The Sun Shine In

資料完成せず今晩は朝まで仕事~


取りあえず4時までは頑張ろうと思います。


BGMはアップテンポで眠気防止!


現在はTHE 5th DIMENSIONでAquarius & Let The Sun Shine Inです。



仕事せずに歌いだしたい気分です。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-01-30 23:59 | Rock(00年代)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る