<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

TIN PAN

例の記事を受けて関連すること書こうか・・・書かないか・・・迷っていたのですが少しだけ書いてみます。

正直「えぇ~!」「もー何やってんだ!(怒)」といった感じでしょうか。
ところは東京麻生十番~♪
おりしも昼下がり~♪

発表があったたとのネットでの反応は「誰?」みたいなものが結構あって寂しくなりました^^;;
その後、関連商品の販売自粛があってその動きに対して「音楽に罪はない!」議論が始まって少し面白いな、と思いました。

音楽に罪があるか、ないのか、それはこれからも考えてみたいテーマだと思います。
というか、それで罪があるのならもしかすると今聞かれている古今の名盤のほとんどが販売自粛に追い込まれるかもしれませんね^^;ジャズなんかは全滅でしょう。

さて、その議論は置いておいて、あえて聴いていきましょう。
この作品はリアルタイムで聴いていて思い入れがあります。
しかしそのはずなのにCDが見当たりません!^^;
どこにいってしまったのでしょうか・・・
とりあえずジャケットはネットから拝借してきました。すいません。
見つかり次第差し替えます!
f0062463_2252259.jpg
**************************************************
TIN PAN
(2000年作品)

1.FUJIYAMA MAMA
2.QUEER NOTIONS
3.STARLIGHT STRUT
4.FLYING PICK BLUES
5.BON TEMPS ROULER
6.BEAN BEAT MARIA
7.TRAVELLIN' MOOD
8.76 TEARS
9.SPYLENT GREEN
10.FLOWERS
11.HAND CLAPPING RHUMBA 2000
12.GROWTH

**************************************************

→ TIN PAN=鈴木茂, 細野晴臣, 林立夫

2000年の発売当時、まだまだ学生だった私はTIN PANの新作が出るとのニュースに心躍りました。
TIN PANと言えば1970年代の日本のロックシーンの先駆者、ティン・パン・アレーを思い出します。
ティン・パン・アレー同様にTIN PANにも矢野顕子、吉田美奈子、大貫妙子、忌野清志郎、大瀧詠一、高野寛、中村一義など豪華メンバーがゲスト参加しています。

細野さんのサウンドは常に5年から10年先を行っているといわれていますから、丁度2009年に聴くのも良いかもしれません。
きわめてシンプルに、きわめて正確に、音楽に向き合った結果、2000年代の音楽がこれだ!と指針を示してくれたのかもしれません。
それが果して意味があったのか、なかったのか、それはもっと時間が経ってから歴史が判断してくれると思います。

個人的には70年代の”あの時代”を2000年代に焼き直ししたらこんな感じかな~というサウンドの印象で、特に21世紀の音楽はこんなのです!と指針を出していたようには感じませんでした。
(というよりそもそも音楽が進化する必要があるのか?という問題がありますが・・・)

それでも駄作!と言っているのではなく、日本の音楽シーンを牽引してきただけあって確かなテクニックから生み出されるその音楽は「さすが!」の一言に尽きます。
YouTubeどうぞ。

ちょうど、CDが発売されるころに報道ステーションに3人が出演して2.QUEER NOTIONS を演奏していました。
あの番組は録画して今でもビデオ残っています。
この曲は林さんのドラムがすごくいいです。あの一瞬のタメにのめり込んでいきます。
そしていつの時代でも細野さんのベースは神ベースです。
そして鈴木さんのギターは職人だな・・・と感激します。

現在の音楽シーンは2000年にTIN PANが示した方向性には行っていないように見受けられますが、たぶんもっと時がたてばすごく評価されている時代がくるでしょう。
その時には・・・またまた輝いてほしいものです。

↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓
にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2009-02-24 22:52 | Rock(00年代) | Trackback | Comments(2)

LIVE!

先日はR-1グランプリ2009が行われましたね。
中山功太が念願の優勝。おめでとうございます。

個人的には演者のレベルが高くなっていて凄い!と思った反面、審査員の採点には若干「?」な大会でした。
笑いの量を評価するか、テクニックを評価するか、難しいところです。

リアルタイムで見れなかったため、録画して楽しんだのですが、スタジオのお客さんとTVを見ている自分とでは笑いの着火点が違うな、と思いました。
素直に私の笑いの感覚が世間とずれているということも考えられますが、スタジオの空気とTVで伝わってくる空気とではかなり温度差があったのかも知れません。

笑いに限らず音楽なんかもライブ、「生」で見るほうがきっとすばらしい体験が出来ると思います。
音楽には歴史的名盤(ライブ盤)というものがありますが、もしも過去に行くことが出来るなら是非とも生で聴きたいものです。
そんな思い入れのあるライブ盤から今晩はこの1枚を。
本当に過去でこの演奏を目の当たりにしたら泣くと思います。
かっちょいい・・・そして、渋い・・・^^
f0062463_22543929.jpg
**************************************************
LIVE!/CURTIS MAYFIELD
(1971年作品)

1.MIGHTY MIGHTY(SPACE AND WHITEY)
2.I PLAN TO STAY A BELIEVER
3.WE'VE ONLY JUST BEGUN
4.PEOPLE GET READY
5.STARE AND STARE
6.CHECK OUT YOUR MIND
7.GYPSY WOMAN
8.THE MAKINGS OF YOU
9.WE THE PEOPLE WHO ARE DARKER
10.THAN BLUE
11.(DON'T WORRY)IF THERE HELL BELOW、WE'RE ALL GONE TO GO
12.STONE JUNKE

**************************************************

→間違いなく歴史的名盤です。

ニュー・ソウルを代表するカーティス・メイフィールドのライブ・アルバムです。
60年代にインプレッションで活躍し70年からソロ活動を始めて2作目がライブ・アルバムです。
凄い自信です。そしてその内容はもう他の追随を許さないほど素晴らしい内容です。

このライブはNYCの「ビター・エンド」で行われていますが、この「ビター・エンド」と言えばこれまた歴史的名盤であるダニー・ハサウェイの「ライブ!」が録音された場所です。
この「ビター・エンド」は音楽の神が住んでいますね。確実に住んでいますよ。

12曲が収録されているますが、捨て曲なし!
1971年のカーティス・メイフィールドを体感することが出来ます。
私がソウルを聴き始めた頃、ソウルのイメージと言えばファンキーでノリノリで・・・とても「はじけた」イメージがありました。
そういうイメージを覆したのがこの作品です。

とにかくファンキーでありながらとても「渋い」のです。
ソウル・ミュージックにはこういう一面があるのか!と鳥肌がたったのを覚えています。
一番のピークは3.WE'VE ONLY JUST BEGUNから4.PEOPLE GET READYへの流れです。
3.WE'VE ONLY JUST BEGUNは多くのミュージシャンにカバーされていますが、ここでの演奏が最も素晴らしいものの一つだと思います。
特に演奏の「間」が素晴らしいです。静と動、明と暗、音と音、音の歌の間がゾクゾクする間を生み出しています。
この渋さは演奏のシンプルさが生み出しているのかもしれません。
ドラム、ベース、ギター×2、パーカッションという5人で演奏しているとは思えないほど音が分厚く、各人がいかにいい演奏をしているかがよく分かります。

そしてカーティス・メイフィールドの声が心に沁みます。
説得力のある声と表現したらいいのでしょうか、一種牧師さんの話を聞くかのような感覚に陥ります。
非常に魅力のある声が心に沁みるのです。

少し演奏形態が違いますが、貼っておきます。
かっこいいな!と思った人は是非、CDを。人生の中で2,000円なんて大きくない金額のはずです!


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓
にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2009-02-19 23:24 | Soul | Trackback | Comments(6)

ARE(A)ZIONE

今日、外出時にiPodを持っていくのを忘れました。
痛恨です。
音楽のない一日でした。

帰宅してから音楽と向き合うためにCD棚を眺めていると妙にプログレな気分になり、最もプログレ的なCDを聴いています。
f0062463_165543.jpg
**************************************************
ARE(A)ZIONE/AREA
(1975年ライブ録音)

1.LUGIO,AGOSTO,SETTEMBRE(NERO)
2.LA MELA DI ODESSA
3.COMETA ROSSA
4.ARE(A)ZIONE
5.L'INTERNAZIONALE

**************************************************

→”伝説から引きずり降ろせ。インターナショナル・ポピュラー・グループ、ここに復活!”

CDの帯にはこのように書かれています。
プログレの中でも屈指のテクニック(バカテク)を誇るイタリアのアレアのライブ盤です。

この作品はアレアが1975年の行ったイタリア国内ツアーのうち、ミラノの「若き労働者の祭典」、ナポリでの「ルニタ祭」、リミーニでの「若者の祭り」、レッジョ・エミリアのコムナレ劇場でのライブをまとめたものです。
祭りの名前からも察することが出来ますが、アレアはコミュニズムの影響を強く受けたバンドです。
イタリア共産党のイヴェントにも多数参加し、イタリア共産党の躍進に力を貸していたそうです。

さて、アレアの音楽の醍醐味は「バカテク」と脅威ボーカル、ディメトリオ・ストラトスの声にあると思います。
ジャズをはじめとするあらゆる音楽を”ロックの枠”に持ち込み、高度なテクニックに裏付けられたインプロを展開するその音楽は単に「バカテクすぎ!」とネタ的にしてしまうことが出来ないぐらい高度な音世界を持っています。
もうそんなものを超越してしまったかのような音世界はいつの時代でも色あせることのない、輝き続ける「音楽の力」を持っていると思います。

そしてディメトリオ・ストラトスの「声」です。
私は歌うのが得意ではありません。歌うことについて追求したことがないですが、ディメトリオの歌は「歌」というより「声」を用いた楽器のように聞こえてなりません。
それは声という可能性を引き出そうとするまさにプログレ的思想によるものなのでしょうか。彼の声なくしてアレアは語れませんね。

1.LUGIO,AGOSTO,SETTEMBRE(NERO)は「7月、8月、9月(黒)」という邦題でお馴染みのアレアの代表曲です。
歌詞は非常に政治的な感じですが、曲は妙にキャッチーです。バルカン半島からの影響が強くアラビアっぽい曲です。
後半のインプロというか一種の混沌(?)からググっと秩序が見えてくる感じが大好きで鳥肌です。

2.LA MELA DI ODESSAは「オデッサのリンゴ」という曲です。
このライブ録音では実際にメンバーがステージでリンゴをかじる様子が収録されています。
ものすごいいい音でリンゴかじっています。
後半のリフが凄くかっこよく、その上で語る?歌う?ディメトリオがクールです。

3.COMETA ROSSAは「赤い彗星」という曲。
アレアの楽曲の中でもジャズ・ロック的な曲ですね。
かなりぶっ飛んでいる曲だと思います。
歌詞は

私の唇を開いて欲しい
優しく開いてみて欲しい
この気持ちを何とか出来ないか
彗星よ、預言者達を黙らせてくれ
彗星よ、おまえも、何も言わずに
ここから立ち去ってくれ
この私が、自由を手に出来るよう
その願いを叶えて欲しい


重いですね^^;
さて、最後にYouTube貼っておきます。
前半が1.LUGIO,AGOSTO,SETTEMBRE(NERO)、途中ディメトリオの話を挟んで後半が2.LA MELA DI ODESSAです。
是非とも多くの人にアレアの音楽を聴いて欲しいと思っています。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓
にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2009-02-14 23:58 | Rock(70年代) | Trackback | Comments(2)

【雑記】ゲオルギイ・イヴァノヴィチ・グルジエフ

三の法則と七の法則

「三の法則」は、能動・受動・中和(もしくは肯定・否定・和解)という三つの力の作用をもって、物事や現象の成り立ちを理解するための見方を提示する。

「七の法則」は、ひとつひとつは「三の法則」に基づいて成立する事象が連なっての物事の進展のプロセスの「不連続性」に対する見方を提示する。これは「オクターブの法則」とも呼ばれ、ドレミファソラシドの音階のなかで半音の欠けた(ピアノの鍵盤では間に黒鍵のない)二つの箇所、つまり「ミ~ファ」の箇所と「シ~ド」の箇所が、物事の自動的な進展が困難となる箇所(インターバルまたはギャップという)を表しているという。

これはロシアの神秘思想家、ゲオルギイ・イヴァノヴィチ・グルジエフの思想です。

ゲオルギイ・イヴァノヴィチ・グルジエフについては以前から名前を聞いていました。
しかし、適当な書籍等が見つからず今まで詳細を知ることができませんでした。

しかーし!世の中は高度情報化社会!ネットがあるではないか!と、グーグル先生に聞いてみると色々と出てきます。
思わず、うれしくなってブログネタにしてみた、ということです。

しかし、ゲオルギイ・イヴァノヴィチ・グルジエフという人物はすごいですね。
どこまでも奥深く、芸術の本質に迫っている感じです。

ゲオルギイ・イヴァノヴィチ・グルジエフの名前を知ったのはプログレに熱中していた頃、ロバート・フリップ大先生のインタビュー記事だったと記憶しています。
そう、我らが大先生はゲオルギイ・イヴァノヴィチ・グルジエフから影響を受けています。

一日に8時間もギターを練習するという大先生、グルジエフのいう「存在に伴う義務」の影響なのでしょうかね。「ワーク」を通じて個人の成長の可能性を追求するという思想に合致しています。

フリップ大先生とグルジエフの思想を考えたとき、この曲が思い浮かびます。
もうフリップ大先生のギターは人間シーケンサー、こんなフレーズを人間が弾くなんて神がかり的だと毎回驚愕してしまいます。
動画の55秒あたり注目してください!(テロップ邪魔!)
これも毎日8時間の練習の成果なのでしょう。
80年代クリムゾンの中で最も好きな曲です。
FRAME BY FRAME/KING CRIMSON

いつかはグルジエフの思想についてもっと学びたいと思っております。

↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓
にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2009-02-10 23:55 | 雑記 | Trackback | Comments(2)

LEAPIN' AND LOPIN'

今晩はEMIから届いたCDをご紹介。

到着以来、外に持ち出してヘビー・ローテーションで聴いています。
有名な盤は買うきっかけを失うとなかなか購入に至りません^^;

CD3枚買って1枚もらえる・・・いいキャンペーンですね。
f0062463_2144761.jpg
**************************************************
LEAPIN' AND LOPIN'/SONNY CLARK
(1961年録音)

TOMMY TURRENTINE:tp
CHARLIE ROUSE:ts
IKE QUEBEC:ts
SONNY CLARK:pf
BUTCH WARREN:b
BILLY HIGGINS:ds

1.SOMETHING SPECIAL
2.DEEP IN A DREAM
3.MELODY FOR C
4.MELODY FOR C
5.ERIC WALKS
6.VOODOO
7.MIDNIGHT MAMBO
8.ZELLMAR'S DELIGHT

**************************************************

→日本で絶大なる人気を誇るピアニスト、ソニー・クラークが残した最後のリーダー作品です。

ソニー・クラークと言えば演奏◎、ジャケット◎の大名盤「クール・ストラッティン」が有名です。
他にはポール・チェンバースとフィリー・ジョー・ジョーンズと組んだトリオ盤も人気です。
その2枚に比べると本作品は地味なのかもしれません。

さて、ソニー・クラークが日本で絶大なる人気を誇るのはハード・バップという新しいジャズの枠の中で日本人が大好きな「哀愁」を感じさせるからです。
ファンキーでグルーヴィーなハード・バップにおいてリリカルな「哀愁」を感じる、これが彼の魅力でしょう。
実際、この作品でもソニー・クラークの弾くピアノはリリカルで繊細。
ファンキーなのにどこか寂しいのです。

既によく知られている話ですが、ソニー・クラークは日本で大人気でありながら米国では殆ど知られていません。
ライブでジャズを楽しむ米国において麻薬の問題でキャバレー・パスが発行されなかったソニー・クラークは舞台に上がることが出来ず、そのピアノがどう、こう、という前に「誰もソニー・クラークを知らない」という状況でした。
幸いに日本は録音でしかジャズを楽しむことが出来なかったため、日本人はソニー・クラークを愛したのです。

興味深いことに、その逆、つまりは米国でスター、日本ではあまり知名度がない、というパターンがあります。
その一人がこの作品にも参加しているテナー・サックスプレイヤーのアイク・ケベックです。
そんな対極にあるような二人の共演もジャズファンとしては面白い要素に感じました。

冒頭を飾る1.SOMETHING SPECIALはテーマが16小節、アドリブが12小節と変則的な構成を持つマイナー・ブルースです。
ブルース進行でのアドリブは「クール・クトラッティン」でも演奏されていますが、どの曲も表情の違うアドリブで素晴らしいピアノを聞かせてくれます。
ハード・バップの哀愁は本当に日本人が好きな感じです。
ブルースという構成の中で、ベーシストのブッチ・ウォーレンが同じラインを弾いているのが耳に残りました。

3.MELODY FOR Cはソニー・クラークのオリジナル曲です。
管楽器のアドリブ時にかなり実験的で遊び心満載なバッキングに少し笑ってしまいました。
非常にリラックスして演奏を楽しんでいるのかな、と感じましたね。
ベーシストのブッチ・ウォーレンのソロも楽しめます。

残念なことにソニー・クラークはこの作品を吹き込んだ約1年後に心臓発作で亡くなってしまいます。
彼の最後のリーダー作となってしまった作品をソニー・クラークファンには聴いて欲しいと思っています。

↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓
にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2009-02-09 23:38 | Jazz | Trackback | Comments(0)

TALK TO THE ANIMALS

次回の仕入れ時に購入したい曲のご紹介。
近々、買ってきます。
誰が歌っているのを買うかがポイントですね。
ジャズ・ボーカルのコーナーを検索します。

こういうスインギンでアホっぽい(?)曲が大好きです。
昔の曲ですが全然モダンですね。永遠の名曲だと思われます^^


[PR]
by deaconred | 2009-02-08 23:03 | Jazz | Trackback | Comments(2)

LONDON WARSAW NEW YORK

全く予期していなかったニュースに喜んでいます。

元マット・ビアンコのメンバーで90年代の女性ボーカルブーム(ってあったのでしょうか?)で日本でも人気のあったポーランドの歌姫、バーシアが15年ぶりに新作をリリースするそうです。

彼女の作品は何枚か持っているので購入は決定的です。
今晩は彼女の作品を聞いてみたいと思います。
**************************************************
LONDON WARSAW NEW YORK/BASIA
(1990年作品)

1.CRUISING FOR BRUISING
2.BEST FRIENDS
3.BRAVE NEW HOPE
4.BABY YOU'RE MINE
5.ORDINARY PEOPLE
6.REWARD
7.UNTIL YOU COME BACK TO ME(That's What I'm Gonna Do)
8.COPERNICUS
9.NOT AN ANGEL
10.TAKE HIM BACK,RACHEL

**************************************************

→ポーランド出身の麗しき歌姫。バーシアのセカンドアルバムです。
彼女を知ったきっかけはマット・ビアンコですね。

っと記事書きたかったのですが、このCDが見つかりません・・・。
月曜日からずっと探しているのですが、どこにいってしまったのでしょうか?^^;

毎回、ブログ書くときにはちゃんと持っているCDのジャケットをスキャンして使っているので、CDがないと記事書きませーん!

と言うことで、今晩は紹介したかった曲を貼って終わりにしたいと思います(汗)
しかしCDどこいったかな・・・
8.COPERNICUS/BASIA


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓
にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2009-02-04 23:53 | Rock(90年代) | Trackback | Comments(0)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る