<   2012年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

Pot Head Pixies

つまり、ロックが言いたかった事とは、こういう事ではないでしょうか?


”I am.. You are.. We are.... Crazeeee!!”


(本当は物語があって、その中の一曲なのですが・・・^^;)


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-06-30 23:23 | Rock(70年代)

Tarkus

クラシックmeetロックということで、東京フィルがEL&Pのタルカスを演奏していました(笑


編曲は吉松隆、指揮は佐渡裕、超カッコイイじゃないですか!


ちゃんとオケ用に編曲されてあって感動的、そしてタルカスの物語が分かるように、イラスト入りで解説があったのには笑ってしまいました。


こうしてオケでのタルカスを聴いていると、この曲のオリジナルがトリオで演奏されていることに驚きますよね。


本当に質の高い音楽というのは、音数少なく、多くの情報を表現していると思うのですが、そういう意味でもやっぱりEL&Pは偉大なバンドだったと思います。


個人的には「Manticore」で、コール&レスポンスというか、楽器のソロと全体が呼応するところがグっと木巻いたね。(3分10秒あたりからです)


もう一回、この動画みたら、オリジナルのタルカスを聴いてみようと思います。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-06-29 23:48 | Rock(00年代)

「The Nightfly」180グラム高音質盤LPで再発

はぁ・・・


相変わらずのファン失格。たまたま見つけてしまったのですが、こんなものがリリースされているではありませんか!


ドナルド・フェイゲンの『The Nightfly』が180グラム高音質盤LPで再発!(米国版のみ)


なーんとLPでの再発ですよ。


しかもよく分かりませんが、とんでもなく高音質らしい・・・。


そして欲しい・・・。


勿論、The NightflyのLP持っています。というかCDもありますし、SACDもBOXもあります。


それでも欲しい・・・。


このLPの内容検索していると、ちょっと前に気になっていた24bit/96kHzの高音質音源での「The Nightfly」はとんでもない高音質だそうです。


合わせて気になるじゃないですか・・・。


うーむ、どうしたものか・・・(^^; The Nightfly聴いて考えます。









↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-06-28 23:25 | Rock(80年代)

リキの電話番号

日本を代表するスタジオ系ギタリスト、大村憲司のアルバム「外人天国 -Gaijin Heaven」よりSteely danのカバー、リキの電話番号を。


Steely danのオリジナルは言うまでもなくホレス・シルバーのSong for my Father。イントリだけですけどね。


編曲やアレンジが巧みな大村さんなので、アレンジが巧みですよね。ベースの動きが斬新でした。


Steely danのカバーって色々聞きましたが、これは秀逸だと思います。


コーラスの吉田美奈子が凄くいい感じです。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-06-27 23:55 | Rock(80年代)

【CM】KIRINラガー いかりや長介 ベース篇

特に意味はないのですが


一瞬、ウッドベースがメジャーになった瞬間。


久々に見て張りたくなりました。




↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-06-26 23:06 | Rock(00年代)

Invisible

祝!PET SHOP BOYS新作がリリースされるそうです!


ピカソの偉大さの一つに”多作”ということがありますが、なんだかんだで彼らも予想以上に多作なグループになったのではないでしょうか?


今回のテーマは”理想郷”ということで、なんだかこの混沌とした世界には必要な考えなのかもしれません。


公式に早速新作のPV出ていたのですが、相変わらずのセンスというか、不思議なPVとなっています。


曲はちょっとアンビエントっぽい感じ??ちょっと好みかもしれません。


これは発売が楽しみな感じです。PV張っておきます♪


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-06-25 22:26 | Rock(00年代)

The 29, 8 Steps

人に貸して帰ってきていないCDが何枚かあります。


多分、30枚ぐらいはあると思います。


その中から再度、買いなおしたCDもあれば、諦めてしまっているCDもあります。


ふと、そういえば、あのCD帰ってきてないな、と思いYouTubeで検索してみるとありますよね。


高校生の頃に買ったのは覚えていますが、いつ、誰に貸したかまったく記憶にありません^^;


聴きなおしてみると超カッコイイではありませんか。


こりゃ買いなおしだな、と。


ジャンル的にはアシッド系になるのでしょう。ホントこの手のフォーマットの曲、好きだなぁと再確認。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-06-24 23:01 | Rock(90年代)

I Want To Be Loved

今日はLPでジャズを聴きました。


ホレス・パーランのこのLPを聞く理由は、なんと言ってもジョージ・タッカーの”太い”ベースを聞くため。


スピーカーから流れてくるベースは大地を這う、まさにそんなベースです。


相変わらず、このベースを聞くとテンションが上がってしまうのですが、その途中のこの曲でブレイク。


プロムナードというか、とにかく落ち着きます。


暗闇でじっくり聞きたい。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-06-23 23:48 | Jazz

Boys mature slow

大江千里が52歳でジャズピアニストとしてデビューするそうです。


今はこんな感じでジャズをやっているそうです。


それ以前に、大江千里が52歳という事実に時の流れを感じてしまいました。


評論できるほどの立場ではないのですが、アドリブを拝見すると、リズム感というかタイム感にちょっと迷いがあるように感じました。


ちょっとコンテンポラリーぽい弾きかたしているのかもしれませんね。


どんなピアノを聴かせてくれるかちょっと楽しみです。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-06-22 23:55 | Jazz

Me and Mrs Jones

Billy Paulといえば、1972年にアメリカでヒットしたMe and Mrs Jonesですかね。


本当はキャロル・キングのIt's Too Lateのカバーを聴くつもりでYouTube検索したのですが、思わずMe and Mrs Jones聴いてしまいました。


最初の歌いだしであれだけ熱狂的に迎えられれば嬉しいものでしょうね。


サビ前での盛り上げ方、サビでの演奏やピアノ、管楽器のオブリガードなど結構、芸が細かいですよね。


昔はこういうフォーマットのソウルが苦手でしたが、今では大丈夫です。


本当に、こういう感覚、感性の変化というのはなんなのでしょうね。


今晩はしっとりとMe and Mrs Jonesで。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-06-21 23:55 | Soul

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る