<   2006年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

KRAFTWERK2

物を売るには色々な手段がありますがネーミングというのは非常に重要な要素の一つでしょう。
某製薬会社の「そのまますぎる」ネーミングに毎回度肝を抜かれます。

そもそも表音文字と表意文字ではその成り立ちや重みが違ってくるように感じます。
日本人でも知っている「名は体を表す」と言う言葉は中国の思想家荀子の言葉でまさに表意文字の真髄を表現している言葉と言えるでしょう。

芸術の分野でも映画のタイトル、バンド名、曲名、作品名などネーミングは大切です。
最もやってはいけないのは「~2」などのタイトルでしょうか?

f0062463_22532033.jpg
******************************************************
KRAFTWERK2
(1971年作品)

1.KLINGKLANG
2.ATEM
3.STROM
4.SPULE 4
5.WELLENLAENGE
6.HARMONIKA

******************************************************

→前回のブログに引き続きKRAFTWERKの初期作品を。
セカンドアルバムのタイトルは「KRAFTWERK2」・・・^^;
やってしまいましたね。

ジャケットもファーストの赤を緑にしただけ・・・。オリジナルではKRAFTWERKの後に「2」が憑いているはずなのですがこの再発盤では削除されています。
いやーやっちゃっています。

中身は前作の前衛的な音作りから若干、テクノらしい音になっています。それでも聞くのはなかなか辛いですね。
中でも注目すべきは後の諸作品を発売するプロダクトとして使っている1.KLINGKLANG という曲がある点ですね。KRAFTWERKのライブDVDをお持ちの方は最初をご覧下さい。KLINGKLANGの文字を見ることが出来ます。
また彼らの作業するスタジオの名前もKLINGKLANGだったと記憶しています。
この曲は約18分あり最初がフリーなノイズ、そして途中からアンビエント的な音に変化します。
2.ATEMは「呼吸」という意味だそうで中身はただ「スーハースーハー」と言っているだけ。呼吸というよりむしろオジサマのイビキに近いです^^;

純粋にKRAFTWERK2となったこの作品・・・まだまだ難解ですね。  
[PR]
by deaconred | 2006-04-25 23:30 | Electoronica | Trackback | Comments(3)

KRAFTWERK

何年も探し求めて出会えなかったCDに突然出会うということがあります。
過去にプログレ系のCDでそういうことが多かったです。

そして先日、また出合ってしまいました。

なんとKRAFTWERKの初期3部作全て・・・
f0062463_20302988.jpg
******************************************************
KRAFTWERK
(1970年作品)

1.RUCKZUCK
2.STRATOVARIUS
3.MEGAHERZ
4.VOM HIMMEL HOCH

******************************************************

→今でもテクノ・シーンのトップを走る(?)巨匠というかもう神であるKRAFTWERKの記念すべきファースト・アルバムです。

私の中でテクノという音楽はテクノという言葉が発明されていない時期に「ブレイン・ロック」(脳みそロック)と呼ばれていた通りロックの一部であり、二元論的表現になりますがメンタルな音楽だという定義です。

そもそもロックの定義の拡大を精神にプログレッシブ・ロックが世界を席巻した時代がありましたがテクノもその一部だというのが私の意見。

KRAFTWERKは今でこそテクノの神になっていますがこのファーストではシンセサイザーを用いることなく限りなく実験的な音楽を展開しています。
むしろ音楽というよりノイズに近い状態ですね(汗)
ただ、この作品で彼らが実験したことが後の作品に影響しているとするなら興味深くは感じます。作品として聴くには苦痛ですが^^;

さらに注目すべきは後のドイツ・テクノ・ソーンを引っ張ったサウンドエンジニア=プロデューサーであるCONNY PLANKが参加していると言う点ですね。この次期のジャーマン・テクノの全ての作品に関わっていると思われる彼の参加がKRAFTWERKのファーストから参加しているというのは重要な事でしょう。

それにしてもこんな作品を発売できた当時の音楽シーンは恵まれていたでしょう。
こんな実験的なものは今の音楽シーンでは自主出版でしか対応できない気がしました。
[PR]
by deaconred | 2006-04-25 20:30 | Electoronica | Trackback | Comments(2)

POEMA ON GUTAR

少し更新に時間がありました^^;

先週から購入したCDを聴き続けています。
そして今日、またCD5枚買ってしまいました・・・止まらない購買欲!
どうしたものでしょう・・・今日仕入れたネタはまた明日以降ご紹介しますm(__)m

今晩はこのギターで行きましょう。
初夏に最高。黒い音楽です。

f0062463_22172541.jpg
******************************************************
CANTO ON GUITAR/BADEN POWELL
(1967年作品)

1.SAMBA EM PRELU´DIO
2.TRES THEMAS DA FE´ AFRO BRASILEIRA
 a.PAI b.FILHO c.ESPI´RITO SANTOL
3.MARCHA ESCOCESA
4.TRIBUTO A UM AMIGO
5.QUA QUARA QUA QUA
6.CEGOS DO NORDESTE

******************************************************

→先週に引き続きBADEN POWELLの作品を。
とにかくBossaNovaを演奏するミュージシャンと言う前に「一人のギタリスト」であり「一人の作曲家」としてのアイデンティティーを持つBADEN POWELLの音楽はとてもBossaNovaの枠には収まりきりません。その音楽はBossaNovaであると言う前にBADEN POWELLにしか作れない独特の音世界があります。
私の中でBADEN POWELLの「傑作」というのはBossaNova的作品ではなくよりBADEN POWELLのドロドロとした作品だと感じています。
この作品はまさにそのドロドロとした一面を感じることが出来る作品ですね。

この作品で注目すべきは新しいアプローチとして即興を取り入れている点です。曲の構成のみを決めて即興を重視しているのはJazzの影響でしょうか?非常に高い次元の即興を堪能できます。
常々BADEN POWELLの音楽を聴いて感じるのですが、ギターで演奏するフレーズをスキャットで歌っているのがすごいです。と言うことは絶対音感を持っていたのでしょう・・・口で歌えるフレーズは楽器で弾ける・・・黒人と同じ理論です。私には無理^^;

まず圧倒されるのは3つのテーマから構成させる組曲2.TRES THEMAS DA FE´ AFROです。テーマを組曲で表現するという点で既にBossaNovaの枠を超えています。最近の研究でBossaNovaはサンバとジャズの融合ではなく、近代フランス音楽の影響が強いという指摘がありますが(実際、TOM JOBIMは近代フラン音楽の研究家でした)組曲構成というのはその影響なのかも知れません。

BADEN POWELLの超絶ギターテクニックを聴けるのが3.MARCHA ESCOCESAです。なんとこの曲はスコットランドのバグパイプをギターで表現してしまった驚異の曲。BADEN POWELLがテクニシャンであるのは周知の事実であまり書かれませんが、本当に上手すぎです。
パーカッションとの掛け合いが楽しいのが5.QUA QUARA QUA QUAです。その作品のなかで最もBossaNova的な曲でご機嫌になってしまいます。

それにしてもBADEN POWELL、恐るべきミュージシャンです。聞けば聞くほどその魔力にやられていきます。この音世界は確実に音楽の神様に支配されないと体験できないでしょう。

amazonへ。
[PR]
by deaconred | 2006-04-24 23:30 | BossaNova | Trackback | Comments(4)

HORACE SILVER TRIO

今般のLivedoor関係の騒動で会社は誰のものか?なんて議論が出ています。
TOBがこんなに一般的になるとは思いませんでしたが、いち阪神タイガースファンとしてはあのファンドの買収にちょっと心配しております。
あの私鉄に売るなんて・・・そんな時代なんですかね・・・

まぁそんなことを置いておいて私は普通の阪神タイガースファンです。
なぜ阪神ファンか?と聞かれても、答えはないです。生活の一部なので(笑)
今は調子が悪いタイガースですがなんとか浮上のキッカケをつかんでください。

野球を見ていると結構感情移入してみてしまいます。
特に満塁でフルカウントなんてドキドキしますよね?

f0062463_11545185.jpg
**************************************************
HORACE SILVER TRIO/HORACE SILVER
(1953年作品)

HORACE SILVER:pf
GENEN RAMEY,CURLY RUSSELL,PERCY HEATH:b
ART BLAKEY,SABU:ds

1.HOROSCOPE
2.SAFARI
3.THOU SWELL
4.QUICKSILVER
5.ECAROH
6.YEAH
7.KNOWLEDGE BOX
8.PRELUDE TO A KISS
9.I REMEMBER YOU
10.OPUS DE FUNK
11.DAY IN, DAY OUT
12.SILVERWARE
13.HOW ABOUT YOU
14.BUHAINA
15.MESSAGE FROM KENYA
16.NOTHING BUT THE SOUL

**************************************************

→フルカウントといえばこの作品。
このジャケットは何を意味しているかお分かりでしょうか?
そう、フルカウントです。アンパイヤの真似をしています。

この作品は経営が悪化したブルー・ノートが起死回生で発表した作品で、空振りで倒産かホームランで復活か?という状況で見事ヒットしたそうです。
まさに企業のフルカウントです(笑)

HORACE SILVERはモダン・ジャズとブルー・ノートに大きな功績を残したピアニストと言えるでしょう。後に「ファンクの説教師」「ファンクの権化」と称されるそのスタイルは後世のピアニストに大きな影響を与えています。
基本的にHORACE SILVERはテナー・サックスとトランペットの2管をフロントに向かえクインテッドでの演奏が多いのですが、この作品はピアノ・トリオ形態になっています。
ドラムは後にHORACE SILVERとともにJAZZ MESSENGERSを結成するART BLAKEYを迎えていますね。MESSEMGERSでは音楽性の違い(宗教の違いとも言われています)で別の道を歩むことになるHORACE SILVERとART BLAKEYのコンビを聞ける貴重な一枚と言えるかもしれません。
ただ、この作品が普通のピアノ・トリオで終わらないのがブルー・ノートたる所以、後半ではコンガの巨匠、SABUをドラムに迎えているから驚きです。(後にブルー・ノートはSABUの名義でパーッション中心の作品を制作しています)

さて曲ですが、後のHORACE SILVERの名演として知られる1.HOROSCOPE、2.SAFARIなどが演奏されています。合わせて時代の影響でしょう8.PRELUDE TO A KISS、9.I REMEMBER YOU、13.HOW ABOUT YOUなどのスタンダードにも取り組んでいるのが興味深いです。この時代のSILVERはファンクの影は全くなく、バップに忠実なピアノを弾いています。そんな一面を見れるのも興味深いですね。

実はこの作品は同じデザインで青色のバージョンもあります。合わせて所有して壁などにジャケットを飾りたくないますね。

東芝EMIへ
[PR]
by deaconred | 2006-04-20 20:00 | Jazz | Trackback | Comments(4)

FINGER KEEPERS

なんだか変なこと書きますが「視線」を感じるときがあります。
人の視線ではなく、物の視線です。

よくCD屋に行くのですが、目的もなくただふらっと店内を歩いていると「視線」を感じて振り返ってみると好みのCDと出会うのです。
そうやって出合ったCDは数知れず・・・

先日も視線を感じて購入した一枚、もうメロメロです。

f0062463_11361357.jpg
**************************************************
FINGER KEEPERS/SALT WATER TAFFY
(1967年作品)

1.FINDERS KEEPERS
2.WHENCE I MAKE THEE MINE
3.THE GIRL IS BROKE
4.I'LL ALWAYS BE TRUE TO YOU
5.HE'S STILL IN MY HEART
6.YOU baby
7.STICKS&STONE
8.SOMETHING TO LIVE FOR
9.SUDDENLY I SEE
10.LOVE DON'T KEEP ME WAITING
11.HE'LL PAY
12.I'LL GET ALONG SOMEHOW

******************************************************

→正直、最初のイントロでノック・アウトしてしまうほどのストライクでした。しかしそのストライクが160キロのストレートではなく、スライダーが外角の低めに決まったストライク。そんな感じでやられてしまったCDでした。

そもそも渋谷系の音楽を聴くものとしてSALT WATER TAFFYの名は有名で私自身もその名を知ってはいたのですがいきなり出会ってしまったから驚きです。
しかも全体を通して聴くと私の好きな某渋谷系バンドはこのSALT WATER TAFFYからパクっているではないですか!(爆死)

60年代Rockの特徴としてサイケデリックやインド哲学などの影響や傾倒が見られますが、ソフト・ロックと呼ばれる諸作品にもこの傾向は見られます。それでいてこの時代特有の女性コーラスやホーン・アレンジでどこまでもポップな点が憎いですね。
さらにおなじみの世界紀行的音つくりでSoulやBossaNova調の曲も含まれているのが印象的です。
ただ全体的に音が氾濫している感じがあり、それはジャケットにも現れていますね。若干ですがうるさい部分があります。

それを差し引いても何と言っても1.FINDERS KEEPERSが素晴らしいですね。本当に最初のイントロでノックアウト。この数秒がこの作品の全てを物語っていると言えます。
うーん、それにしてもいい出会いをしました。

amazonへ。
[PR]
by deaconred | 2006-04-18 19:00 | Rock(60年代) | Trackback | Comments(3)

POEMA ON GUTAR

情報化時代といえ、情報を集めるより現場に出向くのが一番良い!ということで月に1度はCD屋に行きます。

先日もふらっと寄ったのですが、この春はBossaNovaが熱かったです。
BossaNovaのカタログを豊富にもつUNIVERSALMUSICがBossaNovaキャンペーンを始めていました。

思わず購入。夏になるとBossaNovaコーナーは若い女性でごったがえすのでこの時期の購入がオススメです(笑)

f0062463_1858209.jpg
******************************************************
POEMA ON GUTAR/BADEN POWELL
(1967年作品)

1.FEIINHA PRO POETA
2.DINDI
3.CONSOLACAO
4.TRISTEZA E SOLIDAO
5.SAMBA TRISTE
6.EURIDICE(from Orfeo Negro)
7.ALL THE THINGS YOU ARE
8.REZA

******************************************************

→1967年にベルリン・ジャズ・デイズ出演後に録音された、ヨーロッパのジャズ・ミュージシャンとの共演盤。BossaNovaの偉大な詩人で外交官のVINICIUS DE MORAESへのトリビュート作です。VINICIUS DE MORAESは「イパネマの娘」の作詞家として有名ですね。BADEN POWELLとVINICIUS DE MORAESはBADENのオリジナルの中で最も有名な「BERIMBAU」を共作しています。

最初に聴いた感想としては「録音が良い」ということでした。ジャズ系のミュージシャンとの共演ということもあってかベースの音が素晴らしいです。欧州独特の「きらきら」とした録音ですね。
プロデューサーがドイツの有名なジャズ評論家ということで妙に納得。。
あわせて選曲もBossaNovaとJazzからの選曲ということで親しみやすいですね。

驚いたのはスタンダードナンバーとして大好きな7.ALL THE THINGS YOU AREです。どんあ形態のJazzでも演奏されるこの曲をBossaNovaのリズムに乗せたアレンジに驚きました。それでいてしっかりとJazz特有の和音の感覚が残っているから凄いです。

BADEN POWELLの音楽は正直、乗っているときの乗っていないときの佐賀激しく、中には駄作とされる作品が多いのですが60年代の作品はハズレが少ないですね。
残念ながらジャケットはアウトですが、Jazz的アプローチでBADEN POWELLを楽しめる一枚だと言えます。

amazonへ。
[PR]
by deaconred | 2006-04-16 19:00 | BossaNova | Trackback | Comments(8)

THE SECRET LIFE OF HARPERS BIZARRE

音楽と映画なら音楽のほうが好きですが人並みに映画も好きで、学生時代はマニアックな作品を随分と見たものです。

音楽と映画の関係ということを考えると、奥が深くてとても私ごときでは話にならないな・・と思います。作品の中には「映画のような音楽」もあれば「音楽のような映画」というものがありますね。

今日は「映画のような音楽」を聴いてみましょう。歴史的名盤。死ぬまで愛します。

f0062463_23115753.jpg
******************************************************
THE SECRET LIFE OF HARPERS BIZARRE/HARPERS BIRPERS
(1968年作品)

1.LOOK UP THE RAINBOW
2.BATTLE OF NEW ORLEANS
3.WHEN I WAS A COWBOY
4.SENTIMENTAL JOURNEY
5.LAS MANANITAS
6.MEDLEY:BYE BYE BYE/VINE STREET
7.ME,JAPANESE BOY
8.I'LL BUILD A STAIRWAY TO PARADISE
9.GREEN APPLE TREE
10.SIT DOWN YOU'RE ROCKING THE BOAT
11.I LOVE YOU,MAMA
12.FUNNY HOW LOVE CAN BE
13.MAD
14.LOOK UP THE RAINBOW
15.THE DRIFTER

******************************************************

→自分の死ぬときなんて全く想像もできませんが、棺おけに数枚、愛聴盤を入れてもらうなら間違いなく入れてもらいたい愛聴盤。
あまり知られていない(?)作品ですが、是非音楽好きの皆様に聴いて頂きたい歴史的名盤です。

60年代のロックの中にソフト・ロックというジャンルがあります。そのソフト・ロックの中には「バーバンク・ミュージック」という名で知られる音楽があります。これはワーナーの本社があったバーバンクにちなんでおり、この作品はバーバンク・ミュージックの至宝と言えるでしょう。

それにしても60年代という時代はロックにとって最も環境がよかった時代ではないでしょうか?70年代のようにドラックに汚染されることもなく、80年代以降の商業主義に汚染させることもなく最も充実した時代だったと思います。
そんな60年代のロックというのは私の中で一種のノスタルジックな一面を持っているのが興味深いです。
メロディがキャッチーでハーモニーもモダン、リズムは単純ながらアレンジ面でその単純さをカバーし一種のピークを迎えていますね。

さらにサイケデリックな感覚や地球紀行的な要素も強く、聞いている間は白昼夢を見ているようでまさに映像的で映画的な要素が強いです。
その巧みな演出を担当しているのはポップ職人のLENNY WARONKER、NICK DeCARO、RON ELLIOTT等・・・人選で既に名盤です(笑)

個人的にはどの曲も愛聴していますが、一番好きなものを選ぶならピチカート・サウンド満載の13.MADです。小西さんの好きそうな感じです。

ジャケットも名作。最高です。LP捜したいですね。
皆様も是非、聴いてみて下さい。

amazonへ。
[PR]
by deaconred | 2006-04-13 23:30 | Rock(60年代) | Trackback | Comments(4)

BIRD

個人的には50年代60年代のJazzをリアルに体験してみたかったです・・・70年代のRockをリアルに体験してみたかったです。

リアルに体験している音楽は80年代と90年代・・・その音楽の意味なんかを時々考えますがどうも90年代についてはなかなかその真実に近づけなかった感じがします。

そこから6年・・・最近、考える90年代という音楽。なんだか見えてきた感じがするのです。

そんなことを考えていたら久々に聴きたくなって昨晩、HDウォークマンに転送したこのCD、本日ヘビー・ローテーションでした。

f0062463_20535724.jpg
******************************************************
bird/bird
(1999年発売)

1.INTRO ~bird's nest~
2.SOULS(Main)
3.空の瞳
4.君の音が聴こえる場所へ
5.DEEP BREATH
6.REALIZE (Main)
7.パズル
8.RAINTERLUDE
9.雨の優しさを
10.BEATS (Original)
11.満ちてゆく唇(Album Swing Mix)
12.約束
13.OUTRO ~greetings from murphy~

******************************************************

→懐かしいbirdのファーストアルバムです。おもいっきり大沢伸一サウンドです。
どうでもいいのですが、birdは私の友人の彼氏がbirdと同じゼミだったという理由でデビュー前から話を聴いており、そんなキッカケで聴いているアーティストです。
日本人アーティストを聴く場合、歌詞は非常に大切な要素ですがbirdの歌詞は好きですね。聞いた話によりますと中原中也の詩などを読んで勉強したそうです。

90年代の音楽を考えるとき、私の中ではどうしてもテクノ系の音楽の爆発的広がりとクラブ・ミュージックのスタイル変化の二点をどう捉えていいのか困ってしまいます。一種の情報の爆発とも言える音の洪水が95年頃から起こり、2000年に向けてその音の脂肪を落とす作業が為されたように感じています。
そういう視点でこの作品を聴いてみるとデジタルの恩恵に頼りながらもアナログ的な「間」を非常に大切にしているように感じます。このようなアプローチがデジタルの余分な脂肪を落として今般のアンビエント、ミニマムへと繋がっているのではないでしょうか?

曲は90年代の後半を象徴するようにブラジルテイストを混入したデジタルポップスです。
2.SOULS(Main)、3.空の瞳、10.BEATS (Original)などはCMなんかにも使用されて有名ですね。
興味深いのは90年代始めに最先端だった(?)アシッド・ジャズの影響か、6.REALIZEはYOUNG DISCIPLESのパクリですね^^;
はやり90年代のアシッド・ジャズはそれなりの影響を残したのですね。
7.パズルはBlues進行の曲でベースラインがトライアドを弾いただけというシンプルなものなのですが非常に凝った作りになっています。久々に聴いてなんだか感動してしまいました。

今は大沢伸一から離れ、結婚(しましたよね?)出産(しましたよね?)を経たbird、今後の活動にも注目していきたいです。

公式サイト。
[PR]
by deaconred | 2006-04-12 23:00 | Rock(other) | Trackback | Comments(4)

BLUES AND THE ABSTRACT TRUTH

子供の頃、レゴブロックやダイヤブロックが好きでした。
あの数種類のパーツから無限の形が生み出せると思うだけでワクワクしたものです。

これを音楽に例えるならパーツに値するのがBLUESでしょう。

凡そ殆どのRock(つまりは古典音楽からの脱却)はBLUESの影響を受けています。

私は昔からBLUESが苦手で、音楽を演奏する上では苦労しました。

「何を弾いても良い」というのはまっさらな紙を渡されて「書け!」と言われているようで難しかったです。

BLUESを理解できると音楽の本質に近づけるのでしょう。
もし「BLUESに真実」があるなら是非とも触れてみたいです。

f0062463_23202121.jpg

******************************************************
BLUES AND THE ABSTRACT TRUTH/OLIVER NELSON
(1961年作品)

OLIVER NELSON:as,ts
ERIC DOLPHY:as,fl
FREDDIE HUBBARD:tp
GEORGE BARROW:bs
BILL EVANS:pf
PAUL CHAMBERS:b
ROY HAYNES:ds

1.STOLEN MOMENTS
2.HOE-DOWN
3.CASCADES
4.YEARNIN'
5.BUTCH AND BUTCH
6.TEENIE'S BLUES

******************************************************

→「ブルースの真実」という邦題で知られたOLIVER NELSONの名作です。
あらゆる角度からBLUESを見つめ、いろいろな角度からBLUESにアプローチし、そして最大限BLUESの魅力を引き出そうとした野心作です。

JazzはBLUESに始まりBLUESに終わる・・・なんて表現をされますがこの言葉は的を得ているでしょう。
12小節という最小限の小節数はシンプルであり底が見えないぐらい深い世界です。基本的にどんな音を演奏してもピッタリ来るので誰でも気軽に演奏できますが、この簡単さ故に創造性を問われます。
そんなBLUESの歴史は古く、黒人音楽にそのルーツがあります。1961年という時代にBLUESを追究した本作はまさに野心的です。

まず参加ミュージシャンが凄すぎます。フリー・ジャズで有名なERIC DOLPHY、60年代の重要なトランペッターFREDDIE HUBBARD、ゴリゴリの低音を吹くGEORGE BARROW、知的なピアニストBILL EVANS、モダン・ジャズベースの巨人PAUL CHAMBERS、あらゆる巨匠と共演し続けるROY HAYNES・・・凄すぎます。
このメンバーでBLUESを演奏しようと言う訳ですから濃い内容です。

曲として有名なのは1.STOLEN MOMENTSでしょう。複雑なハーモニーのテーマからシンプルなブルース進行での格パートのアドリブは野心的でエネルギーに満ちています。
因みにこの作品のハーモニーやホーン・アレンジは後のSTEELY DANサウンドに影響を与えており、この作品の随所にSTEELY DANの影を見出す事が出来ます。

それにしてもジャケットは素晴らしいですね。この作品は「impulse」という60年代の進行レーベルの作品ですが、初期のimpulse作品の中でもかなり素晴らしいジャケットだと思います。

私はまだまだ「BLUESの真実」に近づけていませんが、少しでも近づきたいと思っています。

amazonへ。
[PR]
by deaconred | 2006-04-10 23:30 | Jazz | Trackback | Comments(2)

【雑記】一門花見

本日は○○一門大花見大会でした。
○○師匠に師事するベーシストが某所へ大集合。
一人一種以上お酒持参だったので近所で麦酒と焼酎を購入して参戦!
お花見といっても体育会系の飲み会・・・
たくさん飲まされてもう限界です。
ただ、他のベーシストとの情報交換は非常に有意義なものになりました。
さて・・・また楽器の練習をしないと・・・。

そしてブログも頑張りますm(__)m
[PR]
by deaconred | 2006-04-09 22:16 | 雑記 | Trackback | Comments(9)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る