<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

SENSUOUS

音楽に限らずどうも回顧主義(?)で古いモノに関心が行くため、「新譜を待つ」という楽しみはほとんどない状態です。

しかし今年はちょっと期待していた作品がありました。21世紀の音楽。果たしてどんな進化を遂げているのでしょうか?

CORNELIUS5年ぶりに新作発表。タイトルは「SENSUOUS」
10月25日発売。

さっそく聴いています。
f0062463_22585159.jpg
****************************************************
SENSUOUS/CORNELIUS
(2006年作品)

1.SENSUOUS
2.FIT SONG
3.BREEZIN’
4.TONER
5.WATARIDORI
6.GUM
7.SCUM
8.OMSTART
9.BEEP IT
10.LIKE A ROLLING STONE
11.MUSIC
12.SLEEP WARM

****************************************************

→前作、「Point」をはじめて聴いたとき、これは傑作だ!と本当に驚きました。
その音楽は現在の音楽シーンの先端でもあるミニマム的な音つくりを基本としたロックで実に音の無駄のない「イノセント」な世界。まさに21世紀の音楽といえるでしょう。

前作が傑作だっただけに5年間を経てどんな作品に仕上がっているか楽しみだったのですが、正直前作の延長で新しさは感じませんでした。
ただ、そのスタイルがより洗練されているのは感じました。

タイトルのSENSUOUSを辞書で調べると

SENSUOUS【sen・su・ous】
1. 感覚の、感覚的な;感覚に訴える、感覚を喜ばせる
2. 感覚の鋭敏な、敏感な

とありました。
この作品を聴くときにこの「SENSUOUS」という単語を意識して聴いてみると小山田圭吾の意図が分かったような気がします。

当たり前ですが音楽は耳で聴くものなのでしょうが「感覚」で聴く音楽として意識してみると「耳」という器官は既に意味をなくしていました。
「想像力の射程距離」という言葉が好きで自分の「身体」を超えた空間にでも自分の思考が届くような感覚が好きなのですがまさにそういった感覚なのです。
つまりは「身体」で聴く事が無駄な音楽なのかもしれません。

丁度、20歳前後の頃に音楽は身体的か精神的か、とういう事について考えていた事があったのですが、私の世界の中ではこの作品は精神的な部分に作用します。
それでいてロックの精神を忘れずに身体的であること自体が矛盾を孕んでいるのですがその二つが共存できるのも21世紀的なのかも知れませんね。

なんだか読み返してみると意味の分からない事を書いていますが、これがこの作品を聴いた正直な感想です。そのままUPして見ますね^^;
[PR]
by deaconred | 2006-10-31 23:08 | Rock(00年代)

【雑記】Live日記。

f0062463_0365586.jpg


10月28日、ライブでした。

かなり昔に一緒に演奏したメンバー5人にボーカルを加えた構成。
最初にインスト、そしてボーカルを迎えて演奏という形でした。

演奏曲は・・・

1.Bei Mir Bist De Schon
2.The Neareness Of You
3.Just Friends
4.O Grande Amor
(以下ボーカル入)
5.Lullaby Of Birdland
6.Cry Me A River
7.As Time Gone By

でした。
昼間にリハーサルをした時に右手にマメ(というか火傷の水ぶくれ)をつくってしまったのですがよりによって本番一曲目の5小節目ぐらいで破損!!

楽器に体液ぶちまけてしまいました(>_<)

それ以降はもう地獄・・・。

痛いとか言ってられないので必死で弾きました。

半年サボっていた罰ですね・・・(--;)精進します。
[PR]
by deaconred | 2006-10-29 00:37 | 雑記

HAPPENINGS

音楽を愉しむ時間は①通勤時②昼休み(珈琲とともに)③帰宅後です。

一番重要なのは①通勤時でこの時間に自分の精神状態とマッチした音楽、身体が欲している音楽を聴ければ一日の活力が出ます。

今日は電車で小旅行的な出張だったので、その車中も音楽を。

その時間が苦痛に感じることなく夢中で聴いてしまいました。

f0062463_112642.jpg
****************************************************
HAPPENINGS/BOBBY HUTCHERSON
(1966年作品)

BOBBY HUTCHERSON:vib
HERBIE HANCOCK:pf
BOB CRANSHAW:b
JOE CHAMBERS:ds

1.AQUARIAN MOON
2.BOUQUET
3.ROJO
4.MAIDEN VOYAGE
5.HEAD START
6.WHEN YOU ARE NEAR
7.THE OMEN

****************************************************

→Jazzに限らずヴィブラフォン(楽器の解説)と言う楽器は音色がずるいです。
初めてJazzでヴィブラフォンを聴いたときの衝撃は忘れません。

この作品は60年代のJazzをリードした「新主流派」を代表するピアニストHERBIE HANCOCKを迎え、管楽器なしで録音されたBOBBY HUTCHERSONの意欲作にして最高傑作です。

最初のワンフレーズを聴いただけで「この作品は素晴らしい!」と思えるような雰囲気があり新しい感覚を持ったJazzであることが分かります。

この作品で特に聴いて欲しい曲は4.MAIDEN VOYAGE(処女航海)です。
この曲は60年代のJazzの方向性を示した重要な作品で、その作曲者であるHERBIE HANCOCKが参加しており、オリジナルの処女航海を超えた名演になっているところが素晴らしいです。
オリジナルの演奏では管楽器が加わっていた事もあり、よりダイナミックによりスリリングに演奏されていましたが、ここでの演奏ではより内向的に、よりミニマムに演奏されてるように感じます。それでいて新しい感覚を失うことなく、新主流派的な演奏として成立しているところに感動ですね。各プレイヤーの資質が最大限に発揮されているのでしょう。

合わせて愛聴しているのが5.HEAD STARTです。
この曲はストレートで構成も単純、シンプルにスイングするのですが限りなく調性を感じることが出来ず、緊張感があります。
ここでのHERBIE HANCOCKの左手の使い方はもう人間業ではないですね。しっかりとアドリブのラインと同調して短調な曲の中でリズム面をより複雑にしています。参りました。


こういう演奏、こういう緊張感、憧れます。こんな曲を演奏してみたいものです。
[PR]
by deaconred | 2006-10-25 00:32 | Jazz

RIO REVISITED

「男女がお互いを意識するから文化は発展する」

といった内容を本田宗一郎の本で読んで妙に納得したのを覚えています。

音楽や映画、文学などの芸術に「男女、恋愛」というキーワードがなければこれほど発展してこなかったのかもしれません。

私は(多分)そんなに恋愛が得意なほうではなく(乙女心はよく分かりません・・・・^^;)嘘をつけない性格(?)なので浮気も(多分)出来ないでしょう。

最近、仕入れたネタの中で、この人も浮気をしないでしょうね、と書かれていて妙に納得してしまったこの作品、良いです。

多分、この人も浮気しそうにないですね、ANTONIO CARLOS JOBIM。

f0062463_0155455.jpg
****************************************************
RIO REVISITED/ANTONIO CARLOS JOBIM
(1986年ライブ録音)

1.ONE NOTE SAMBA
2.DESAFINADO
3.AGUA DE BEBER
4.DINDI
5.WAVE
6.CHEGA DE SOUDADE(No More Blues)
7.TWO KITES
8.SAMBA DO SOHO
9.SABIA
10.SAMBA DO AVIAO(Song of the Jet)
11.AGUAS DE MARCO(Waters of March)
12.CORCOVADO

****************************************************

→ANTONIO CARLOS JOBIMは浮気しそうにないと感じているのですが、恋に落ちるのは早いようで、彼は16歳の時に12歳のテレーザ(スペル不明^^;)と恋に落ちると22歳で結婚しています。
その後、幸せな生活を送っていたのですが米国での成功などで家を空けることが多かったJOBIMは離婚、アナという女性と再婚しています。

再婚後も米国や欧州、日本にツアーに出ないか?という打診があったのですが前妻との失敗からなかなか腰が重かったJOBIMは一人でツアーに出るのではなく、家族でツアーに出ることを思いつきます。
彼の息子PAULO JOBIMはJOBIMと同じ音楽の道を歩んでいたので家族でのツアーは大成功を納めて行きます。

この作品はJOBINとGAL COSTAが1986年にLAで行われたライブの記録で同時にビデオ作品としても発売された作品です。(ビデオ出ているそうですが見つけたことはないです。乞!DVD化!)映像として残ることが前提となっていたので選曲はかなりスタンダード。息子達と妻(バック・コーラス)を引き連れて最高のライブを披露しています。


それにしてもBossaNovaのボーカルは「はっきり歌わない」ことが極意のようですが、その王道がJOBIMですね。とにかく神の領域に入っているほど歌は「ヘタウマ」です(笑)
なぜこんなにヘタクソなのに上手く聴こえるのでしょうか?不思議で仕方ありません!


個人的に関心したのはベースを弾いているSEBASTIAN NETOのベースラインです。
この人はBOSSA TRESの初代ベーシストでその他、多くの作品でベースを弾いています。
私のような素人はBossaと聴くだけで1度と5度を交互に弾くようなベタなラインしか浮かびませんが、彼のベースはラテンの基本である2ビートをしっかり抑えつつ見事にリズムの出たベースを弾いていて関心しました。勉強します。


今宵もJOBIMのヘタウマな歌を堪能。素晴らしくヘタクソです・・・。。
[PR]
by deaconred | 2006-10-19 23:06 | BossaNova

【雑記】CONCEPTS FOR JAZZ/ROCK PIANO

f0062463_094833.jpg
(70分 VHS Hi-Fi STEREO)

久しぶりにDONALD FAGENの教則ビデオを見ました。

聴き手に93年のツアーに同行していたピアニストのWARREN BERNBARDTを迎え二人の対話方式でBLUESを基本とした作曲のお話をあのFAGEN先生が語っています。
それにしてもFAGEN先生、天才ですね。

解説してくれる曲は

・CHAIN LIGHTNING
・PEG
・JOSIE
・ON THE DUNES
・TEAHOUSE ON THE TRACKS

です。ON THE DUNES、TEAHOUSE ON THE TRACKSは元がBLUESだったのか!と衝撃。
細かい転調やメロディ、ハーモニーなどの解説はSTEELY DANファンにはたまらない映像ですね。

それにしてもFAGEN先生が若い!(笑)


確かUS盤がDVD化されていたと思います。
是非、日本語字幕盤もDVD化を!!
[PR]
by deaconred | 2006-10-16 00:17 | 雑記

【雑記】映画「永遠のモータウン」

f0062463_23301347.gif

やっとですが、映画「永遠のモータウン」を鑑賞。

モータウン(Motown)は、 1959年にベリー・ゴーディ・ジュニアによってアメリカのデトロイト市に設立されたソウル音楽やブラックミュージックを中心としたレコードレーベルです。ベリー・ゴーディは地方の小さなレコード会社を大企業に成長させ、アメリカン・ドリームの体現者と言われていました。当時は黒人としてアメリカン・ドリームを掴んだことは画期的だったようです。


この映画のキャッチは「エルヴィス、ビーチ・ボーイズ、ストーンズそしてビートルズ、全てのNo.1ヒットを足しても”彼ら”にはかなわない、しかし”彼ら”の名前を知る者はいない。」と言うもの。

この映画は初期のモータウン・サウンドを支えたスタジオ・ミュージシャン、「ファンク・ブラザーズ」にスポット・ライトを当てた映画でした。


ファンク・ブラザースの面々が過去の名曲・名演のエピソードを語りつつ、その曲を演奏するというスタイルで物語りは進んでいきます。

中でもモータウン・サウンドの中核であり、以後のベーシストに多大な影響を与えたジェームス・ジェマーソンの話には感動しました。ベース弾きとしてジェームス・ジェマーソンのベースラインには憧れます。

モータウンの歴史の中で一つの変化をもたらしたのが1971年に発売されたマーヴィン・ゲイの「What's going on」でしょう。
それまではレコードはレコード会社が作成するのもでミュージシャンの名前はクレジットされていませんでしたが、この作品でマービンはセルフ・プロデュース権を得て、レコードにはミュージシャンの名前がクレジットされるようになります。そういう意味で「歴史的」に意味のある作品です。

それ以上に素晴らしいのはその中身ですね。
ベトナム戦争の悲惨さや公害、貧困といった社会問題を歌い上げたこの作品はどこまでも美しく儚いです。

映画のクライマックスでチャカ・カーンを迎えて演奏されるのですが、この最後のシーンで感動して本気で涙を流してしまいました^^;

残念なのはこの作品以降のモータウンについては一切言及がなかったことですね。スティービー・ワンダーも一瞬しか出てきませんでした。


さて・・・この感動を忘れないうちに楽器の練習します。。
[PR]
by deaconred | 2006-10-09 23:30 | 雑記

ORIGINAL FLAVA

午後の珈琲とともにいつも音楽系HPを巡回することが毎日の日課です。

先日、ブログのネタを小山田君で行こうと、決めてから巡回しているとCDジャーナルのHPでアシッド・ジャズの紹介文が(笑)

確かに渋谷系と同じ時期に私が熱狂していた音楽。
昨晩は久しぶりにアシッド系を聴いて涙してしまいました。

今日はそんなアシッド系からちょっとマニアックな1枚を。

f0062463_0315499.jpg
****************************************************
ORIGINAL FLAVA/THE BRAND NEW HEAVIES
(1995年作品)

1.GOT TO GIVE
2.MOTHER'S TONGUE - (previously unreleased)
3.PUT YOURSELF IN MY SHOES - (previously unreleased)
4.COUNTRY FUNKIN' - (previously unreleased)
5.REST OF ME - (previously unreleased)
6.DAY AT THE SEASIDE
7.HEADHUNTERS - (live, previously unreleased)
8.REALITY - (previously unreleased)
9.NEVER STOP - (original version, previously unreleased)
10.DREAM COME TRUE - (original version, previously unreleased)

******************************************************
→象のマークで有名なのは松本引越しセンターではなくTHE BRAND NEW HEAVIES。

アシッド・ジャズの中では一押しのバンドで絶対スターダムにのし上がると思っていたら途中で失速。。結局、アシッド系でスターダムになったのはJAMIROQUAIでした。

この作品はTHE BRAND NEW HEAVIESの絶頂期(?)に発売された未発表集です。
THE BRAND NEW HEAVIESの音楽を改めて聴いてみると「バンド」の魅力に惹かれて行きます。
丁度、渋谷系の時代もそうでしたが「バンド」が力を持っていた時代がありました。(今でも勿論ありますが)大切なのはバンド力=演奏力ではないと言う点です。

勿論、THE BRAND NEW HEAVIESのメンバーは個々の演奏能力に問題があるわけではなくむしろ技術は高いほうだと思います。それより、各々がバンドの目指すべき音楽をしっかり認識してアシッド・ジャズ・ムーブメントをしっかりと作り上げようとする姿勢が「バンド力」として出ている点が素晴らしいです。
同じ方向を向いて音楽をするというのは大切なのでしょうね。

その方向というのが「ジャズで踊る」ということを基本にしたアシッド・ジャズのコンセプトの中で、70年代のSoulなど黒人音楽を90年代に白人が再現したというものです。

個人的には9.NEVER STOPと10.DREAM COME TRUEを愛聴。
唸るベースにファンキーなドラム、アグレッシブなホーンアレンジにダイナミックな女性ボーカル。今でも十分通用する音楽だと思います。
むしろ早すぎたのかもしれませんね。

既にアシッド・ジャズという言葉は死語になっていますが、その音楽的影響は大いにあったと思います。
多分、50年後ぐらいには評価されているのと思います。
[PR]
by deaconred | 2006-10-05 19:42 | Rock(other)

THE FIRST QUESTION AWARD

訃報:三原さと志さん71歳=歌手
 
三原さと志さん71歳(みはら・さとし<本名・小山田晃=おやまだ・あきら>歌手)9月30日、呼吸不全のため死去。葬儀は3日正午、東京都世田谷区瀬田3の6の8の公益社用賀会館。自宅は非公表。喪主は長男で元フリッパーズ・ギターの小山田圭吾(おやまだ・けいご)さん。

和田弘とマヒナスターズのボーカルの一人として、1960年に松尾和子さんと歌った「誰よりも君を愛す」で日本レコード大賞を受賞した。



訃報です。

追悼の意をこめて、息子のCDを聞いてみたいと思います。
マヒナスターズはCD持っていませんのでm(__)m

f0062463_23201888.jpg
*****************************************************
THE FIRST QUESTION AWARD/CORNELIUS
(1994年作品)

1.太陽は僕の敵 THE SUN IS MY ENEMY
2.(YOU CAN'T ALWAYS GET)WHAT YOU WANT
3.SILENT SNOW STREAM
4.PERFECT RAINBOW
5.BAD MOON RISING
6.CANNABIS
7.RAISE YOUR HAMD TOGETHER
8.THE BACCK DOOR TO HEAVEN
9.THEME FROM FIRST QUESTION AWARD
10.THE LOVE PARADE
11.MOON LIGHT STORY

******************************************************
→意外に知られていませんが、小山田圭吾は二世タレントだったのですね。
父はマヒナスターズの一員ということで昔から音楽あふれる家庭で育ったのでしょうね。
2代続けてミュージシャン。羨ましい家系です。

さて、本作品はフリッパーズ・ギターを解散したのちに発売されたCORNELIUSのソロアルバムです。1994年発売、私は高校生でしたね。
言うまでもなくフリッパーズ・ギターと言えば「渋谷系」と呼ばれる音楽を代表するバンドで、この作品も渋谷系の流れを組んでいます。現在だから言えることですが、このあと、ハードディスクレコーディングという手法で「音の洪水」をもって作曲、つまりはフレーズをハードディスクにためて適当につなぎ合わせるような手法、してきたCORNELIUSが21世紀を迎えて前の日記で書いたような21世紀型音楽を発表しているという経緯は非常に重要な要素だと感じています。

つまり、リアルに90年代から現在を体験して、渋谷系=60年代のコラージュ→HDレコーディング=音の洪水→21世紀型音楽=ミニマム系・・・という流れですね。

今はこの流れについてしか考えられないです^^;
音楽とは?これは最重要課題なので・・・。

それにしてもこの作品を聴き始めてから12年ぐらい経ちますが、その間にこのCDの元ネタたくさん仕入れました。まぁ渋谷系というのは昔のコラージュなので似ていて当然で、元ネタ見つけるのが嬉しくて仕方ないですね。
確かに曲は似ているのですが歌詞はオリジナルなのでしょう(確認できませんが)

なかなか彼の詩は好きで愛聴している3.SILENT SNOW STREAMの


最悪の景色と最高の天気が
偶然に近い距離を保ち続けた日

吸い込まれるいらだちの声
きっと正しいのはこの世界だけだろう


という歌詞が大好きです。頭良いですね。さすが東大(笑)

ちなみに私は小山田くんのKeyに近いようでカラオケに行くと(ほとんど行きませんが)CORNELIUSとフリッパーズ・ギターばかり歌います(笑)
ほんと、カラオケ行きませんがね^^;

そういう意味でも愛する1枚なのです。

そういえばそろそろ新作が出ます。そちらも楽しみです♪

公式サイト
[PR]
by deaconred | 2006-10-03 23:34 | Rock(90年代)

THE BASSIST!

先週末、かなり久々にスタジオに行ってベースを弾いてきました。

久々に演奏して(もともとない)技量が衰えていたのは当然、ショックだったのは直感的なひらめきが鈍っていたことでした。

基本的に即興を基本とするJazzではイントロやエンディングなどの構成は決めずに演奏することが多く、演奏の中で自然と決まっていくものなのですが、自分が感じたように演奏するとピタっと決まりませんでした。フィーリングの違いとも解釈できるのでしょうが、これは問題です。
一種の嗅覚が衰えているのでしょうね・・・。

こんなことではいけない!!

と再び練習再開。そしてJazzを積極的に聴いています。

やっぱりベース弾きはベースを聴く。

ベーシストのための作品、聴いてみます。

f0062463_0325056.jpg
*****************************************************
THE BASSIST!/SAM JONES
(1979年録音)

SAM JONES:b
KENNY BARRON:pf
KEITH COPELAND:ds

1.RHYTHM-A-NING
2.LILY
3.SEASCAPE
4.TRAGIC MAGIC
5.THE HYMN OF SCORPIO
6.BITTERSUITE

******************************************************

→音楽には「ジャケットを愉しむ」というもうひとつの贅沢がある。ということはこのブログに散々書いてきました。
この作品はJAZZのジャケットを描いている有名なデビット・ストーン・マーチンのジャケットとして有名な人気盤です。

ベースを弾く後姿、セクシーですね♪これだけでも買う勝ちあります。

SAM JONESはどちらかといえば派手なプレイより地味で堅実なプレイをすることで知られるベーシストです。職人的ですね。
ピアノは現在、第一線で活躍するKENNY BARRON。彼のこの時代のプレイは聴いたことがなかったのですがこの時代から既に圧巻。
興味深いのは70年代ということもあり、電化した演奏が含まれているという点です。ベースは基本的にウッド・ベースですが、どこかでエフェクター通しているような音。まぁこの時代以降は電気通っても仕方ない時代ですが、少し残念です。

モンクの書いた1.RHYTHM-A-NINGは超高速での演奏。
ランニングを基本としたベース・ソロでは左手の運指が見えてくるような音。エフェクトで音の残像が非常にくっきり出ています。

2.LILYはSAM JONESのオリジナル。
サビ部分がMY ONE AND ONLY ONEに似た感じで何処までも美しい曲です。
ベースの音の伸びも素晴らしく、ピアノの美しいハーモニーをしっかり支えていてこれぞベース!といった感じです。素晴らしい。

聴いているとどんどんベースに引き込まれていきます。
ダメだ、楽器練習してきます^^;
[PR]
by deaconred | 2006-10-02 23:05 | Jazz

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る