カテゴリ:BossaNova( 44 )

ELIS REGINA no Festival de Montreux

動くエリス・レジーナに感動…。
魂が震えます…。




[PR]
by deaconred | 2016-12-02 00:00 | BossaNova | Trackback | Comments(0)

Manha Do Carnaval

今晩はなぜかギターが聴きたくてギターばかり聴いています。


エレキではなく、アコースティックな音を身体が求めているようです。


最終的に行き着いたのが、バーデン・パウエルでした。


何度か聴いていると涙がこぼれそうになりました。


もしそんな人生が許されるのであれば、暗い地下室でタバコを燻らせながら、静かにギターを弾いて見たいです。


1970年ごろのバーデン・パウエルはどこか哲学的。


ギターと向き合う表情は音楽家ではなく哲学者のように見えます。


彼の思想が1音、1音に込められており、私の魂を揺さぶります。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-06-16 22:39 | BossaNova | Trackback | Comments(2)

Samba do Avião

集団の成熟、なんかそんなことを考えさせられるサッカーの試合でした。


俄然、ブラジル大会に期待してしまいます。


なんなら勢いでブラジル行きたくなってしまいますよね。


もし、ブラジルに行くことがあれば、飛行機でのBGMはこれに決まりです。


ジェット機のサンバ。


どのアレンジ聞いても素敵なのは原曲の素晴らしさゆえなのでしょう。


今晩は、ミューズ、ナラ・レオンで。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-06-08 23:05 | BossaNova | Trackback | Comments(0)

Bettina

ギターという楽器に憧れて、少し天気の荒れている初夏の夜にブラジリアン・ギターを。


単純に”日本人は哀愁が好き”ということを抜きにしても素晴らしい演奏。


ギターという楽器はなんと表情豊かなんだろう・・・と改めて嫉妬してしまう演奏です。


ジャケットも秀逸。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-05-17 21:24 | BossaNova | Trackback | Comments(0)

Elis Regina - Wave

ボサノヴァに魅了された瞬間というのを、あえて挙げるとするとこの演奏なのかもしれません。


と、言いながらもトゥーツ・シールマンスのハーモニカの素晴らしさについても語られなければならない曲ですが・・・。


エリスの歌は、エリスの人生観そのものが”音楽”なんだろうな、と感じます。その価値観がボサノヴァというフォーマットの上で、最大限に発揮され、数々の名演を生んだのかもしれません。


つまりは音楽の神に愛された人生、と言えると思います。


そこにトゥーツ・シールマンスのハーモニカが加わり、この曲をはじめて聴いたときの衝撃は忘れません。


ヴァースでのハーモニカのソロは、もう即興とは思えないぐらい、”歌って”います。


こんな演奏、一度で良いので体験してみたいものです。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-05-15 23:18 | BossaNova | Trackback | Comments(0)

Tristeza (Goodbye Sadness)

音楽に詳しい知り合いとボサノヴァについて語ってきました。


結局、ボサノヴァとはどういう音楽なのか?


ということをゴールにしたかったのですが、なかなかそこには至りませんよね。


サンバやショーロなどの要素から発展したことを考えたとき、あのリズムはいったい何?


というところかTristezaの話になったりして、でもあの曲はスルドが大きなビート出しているけど、その上で打楽器は細かいリズム出しているし、みたいな話でグルグル回って・・・^^;


やっぱり複数のリズムを操れる民族の音楽は難しいです^^;


そういう意味で、今晩はTristeza (Goodbye Sadness)を。


セルジオ・メンデスで聴くと、こりゃサンバだなぁ~


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-05-11 23:55 | BossaNova | Trackback | Comments(0)

Samba do aviao - Antonio Carlos Jobin in Japan

この演奏以外、なにも必要ないですね。


ただそこにある音楽を。

Piano,Vocal - Antonio Carlos Jobin
Voval - Ana Lontra Jobin
Elizabeth Jobin Maúch Adnet
Simone Caymmi
Paura Morelenbaum
Flute - Danilo Caymmi
Gutar - Paulo Jobin
Cello - Jaques Morelenbaum
Bass - Sebastiãn Neto
Drums - Paulinho Braga


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-05-08 22:39 | BossaNova | Trackback | Comments(0)

Mais Feliz

明日から上半期でちょっと重たい仕事が始まります。


気合を入れて髪も切ってきました。


新しいYシャツも買いました。


あと少しだけ準備が残っています^^;


体調もちょっとまだ疲れが溜まっている感じです。


ただ、心は平穏に。


音楽の英才教育、今晩はでBebel Gilbertoを聞いて開放します。


父はジョアンジルベルト、母はミウシャですからね。毛並みが違いすぎます。


普通に上手い、というか上質な音楽ですね。


Bebel GilbertoでMais Feliz


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-04-24 23:48 | BossaNova | Trackback | Comments(0)

Patapatapata

休日出勤した夜は暗闇でゆっくり音楽を聴きたい気分。


ミニマムな構成のバンドとギターを抱えた男と。


そこから紡ぎだす音楽にただ、身体を寄り添いたい気分。


冒頭の”パタパタ”が妙に耳になじんでからは心地よくてたまらないスキャット。


ふざけていないのにふざけているように聞こえてしまいます。


さて、残りの仕事を仕上げて早めに寝るようにします。


パタタタタ・・・・


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-04-22 22:51 | BossaNova | Trackback | Comments(2)

Elis Regina - How Insensitive

BossaNova聞くならぜひとも聞いてほしいアーティスト、エリス・レジーナが没後30年ということで、どどーんとBOXセットが出るようです。

2セットで約4万円~^^;

f0062463_1747093.jpg
そりゃ欲しいですけどこれはちょっと手が出ないかなと^^;


特にライブ系や未発表集は聴いてみたいな・・・。


確か、彼女に出会ったのは19歳ぐらいの頃だったと思いますが、その頃はまた暦的名盤であるElis Regina in LondonがまだCDで簡単に入手できず、LPが数万のプレミアついているという状況だと聞いていました。


それがある日、某ショップにて輸入版CDを発見したときにの驚きは未だに忘れません。


そして、その内容の素晴らしさに感動したことも忘れません。


歌姫とかそういう概念にまったく興味がないのですが、彼女の歌は多くの人に聞いてほしいと思います。
(でもBOXは手が出ない^^;)


今晩はElis Regina in LondonよりHow Insensitiveを。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-03-18 23:12 | BossaNova | Trackback | Comments(0)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る