'ROUND ABOUT MIDNIGHT

音楽から多くのことを学んできましたが最近、これを学べて良かった・・・と思うのが

「人間の感性は進化する」

ということ。
嫌いだったビールも珈琲も飲み続ければ感性が進化し、美味しくなります。
快楽には助走が必要なのです。

自分の感性が鈍かったのか昔はMILES DAVISが嫌いでした。
最近、徐々にMILES DAVISの美学を理解できるようになり、その美学の次元の高さに飲み込まれていきます。

f0062463_23402221.jpg

**************************************************
'ROUND ABOUT MIDNIGHT/MILES DAVIS
(1955年録音)

MILES DAVIS:tp
JOHN COLTRANE:ts
RED GARLAND:pf
PAUL CHAMBERS:b
PHILLY JOE JONES:ds

1.'ROUND ABOUT MIDNIGHT
2.AH-LEU-CHA
3.ALL OF YOU
4.BYE BYE BLACKBIRD
5.TADD'S DELIGHT
6.DEAR OLD STOCKHOLM

***************************************************

→MILES DAVISはモダン・ジャズの帝王として常に最先端のJazzを引っ張ってきました。
音楽には背景があり、ある程度スタイルというものがあると思われるのですが、MILES DAVISはあらゆるスタイルのJazzを演奏できる数少ないアーティストだと思います。
そこが帝王と呼ばれる所以でしょう。

この作品はプレステッジ契約期間に極秘にコロンビアレコードと契約してあの「マラソン・セッション」と呼ばれる4部作と同時代に録音させた作品で、契約の問題上、プレステッジからコロンビアに移籍してから発売された作品です。

4部作は歴史的名盤として、さらにJazz入門として知られる作品で素晴らしい作品ですが、同時代に録音された本作品は4部作よりももっとリリカルで耽美な音世界を追求しようとした意図が感じられます。

冒頭の1.'ROUND ABOUT MIDNIGHTはよくMILES DAVISのバラードの名演などと称されていますが私にはこの曲がバラードには聴こえません。
大胆なアレンジに大胆な構成、音数を極度に落とした彼のトランペットからは「感情」よりも先に「音楽的力」を感じます。
ただ、スローなテンポでバラード調に吹いているからバラードなんだ、というロジックはきわめて表面的にしか音楽を捕らえていないとしか言えないでしょう。
この1曲にMILES DAVISの美学が詰め込まれえており、さらに凄いことにここで表現された美学は彼のどの作品を聴いても聴けません。
作品ごとにその美学が異なっているのです。

これぞ帝王の音楽、これぞ本物の音楽・・・参りましたm(__)m

ここ数年で急にMILES DAVISの美学を理解できるようになったのでこれからもっと他の作品も聴いていきたいと思います。

amazonへ。
[PR]
# by deaconred | 2006-03-02 23:30 | Jazz | Trackback | Comments(6)

O RITMO E O SOM DA BOSSA NOVA

昨日のブログ書きならがJazzだ、BossaNovaだ、などと考えていたらなんとなくBossaNovaを聴きたくなってしまいました。
ところが今日はあいにくの雨模様。肌寒い雨の朝に聴いてみましたが、なかなかマッチしませんでしたね。
やはりBossaNovaは晴れた日に限ります♪
気温関係なく晴れた日はピッタリくるのですがね。明日は晴れて欲しいです。

f0062463_23302292.jpg

**************************************************
O RITMO E O SOM DA BOSSA NOVA/MILTON BANANA
(1962年録音)

1.VOCE E EU
2.BOSSA NOVA BLUES
3.NAO FAZ ASSIM
4.INFLUENCIA DO JAZZ
5.DESAFINADO
6.O AMOR E A ROSA
7.O APITO NO SAMBA
8.SHORA TUA TRISTEZA
9.O MENINO DESCE O MORRO
10.CHEGA DE SAUDADE
11.BOATO
12.SAMBA DE UMA NOTA SO

***************************************************

→BossaNovaのリズムといえば創成期の時代から歴史的名盤まで幅広く活躍したMILTON BANANAです。勿論、本名ではありません。
JOAO GILBERTの「CHEGA DE SAUDADE」やかの有名なカーネギー・ホールのライブ、さらに歴史的迷盤である「GETZ&GILBERTO」などでドラムを叩いています。まさに第一人者と言えるでしょう。

MILTON BANANAの作品はピアノ・トリオ形式が多いのですが、初めてのリーダー作である本作はテナー・サックス(&フルート)、ピアノ、ギター、ベース、ドラムという編成で望んでいます。以後の諸作品もそうですがとにかくドラムの音とリズムを楽しむためにMIXの段階でドラムの音が全面に出ています。

一つ違和感があるのはギターがアコースティックではなく、エレキ・ギターという点です。
そもそもBossaNovaとはアコースティック・ギターで演奏される音楽だと思うのでエレキ・ギターがかなりのミス・マッチ・・・(汗)この編成の意図を是非知りたいことです。そんな理由で編曲やアレンジはむしろJazz的だと言えるでしょう。

ジャケットを見ていただくと分かりますが使用しているドラム・セットは極めてシンプルです。スネアドラムの位置が非常に身体に近く、そのセッティングで叩けるのか?と疑問に思いますがそんな疑問も音を聴いていただければすぐに吹き飛ぶぐらいいいドラムです。
曲によってはカウベルなどを使用してリズムに変化をつけています。

全ての曲が素晴らしいですが、愛聴しているのが4.INFLUENCIA DO JAZZ(ジャズの影響)という曲です。コーラスでのリム・ショットとタムの使い分けが素晴らしいですね。これぞまさにBossaNovaのリズムなのでしょう。

うーん。素晴らしい。

amazonへ。
[PR]
# by deaconred | 2006-03-01 23:30 | BossaNova | Trackback | Comments(2)

WE GET REQUESTS

自分で自分の性格を分析すると「メジャー」になるものに興味を示さないという捻くれた性格があると気づきます。
なんだか好きだったアーティストも売れ出すと聞かなくなるというか・・そういった感覚です。

そういう捻くれた性格を持っていると今更聴けない、今更買えない「名盤」と言うものが出てきます。
ダメですね・・・そういう性格。

名盤と呼ばれる作品は名盤たる所以があって名盤と呼ばれるわけで、そこから眼をそらしてはいけないのでしょう。

今日も久々にこんな名盤聴いていたらやはり名盤は色あせないなぁ・・・と再確認。
何度も聴いたはずの作品のはずが聴けば聴くほど発見があるものです。
名盤とは繰り返し長く聴ける作品を指すのかもしれません。

f0062463_22332115.jpg


**************************************************
WE GET REQUESTS/OSCAR PETERSON
(1964年作品)

OSCAR PETERSON:pf
RAY BROWN:b
ED THIGPEN:ds

1.QUIET NIGHTS OF QUIET STAR
2.DAYS OF WINE AND ROSES
3.MY ONE AND ONLY LOVE
4.PEOPLE
5.HAVE YOU MET MISS JONES
6.YOU LOOK GOOD TO ME
7.THE GIRL FROM IPANEMA
8.D AND E
9.TIME AND AGAIN
10.GOODBYE J.D.

***************************************************

→Jazzを聴かない人でもなぜか知っているOSCAR PETERSONのご機嫌な1枚。
歴史的名盤にしてJazz入門には最適の1枚でしょう。
JazzはハッピーなJazz、難解なJazz、エンターテイメントなJazz、ファンキーなJazzなど色々な表情を持った音楽だと思うのですが、この作品はそんなJazzのあらゆる魅力が楽しめる1枚です。

OSCAR PETERSONはトリオ形式で最もその魅力を引き出すことのできるピアニストで、RAY BROWNとED THIGPENを迎えたこのトリオはJazz史上最高なピアノトリオの一つと言えるでしょう。
特にOSCAR PETERSONのバックを支えたRAY BROWNのベースはとにかく素晴らしい!の一言です。
基本的に低音フェチなのでJazzを聴くときもRockを聴くときもベースを中心に聴いてしまうのですが右手の人差し指1本で紡ぎ出されるポーンという輪郭のはっきりした音は私の理想とするベース音で、RAY BROWN以外でこんな音を出せるベーシストは他にいません。
その音は軽快でありながら重く、サスティーンも美しいまさに「木」が鳴っている理想の音で、それに加えてピッチ、フレージング、スイング感、タイム感、ベース・ソロ、全てが完璧です。

曲はスタンダード・ナンバー中心の選曲で親しみやすい作品です。
久々に聴いて感心したのはBossaNovaの名曲1.QUIET NIGHTS OF QUIET STARと7.THE GIRL FROM IPANEMAのタイム感です。
そもそもJazzとBossaBovaは異なった音楽ということは置いておいてもここでのタイム感は真にBossaNovaのリズムといえるのではないでしょうか。
ただ、ベースも1度と5度を弾くだけでなくときに2拍3連やオクターブ、経過音としてのdimなど勉強になるものばかりです。
ピアノもお得意の高音域でのアドリブ展開でOSCAR PETERSON節炸裂です。メロディをフェイクしたフレーズがご機嫌ですね。

Jazzは即興が命でなかなか同じメンバーでの活動が少ない中、OSCAR PETERSON、RAY BROWN、ED THIGPENのコンビは非常にいいバランスのコンビです。

amazonへ。
[PR]
# by deaconred | 2006-02-28 23:00 | Jazz | Trackback | Comments(7)

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る