<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Siberian Khatru

何度聞いても最初の10秒が至福。

今まで聴いた音楽の中でもっともかっこいいイントロはこの曲かな、と今日改めて思いました。

このイントロだけでご飯何杯も食べられる気分。

そして、この作品は多分、YESが一番やりたいことを音楽として表現できていた時期だと思います。

どの角度から眺めても「歴史的名盤」

前作よりもリック・ウェイクマンの個性がいい意味で生かされているところが好きですね。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2011-05-26 23:41 | Rock(70年代)

My Little Suede Shoes

コードを見ながらエレキベースで練習。


循環コードは苦手なのでなんとか克服したいな、と思いつつも、規則正しいコードの配列にシンプルさゆえの美学を感じます。


ちゃんと音源もっていなかったので、いろいろ聞いてみるとグラント・グリーンの演奏にグッと来ました。


ギターのバックの空間をピアノがいるにも関わらずコンガで埋めるところがアルフレット・ライオンの凄いところです。


アドリブに入ってからのドラムのブラシの使い方に驚き!^^;


次回、このCDを買おうと思います。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2011-05-22 23:25 | Jazz

Cantaloop

世界で唯一、ブルー・ノートの音源をサンプリングすることを公式に認められたUS3より一番有名と思われる曲を今晩は聞いています。

元ネタは言うまでもなく、ハービー・ハンコックの「Cantaloupe Island」ですね。

冒頭のMCはジャズクラブ”Birdland”の名司会者ピー・ウィー・マーケットですね。

このMCを使うところが泣けてきます。



↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2011-05-15 23:29 | Rock(90年代)

Garden of Earthly Delights

自分自身の美学についてぼーっと考えていた。


「可知的なもの」すなわち上位能力によって認識されるものは論理学の対象であり、「可感的なもの」は感性の学としての美学の対象である。


可感的という表現、難しいですね。


こちらは”メロディの美学”


どこまでも”ヘンチクリン”で美しい。




↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2011-05-14 00:25 | Rock(80年代)

Bell 5 Motel

音楽を取り巻く環境は急速に変化しているように感じるのですが、昔から言っているようにメディアレス時代というのはロックの形を大きく変えそうで、なんとかならないかなぁ~という気持ちでいっぱいです。

そんなメディアレス時代を迎えて、坂本龍一教授は「音楽は原点である”ライブ”に回帰する」という旨の発言をされていました。

音楽はライブから始まり、メディアに収められ、流通してきたわけですが、またライブに戻るというのも納得できます。



そんなことを日々考えながらGW中に某市の音楽祭に行ってきました。

目的は無料の音楽祭にも関わらず、トリを務めるEGO-WRAPPIN`です。

久々にロックを”ライブ形式”で体験し、音楽の原体験をした感じがしました。

聴衆の中には携帯で撮影して即、つぶやいていたり、録音している人もいましたが、個人的にはこの体験を深く自分の経験として刻みかったので、踊ることも騒ぐこともしませんでしたが、聴衆の誰よりもあの瞬間を楽しんでいたと自負しています(笑

一番のお気に入りは新しいアルバムに収録されているBell 5 Motelという曲です。

F#m一発からリズムの変化、平行調への転調、気持ちいいです。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2011-05-07 22:21 | Rock(00年代)

Hoedown

みなさま、GW満喫していますか?


昨年のGWは仕事で東京に行っていましたが、今年はばっちりお休み。


車で色々な場所に出かけておりました。


某サービスエリアのトイレを使用した際、聞き覚えのあるBGMが・・・


ヴァイオリンの四重奏だったのですが、明らかにロックの曲なのです。


なかなか曲名が思い出せず、悶々としながら手を洗っていると思い出しました。


EL&Pの「Hoedown」でした(笑


あの曲を四重奏で演奏して、BGMっぽく使用されていることが可笑しくなって噴出してしまいました。


あれは誰がアレンジして演奏しているのでしょうか?


ご存知の方がいれば教えてください。


今晩はオリジナルを張っておきます。


初めて聞いたのは多分18歳のとき。


あのころからEL&Pに夢中です(笑


特にグレッグ・レイク色の強い「トリロジー」は大好きでした。


是非とも聞いてください。


ライブではいつも高速で演奏されています。

私の持っているライブCDでも超高速で演奏されています。

このあたりはエマーソンの志向なのでしょうか。

バカテク万歳ッ!!


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2011-05-06 00:37 | Rock(70年代)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る