カテゴリ:Rock(80年代)( 62 )

「The Nightfly」180グラム高音質盤LPで再発

はぁ・・・


相変わらずのファン失格。たまたま見つけてしまったのですが、こんなものがリリースされているではありませんか!


ドナルド・フェイゲンの『The Nightfly』が180グラム高音質盤LPで再発!(米国版のみ)


なーんとLPでの再発ですよ。


しかもよく分かりませんが、とんでもなく高音質らしい・・・。


そして欲しい・・・。


勿論、The NightflyのLP持っています。というかCDもありますし、SACDもBOXもあります。


それでも欲しい・・・。


このLPの内容検索していると、ちょっと前に気になっていた24bit/96kHzの高音質音源での「The Nightfly」はとんでもない高音質だそうです。


合わせて気になるじゃないですか・・・。


うーむ、どうしたものか・・・(^^; The Nightfly聴いて考えます。









↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-06-28 23:25 | Rock(80年代)

リキの電話番号

日本を代表するスタジオ系ギタリスト、大村憲司のアルバム「外人天国 -Gaijin Heaven」よりSteely danのカバー、リキの電話番号を。


Steely danのオリジナルは言うまでもなくホレス・シルバーのSong for my Father。イントリだけですけどね。


編曲やアレンジが巧みな大村さんなので、アレンジが巧みですよね。ベースの動きが斬新でした。


Steely danのカバーって色々聞きましたが、これは秀逸だと思います。


コーラスの吉田美奈子が凄くいい感じです。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-06-27 23:55 | Rock(80年代)

JOJO

音楽の「質」ということを考えたとき、一つの答えとして


「繰り返し聴くことができる」


というものがあると思います。


繰り返し聞ける音楽には、人を魅了する何か”本物”な点が必ずあると思うのです。


少し、前からこの繰り返し聴ける音楽の本質について考えているのですが、多分楽器の上手さなどは構成要素の一つにしか過ぎず、もっと別のところに何かがあるのではないでしょうか


今日はボズ・スキャッグスの音楽を聴いていましたが、やぱっり質の高い音楽だな、と再認識。


とにかく、さりげなく上手い。飾らない。目立たない。


それでいて、とても上手く、非常に飾っていて、特徴的。


となんだか禅問答みたいな感想です。


JOJOを聴いていて、フレーズが呼応するタイミングや、ベースの間の取り方なんかを聞いていると、凄いな、という一言です。


4泊目から1泊目に向かうそのフレーズ、リズム感、注目してください。


学生時代は高田純次にしか見えなかったボズ・スキャッグスでJOJO


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-06-12 21:56 | Rock(80年代)

Moonlight Shadow

帰り道で月を見ながら聴いていた1曲を。


マイク・オールドフィールドの音楽は英国を実に見事に描いているといつも感じます。


この曲でボーカルを務めるのはスコットランドのマギー・ライリー。


彼女の発音などが関係しているかも知れませんが、とにかくこの英国臭さが好きです。


決してイギリスではなく、英国なのです。


マイク・オールドフィールドの独特のタイム間のギターもまたよし。


この曲はやっぱり夜に聞くのが良いです。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-06-01 23:45 | Rock(80年代)

水の星へ愛をこめて

YoutubeのTOPになぜかこの動画があって思わずクリックしてしまいました。


水の星へ愛をこめて、言うまでもなくZガンダムの第24話 - 第50話の主題歌ですね。


歌は森口博子、作曲はあの二ール・セダカなんですよね。


この頃のアニメソングは名曲が多いと思うのですが、その理由を改めて考えてみると、伝えたい「主題」がしっかりしている、ということではないかと思うのです。


改めて「水の星へ愛をこめて」を聞いてみるとアニメを通して伝えたいことの意図が”音楽”として表現されていると思います。


あらゆる分野で、伝えたいテーマを持つ、ということは本当に大切だと思います。


そう思って改めて2012年の音楽を聴いてみると、音楽を創る”理由”が良く分からないように思えてきました^^;


それはさておき、この名曲を聴いてみます。



2009年のライブ版があって聴いてみましたが、すごい歌唱力ですよね。驚きです。素晴らしいの一言です。


なぜか中国語の字幕があるのですが^^;


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-05-12 23:22 | Rock(80年代)

U.T.

この頃のYMOが一番好きですかね。


今日は一日中「BGM」を聴きながら仕事していました。


どうも、えー司会の細野晴臣です。出演はイエローマジックオーケ­ストラの高橋幸宏さんと坂本龍一さんです。どうも、どうも、どう­も。
まず高橋さんから伺いますけど、UTという言葉をご存じ?
え­ーYTなら知っていますがUTというのは初めて聞きました。そう­ですか。
じゃ坂本さん、UTというのはどういう意味?
はい、それ­は超地球的存在です。そうですか。
ところでこの曲の高橋さんのド­ラムすごいですね。えーすごいです。
ほー、じゃBGMのこの曲お­聞きになりますか?
ま・さ・か



その名のとおり、BGMです。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-05-10 23:59 | Rock(80年代)

Roam

ハーモニーについて考えたとき、音程的に共鳴することと、声質の共鳴が必要なんだな、ということを最近あらためて感じています。


そういう意味で、男性1名、女性2名のボーカルの「混ざりぐあい」が個人的に凄く気持ちいいのがB52'sですね。


聴けば聴くほど、しっかりしたバンドで、ロックロブスターの時代からは音楽的昇華はとても想像できませんでした。


ただ、PVはどこまでも80年代ですね(笑)


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-04-16 23:48 | Rock(80年代)

You Suffer

今日はきわめて文化的に充実した一日でした。


ただ、珍しくその方向性が音楽ではありませんでした。


今日は音楽っぽい話題はあまり思いつかないので、ギネス認定の世界で最も短い曲をお送りします(笑)


ナパームデスでYou Suffer


ギネスには1.316秒と記録されているそうです。


歌詞は“You Suffer But Why?”(お前は苦しむ、しかし何故だ?)と歌っているそうです。


ではどうぞ(笑)


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-04-13 23:55 | Rock(80年代)

Relax (Don't Do It)

ブログを上げていると連鎖的に音ネタを聞きたくなることが大いにあります。


ZTTについて書いたので、連日ZTTばかり聴いています。


本日はZTTというよりは80年代の問題作、Frankie Goes To HollywoodでRelax (Don't Do It)です。


聴いてみると多分聴いたことのあるこの曲は、SM行為を描写した歌詞内容や排尿音などが問題となり、多くの国で放送禁止となりました。


それでも大ヒットしたということは、楽曲が素晴らしいということなのか、それともそういう時代だったのか、83年はまだ子供だったので分かりません^^;


今聞いてみると、あまりサンプリングが多様されているようにか聞こえず、結構モダンに感じます。


名曲は時代を超えるってやつなのでしょうか?


曲の背景を知ってから改めて聴くと全然リラックスはできなくなっていましたが^^;


PVを見るとベース、叩きすぎでした(笑


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-03-26 22:55 | Rock(80年代)

Video Killed the Radio Star

今晩はちょっとリクエストがあってこの曲を再度ご紹介です。


ビデオがラジオスターを殺した、という皮肉をMTVでバンバン流していた名曲 Video killed the Radiostarです。


バグルズと言えば、もうトレヴァー・ホーンしか頭に残っていません。


YESの再結成や、ZTTレコード、タトゥのプロデュース等どこまでも多彩な人です。


最近ではPET SHOP BOYSの作品も手掛けたりして、すごく仕事あるなぁ~と感心してしまいます。


そんな彼の代表曲といっていいのが、この Video killed the Radiostarラジオスターの悲劇ですね。


今では Internet killed the Videostarになるのでしょうか?^^;


このサウンドはバリバリ80年代ですが、改めて聞いてみるとどこまでもポップでキラキラですよね。


ライブの映像貼っておきますが、この直立不動な感じ、これこそテクノポップと言えるのではないでしょうか(笑)
あの女性3人組にも見習ってほしい感じです^^;

ちなみに2004年にチャリティの一環で再結成したときのライブもありました。
この時はちょと動いていますが、ベースの弾き方がある意味直立不動^^;
あんなにベースを高い位置で弾く人を久しぶりに見ました^^;


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-03-21 23:00 | Rock(80年代)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る