<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

GUMBO

最近、音楽が難しい、と感じています。

この音楽はこうだ!とひとつの心理に到達したと思ってもそこからさらに本質は深いところにあるようです。

そういう意味でなんとなく音楽に飲み込まれながら、音楽を聴いていたら、どこからともなく「基本」に戻らなくては・・・と声が聞こえて気がしています。

「基本」って何だ!と思いながらCD棚を眺めていたら、ドクター・ジョンと目が合ってしまいました。

うわ!ニューオリンズが生んだ「白い魔術師」を久しく聴いていない!とあわてて聴いたら、脳天からどかーん!とやられました。

やっぱり「基礎」には単純な真理が潜んでいるものだな、という感想。

皆さんはドクター・ジョンご存知ですか?
f0062463_2210229.jpg
**************************************************
GUMBO/Dr. John
(1972年作品)

1.IKO IKO
2.BLOW WIND BLOW
3. BIG CHIEF
4. SOMEBODY CHANGED THE LOCK
5. MESS AROUND
6. LET THE GOOD TIMES ROLL
7. JUNKO PARTNER
8. STACK-A-LEE
9. TIPITINA
10. THOSE LONELY LONELY NIGHTS
11. HUEY SMITH MEDLEY: HIGH BLOOD PRESSURE/DON'T YOU JUST KNOW IT/WELL I'LL BE JOHN BROWN
12. LITTLE LIZA JANE

**************************************************

→20世紀のポピュラー・ミュージックの源流のひとつと言えるのが、アメリカのニュー・オリンズでしょう。
そのニュー・オリンズ。ミュージックの権化として世界的に有名なミュージシャンがドクター・ジョンです。
本名はマック・レベナック。人は彼を「白い魔術師」と呼びます。

ニュー・オリンズに生まれ、幼少のころから父が営むレコード店でニュー・オリンズのミュージックを体験しギターを手に取ります。
その後、ギタリストとしてキャリアを積みますが、ある暴力事件の仲裁に入った際、左手の薬指に弾丸を受けてしまい、ギタリストとしての道が閉ざされてしまいます。
その後、音楽でしか食べていけそうにない彼に友人がオルガンを教え、それがきっかけでピアニストに転向します。

こうしてピアニストとして色々なミュージシャンと共演していくなかで、大手レコード会社との契約を取り付け、それまで暖め続けていた構想、ニューオーリンズ独特の宗教「グリグリ」(ヴードゥー教の一種)における有名な祈祷師、ドクター・ジョンをテーマにした作品を作り上げます。
この作品はどこか呪術的で当時のサイケデリックやヒッピー文化を愛する若者に支持されミュージシャン、ドクター・ジョンが確立されるのです。

何事でもそうかもしれませんが、何かある文化に根付いた芸術作品というのは強いものです。
ドクター・ジョンになってからはニュー・オリンズに根付いた音楽を続け、世界のドクター・ジョンとして有名になっていきます。

っとかなーり長い前置きになってしまいましたが、この作品はドクター・ジョンの3枚目の作品で、1940年代~1950年代のニュー・オリンズ・ミュージックを”ポピュラー”風に再現した作品です。
すべての音にニュー・オリンズのエッセンスが含まれています。
構造はブルース形式が多いですが、すべての曲に個性があり、似ているなぁ~と感じさせないところが素晴らしいの一言です。
シンプルな構成でありながら個性を放つこのスタイルは音楽のひとつの基礎なのかもしれません。
(絵画で言うなら”白紙”に何でも書いていい!というのはある意味、一番難しいテーマですよね。)

中でも秀逸なのが1.IKO IKOです。
本当はCDに収録されているバージョンを聞いていただきたいところですが、今回はモントリオールでのライブ版を。
登場シーンからものすごくファンキー(笑
こんなファンキーな人生、送ってみたいです(笑

ちなみに久々にオリジナルを聴いてみると、TIN PANのHand Clapping Rhumba 2000に似ている気がしてならないのですが・・・
細野さんとか忌野清志郎さんとか影響されている感じはしますよね。

↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2010-09-27 22:58 | Rock(70年代) | Trackback | Comments(0)

PHILIPS SHE9850

備忘録的に。

毎度のことなのですが、イヤホンが断線気味だったため、新たなイヤホンを購入しました。

これまではShureのSEシリーズを使用しており、今回のそのラインナップから購入を考えていました。

予算は1万円以内。

某家電量販店でShureの新作を試聴したのですが、残念なことになっていたため、急遽、他のメーカーの物を探すことに。

試してみたのはSENNHEISER、KOSS、MONSTER、PHILIPS、DENON、Klipschでした。
ETYMOTIC RESEARCHも試聴できましたが、以前ETYMOTIC RESEARCHを使用していたこともあり、今回は見送りました。

結果、PHILIPSのSHE9850というイヤホンに決定。

なんといってもフラットな特性が気に入りました。
とりあえず、ロックとジャズの2曲で聞き比べてみたのですが、このイヤホンがもっともベースの音をきれいに鳴らしていました。(基準はやっぱり低音^^)

上記のメーカーの中では、DENON、Klipschのバランスも捨てがたかったですが、PHILIPSが一番癖のない音に聞こえました。
癖のない音、原音再生とまでは言いませんが、そこになんの装置も感じない(つまりは生で演奏している)ような感じに聞こえるのが一番いいと思うのです。
音楽再生に味付けはいらないと思うのですよね。

火曜日の出勤から使うのが楽しみです。

ちなみに聞き比べに使用した音源はSTEELY DAN「DEACON BLUSE」とSONNY CLARK「DEEP NIGHT」です。
音楽部ログなのでDEEP NIGHT貼っておきます。
音源にこの曲を選んだのはただ「大好き」という理由だからです(笑)
まぁこの曲が綺麗に鳴ってくれれば良いかなぁ~という軽い気持ちですね。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2010-09-20 00:20 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

The Goodbye Look

かなり昔の話なのですが、学生の時立ち寄った雑貨屋で、ドナルド・フェイゲンの名曲、The Goodbye Lookのカバーを耳にしました。

なかなかいい感じだったので(どうやって調べたか記憶にないのですが)調べてみると、当時すごく流行っていたFREE SOULシリーズに収録されていることを知りました。

当時からV.A.買わない主義だったため、The Goodbye Lookとはいえ、スルーしていました。
それから時々、あのカバーを思い出しては購入しなかったことを後悔していました。

それから10年強・・・

時間があるときに時々行うSTEELY DAN探訪で元ネタを突き止めました。

なんとアメリカを代表するメル・トーレが歌っていたではありませんか!!

早速、密林に行ってCD発見。手配も完了しました。

バックのビックバンドはマーティ・ペイチでしたね。
マーティー・ペイチの作品はジャケットが素敵で、いつかCD欲しいな、と思っています。

ま、マーティ・ペイチはさて置き、今晩はメル・トーレでThe Goodbye Look。

うーん、良い!!

まだまだSTEELY DAN探訪は終わりそうにありませんね。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2010-09-09 00:19 | Rock(80年代) | Trackback | Comments(0)

FREEFALL

自宅で気持ちよくCAMELのFREEFALLを聴こうとしていたら

イントロのところで

「ニワトリの泣き声みたいやな」

と言われて、それ以来、ニワトリの泣き声にしか聞こえなくなってしまいました(涙

せっかくの名曲が~~!!(><)



25秒あたりから聴いてみてください。

コ、コ、コ、コ、コ、コ、コ、ケ!

コ、コ、コ、コ、コ、コ、コ、ケ!

コ、コ、コ、コ、コ、コ、コ、ケ!







↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2010-09-03 00:48 | Rock(70年代) | Trackback | Comments(0)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る