カテゴリ:Rock(90年代)( 66 )

Josie (live TV 1995)

昨日、ターンテーブルを導入したので、早速色々と聞いてみました。


地球は1分間に33回転の速さで回っている、と言われている通り、レコードには回転数があるわけですが、どうもAJAを聞いた時にCDで聞くときより、テンポが遅い、と感じました。


音楽の能力の一つに”絶対音感”というのがあります。併せて”相対音感”というのがあります。
(実際は絶対音感より相対音感が大切、とも言われていますよね)


その音感と同様にリズム、テンポにおいても”絶対リズム感”というのがあるそうです。
(正確な名前は忘れました)


演奏中にBPM120だな、とか感じるわけですよね。


その3つ全てを持っていると思われる天才の一人にドナルド・フェイゲンはレコーディングに置いて絶対リズム感を駆使して名曲を録音してきたようです。


ガウチョあたりでは、正確なビート追求しすぎてかなり初期段階のドラムマシーンを導入していますしね。


さて、今日LPでAJA聞いてもっとも違和感があったのが、Deacon BluesとJosieですね。
ともにレコードのA面、B面の最後の曲です。
円盤ということから録音スペースがどんどん小さくなってくることと関係があるのでしょうか?
聞きなれた曲だから感じたのでしょうか??
どちらにしても、テンポを調整して聞いてみました。


今晩は1995年の復活時に出演していたTV番組よりJosieを。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-03-11 23:54 | Rock(90年代) | Trackback | Comments(0)

Your Funny Uncle

今日は一日ダメな日でした。


精神的ストレスからのイライラ感満載で、仕事も集中できず、音楽も聴きたい気分になれません。


コントロールの難しさ、自制の難しさを痛感しております。


こんな夜は寝ます。


真っ暗の部屋で、お気に入りのライブ映像を見ながら眠りにつきます。


これは1991年のライブ。


役者がたくさん出てきてミュージカルっぽく演出したこのライブはロックのライブに違うアプローチをしたと思っています。


VHSでも買いましたし、DVDでも買いました。


今見ても涙が出そうになります・・・。


クリスなんて寝ているだけですよね(笑


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-03-06 23:26 | Rock(90年代) | Trackback | Comments(0)

Steely Dan on Bernard Purdie (the Purdie Shuffle)

レイドバック、やっぱり言語化するのは難しいのでしょうか?^^;


昨日から引き続き考えているのですが、とりあえず、点ではなく面で捕らえるということのような気がします。


音の音の”間”を感じる


これがレイドバックへの第一歩のような気がします。


次の小節の頭に音を出すためには、4小節目のお尻を感じること!ということなのかもしれません。


まだまだ曖昧だな・・・^^;


ということで参考になるかもしれない動画を。


Purdie Shuffleです(笑)


いつ観てもプリティだなぁ~^^


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-03-03 22:23 | Rock(90年代) | Trackback | Comments(0)

Sex sleep eat drink dream

資料完成・・・・。

とにかく寝ます。

5時間は眠れる・・・。

おやすみなさい・・・。

子守唄です。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-01-31 23:58 | Rock(90年代) | Trackback | Comments(0)

Molly's Lips

出張先で、取引先の方と一緒に飲みました。

その方の友人が合流したのですが、音楽業界の人だったため、音楽の話でかなり盛り上がりました。

たまたまニルバーナの話になって、そういえば私もCD数枚持っていたな~と思いだしてから脳内でリピート再生中です。

今晩はニルバーナでMolly's Lips

この曲は未発表集に収録されていた曲で、ヴァセリンズのカバーですね。

久々に聴くと、こんなに短い曲だったかな?と。

でもいい感じですね~当時は中学生ぐらいだったか、なんか淡い気持ちになりました。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-01-12 23:52 | Rock(90年代) | Trackback | Comments(0)

SET

[ダカール 3日 ロイター] セネガル出身のグラミー賞受賞歌手、ユッスー・ンドゥール氏が、2月26日に行われるセネガル大統領選への出馬意向を表明した。現職のアブドゥラエ・ワッド大統領に挑むことになる。

このニュース、ちょっと驚きました。

世界的アーティスト、ユッスー・ンドゥールの出馬です。

久々に彼の名前をネットで見たので、彼の音楽を聴いてみたいと思います。

一番のお気に入りは1990年に発表した「SET」です。

日本ではホンダのステップワゴンのCMで歌っているのが有名ですかね。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-01-04 21:49 | Rock(90年代) | Trackback | Comments(0)

Jazz (We've Got)

Jazz (We've Got)

新しいジャズについて考えてみると、そもそもジャズにとって”進化”する要素が何なのかについて考えてしまいます。

すでに新しいものを生み出せない世界で、破壊と再構築を繰り返さないといけないのでしょうか・・・

ヒップホップとジャズは遠からず。

かなりナチュラルにあの曲のテーマが聞こえてきます。

We've Got JAZZ


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2011-12-01 22:48 | Rock(90年代) | Trackback | Comments(0)

Thunderstruck

ブログにヘッダーが表示されている・・・・。。。


と、そんなことは置いておいて、今晩は久々に聞いたら涙出てきたシリーズです。

AC/DC

超メジャーですよね。

実は10代の頃、かなり聞いていたのですが、ずーーーーっと聞き返すことなく、今晩聞き直したら泣けました。

アンガスはやっぱり偉大です。

改めて聴いてみると凄くいいバンドですよね。

一番好きだったのはThunderstruckですね。

途中からの疾走感が好きです。

ブルースをより理解して聴くと、音楽的仕掛けが色々と聞き取れて斬新でした。

やっぱりロックの根底にはブルースが流れていますね。

ちょっとこっち系の音楽は聴いていなかったので、久々に聴きなおすのも良いかな、と。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2011-11-17 23:55 | Rock(90年代) | Trackback | Comments(0)

Twiggy Twiggy

今年ももうあと2ヶ月!(早い)

今年は何をやってきたんだ!?と焦っている10月最後の日。

ブログ関係で言うと、実は記事書きかけの下書きが何件もあったりします^^;

その中でももっとも書きたかったのが今年の5月に発売されていた小西さんのソロアルバム。

まだ書きたいことが頭の中でグルグルしているので、今日もまだ下書きのまま^^;

来年の5月までには書きたいです(オイ

そんなわけで、今晩は最近聞いたピチカートから1曲。

元ネタは野宮さんがアイドル!?だった頃のソロアルバムより。

確か、過去に何かで読んだところによると、この曲のアレンジで小西さんは自分の音楽に自信が持てたとか。

インプットも凄いが、アウトプットも凄い。

その間の記憶や制御までも凄い。

モザイクのようなその頭の中を一度、覗いてみたい。

収録されていたアルバムは「女性上位時代」。

細野さんの楽曲のカバーがあったり、個人的には大好きなアルバムでした。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2011-10-31 23:53 | Rock(90年代) | Trackback | Comments(0)

恋の極楽特急

個人的に1990年代の隠れた名盤より愛聴している曲を。

今年の夏にネタにしようと思っていたのですが、動画が削除されてしまっており先送り。

動画が復活していたのであげて見ます。

とにかくなかなか解決しないコードとコーラスのベースラインの疾走感が快感。

彼女の歌声はフラットフラット気味なのでこういう曲調はよく合います。

個人的にはこのフォーマットから新たな展開が聞けず、アルバム3枚買ってあまり新しい音楽に興味を失いました。

そんな感じでデビューアルバムは今でもヘビロテ。

なぜか夜道を歩くときに聴きたくなるんですよね。



↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2011-10-02 22:44 | Rock(90年代) | Trackback | Comments(0)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る