<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Twiggy Twiggy

今年ももうあと2ヶ月!(早い)

今年は何をやってきたんだ!?と焦っている10月最後の日。

ブログ関係で言うと、実は記事書きかけの下書きが何件もあったりします^^;

その中でももっとも書きたかったのが今年の5月に発売されていた小西さんのソロアルバム。

まだ書きたいことが頭の中でグルグルしているので、今日もまだ下書きのまま^^;

来年の5月までには書きたいです(オイ

そんなわけで、今晩は最近聞いたピチカートから1曲。

元ネタは野宮さんがアイドル!?だった頃のソロアルバムより。

確か、過去に何かで読んだところによると、この曲のアレンジで小西さんは自分の音楽に自信が持てたとか。

インプットも凄いが、アウトプットも凄い。

その間の記憶や制御までも凄い。

モザイクのようなその頭の中を一度、覗いてみたい。

収録されていたアルバムは「女性上位時代」。

細野さんの楽曲のカバーがあったり、個人的には大好きなアルバムでした。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2011-10-31 23:53 | Rock(90年代) | Trackback | Comments(0)

Safari

この週末もふつうに自宅で仕事。10月は本当に大変でした・・・(汗)

先月、確かに作成したと思われる資料が見当たらず、他の案件と混同しており本当は作成していなかった可能性も・・・

人は自分の都合の良いように記憶を作り替えますからね・・・

そんなわけで冷や汗をかきながらの仕事で、どんな曲が心休まるかよくわからないためiPodでシャッフル再生。

冒頭に再生されたのがHorace SILVERのSafariでした。

これくらいの疾走感を持って仕事進めていかなければいけませんよね。

各パートのピックアップがかっこよすぎます。

この感覚こそモダンジャズの一つの頂点。ムーブメントによって昇華した音世界だと思います。

録音しているスタジオの空気まで”記憶”している驚異の録音が「場」のエネルギーを見事に再現してくれています。

もしこのような「場」を体験できるなら、それは極めて濃厚な経験として脳裏に刻まれるでしょう。

改めて聞いてください。これ、1958年の録音です。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2011-10-29 22:25 | Jazz | Trackback | Comments(0)

The comedians

ほとんどの社員が外出していたため、オフィスでは小さくラジオから昔のヒット曲が流れていました。

ふと手を止めて珈琲を入れているとラジオから流れてきたのが、エルビス・コステロ。

あ、そういや最近、コステロ聞いていないな~

と、帰宅時の電車の中で聞いた曲が84年の作品、The comediansでした。

サラっと変拍子(5拍子)なんかでポップス書けるから恐ろしい。

もし、誰かの音楽的才能もらえるならコステロの才能がほしいです。



↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2011-10-11 22:57 | Rock(80年代) | Trackback | Comments(2)

恋の極楽特急

個人的に1990年代の隠れた名盤より愛聴している曲を。

今年の夏にネタにしようと思っていたのですが、動画が削除されてしまっており先送り。

動画が復活していたのであげて見ます。

とにかくなかなか解決しないコードとコーラスのベースラインの疾走感が快感。

彼女の歌声はフラットフラット気味なのでこういう曲調はよく合います。

個人的にはこのフォーマットから新たな展開が聞けず、アルバム3枚買ってあまり新しい音楽に興味を失いました。

そんな感じでデビューアルバムは今でもヘビロテ。

なぜか夜道を歩くときに聴きたくなるんですよね。



↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2011-10-02 22:44 | Rock(90年代) | Trackback | Comments(0)

The Second Arrangement

2011年のSTEELY DANライブの中でどうもThe Second Arrangementが演奏されているようです。

スタッフに誤って消されてから(たぶん)30年ぐらい経過した今、どういう気分で演奏しているのでしょうか?

凄く興味を引かれつつ、今回のツアーでも来日公演が叶わなかった現実の寂しさをかみ締めながら聴いて見ます。

かなり思い入れのある曲なので本気で涙目です^^;

この曲はブートで何曲か聴いたことがあるのですが、このアレンジが最終版ということですね。

ただ、ただ、感激!


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2011-10-01 23:01 | Rock(00年代) | Trackback | Comments(0)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る