「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Rock(70年代)( 125 )

RED

追悼、ジョン・ウェットン(涙
最近はこんな話題ばかり・・・



[PR]
by deaconred | 2017-02-03 00:00 | Rock(70年代) | Trackback | Comments(0)

Bat Out of Hell

晩御飯がミートローフだったので、この曲を聴きながらクリスマスを迎えたいと思います。

Meat Loaf - Bat Out of Hell



[PR]
by deaconred | 2016-12-25 00:00 | Rock(70年代) | Trackback | Comments(0)

Lucky Man

キース・エマーソンに続いてグレック・レイクも逝ってしまいました…。
心からご冥福をお祈りいたします。
あぁあの歌声、そしてベースを…もう一度聞きたかったな…。


[PR]
by deaconred | 2016-12-10 00:00 | Rock(70年代) | Trackback | Comments(0)

Love Is The Drug

「キング・クリムゾンのボーカリストとしてはマッチしないが、惜しい人材」

もしクリムゾンに参加していたらどんな感じだったのだろうか・・・。



[PR]
by deaconred | 2016-12-04 00:00 | Rock(70年代) | Trackback | Comments(0)

Room335

最近のお気に入り。
二人のギタリストの引き出しの多さもさることながらスラップベースも半端ない!

この何気ないプレイにも凄いテクニックを感じます。


[PR]
by deaconred | 2016-12-01 00:00 | Rock(70年代) | Trackback | Comments(0)

Rikki Don't Lose That Number

たまたま発見しました。
ジェフ”スカンク”バクスター!

なんだか最近では軍事関係のお仕事もされているとのことですが、良いギター、弾いていますねぇ~



[PR]
by deaconred | 2016-11-30 00:00 | Rock(70年代) | Trackback | Comments(0)

Concerto Grosso I

イタリアのロックよりConcerto Grosso Iを。

なんというか、クラシックとロックの融合と言ってしまえばそれまでなんですが・・・
まさかこの名曲のライブ盤を見ることができるなんて夢にも思いませんでした。

ハムレットの有名な「生きるべきか死ぬべきか」が印象的。

ギターとバイオリンの競演なんかもアレアやマウロ・パガーニを思い出してしまいますね。



[PR]
by deaconred | 2016-11-29 00:00 | Rock(70年代) | Trackback | Comments(0)

ハイサイおじさん

これぞ、音楽の力。


喜納昌吉&チャンプルーズ - ハイサイおじさん




↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-07-25 23:54 | Rock(70年代) | Trackback | Comments(2)

Cometa Rossa

すっかり、クラフトワークばかりに気をとられていましたが、このジャケット忘れていました。


楽曲的には、1曲目の「赤い彗星」がかっこよすぎ。


なんとなく本当に「赤い彗星」って感じです。


歌詞が印象的だったな、と思い検索してみると、このブログがヒットしました^^;


改めて・・・


私の唇を開いて欲しい
優しく開いてみて欲しい
この気持ちを何とか出来ないか
彗星よ、預言者達を黙らせてくれ
彗星よ、おまえも、何も言わずに
ここから立ち去ってくれ
この私が、自由を手に出来るよう
その願いを叶えて欲しい



自由って難しいですよね。結局は「自由になりたい!」ということ言っていい「自由」ということなんだと思います。


areaでCometa Rossa


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-07-22 22:00 | Rock(70年代) | Trackback | Comments(0)

Born Ugly

初めて聴いたときは、あまりにも計算尽くされているような気がして、好きになれない自分がいました。


プログレと分類したときに、予定調和なのか、即興なのか、その辺りが整理しきれなかったのだろうな、なんて思います。


ソフト・マシーンやアレアなんかと比べても「綺麗過ぎる」といった感じに捉えていたのでしょう。


しかし、しっかり聞き込んでいくと(というかもう10年以上になりますが^^;)その凄さには圧倒されています。


特に80年代のポップなフィル・コリンズを知っていると、彼のドラマーとしての才能についてあまり意識したことありませんでした。


あわせてパーシー・ジョーンズのベースも神の領域。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-07-19 23:00 | Rock(70年代) | Trackback | Comments(0)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る