LIVE AT THE CAFE BOHEMIA

今、この瞬間も時間は進んでいて世の中も刻々と変化しています。
後にマクロな視点から過去を振り返るとその変化をリアルに体験していたことに気が付くかもしれません。
世の中の個々の事象は水滴のようなものであり、遠くから見て初めて虹になるようなものです。

そういったマクロな視点から音楽を見ると大きな変化は「ムーブメント」として現れるようで、どんなジャンルの音楽であろうと「力」溢れる音楽になっていると感じます。
その時代をリアルに体験したミュージシャンや聴衆は本当に幸せだったでしょう。

モダン・ジャズはバップ→ハード・バップと移行していきますが、バップがハード・バップへと移行している時代のジャズは今聴いても十分モダンです。

その普遍的な「力」に触れる、そんなジャズを。

f0062463_22335648.jpg


**************************************************
LIVE AT THE CAFE BOHEMIA/GEORGE WALLINGTON
(1955年ライヴ録音)

GEORGE WALLINGTON:pf
DONALD BYRD:tp
JACKIE McLEAN:as
PAUL CHAMBERS:b
ARTHUR TAYLOR:ds

1.JOHNNY ONE NOTE
2.SWEET BLANCHE
3.MINOR MARCH
4.SNAKES
5.JAY MAC'S CRIB
6.BOHEMIA AFTER DARK

***************************************************

→白人バップ・ピアニストのGEORGE WALLINGTONが始めて結成したクインテッドのライヴ盤。

GEORGE WALLINGTONはオペラ歌手を父に持つイタリア人で1歳の時に家族で米国へ移住。
将来はクラシック・ピアニストになって欲しいと願う父から厳しくピアノを指導されますが、初めてジャズを聴いてからその魅力に惹かれてクラシックからジャズへ転向し父から勘当されてしまいます。
その後、数々の名演を残しますが勘当されてからハーレムに出入りしていたことからスキャンダルに巻き込まれ絶頂期にジャズ階から引退してしまうという悲劇のピアニストです。

何か新しい音楽が生まれる瞬間というものを体験できたならその「力」に鳥肌が立つかもしれません。
過去にも書いているのですが、なにか新しいものが生まれる瞬間と言うのは普遍的な力が宿ると私は信じています。その力は音楽に限らずあらゆる表現の場で言えることでしょう。
この作品はGEORGE WALLINGTONの芸術的なピアノも聴きところですがなんと言ってもDONALD BYRDとJACKIE McLEANによる熱いフロントに注目です。
そもそもライブで演奏する場合、テンポやリズム、調性などを気にして選曲するものですが、このライブは全曲アップテンポで頭から最後まですごい疾走感で駆け抜けます。
テンポやリズムの変化なしに最初から最後まで聴かせる事ができるのは音楽そものもに力がある証拠でしょう。

合わせて他の曲のコード進行を拝借した所謂「替え歌」を含めてJACKIE McLEANのオリジナルが素晴らしいです。
個人的にはフロントの2管が不思議な和音とコール&レスポンスが印象的な3.MINOR MARCHを愛聴しています。
バッキングの3人もとてもドライブしており、ここでのPAUL CHAMBERSの疾走感はモダン・ジャズ・ベースの模倣的なベースだと常々感じます。

もしこの時代に戻ることができてこんなライブを体験できればどんなに素晴らしいか・・・と感じる一方で現在の音楽シーンにこのような力が感じられない状況を悲しく思います。

amazonへ。
[PR]
# by deaconred | 2006-02-08 23:00 | Jazz

THE NEW YORK ROCK AND SOUL REVUE

ネット上で物書きを再開するにあたって「再開・復活」というキーワードで自分のCDを眺めると最も敬愛するSTEELY DANの復活・再結成ということが頭に浮かびます。

1993年に19年ぶりのLIVEを行い、その後、精力的に活動を続けているSTEELY DANを生で2度(1996年と2000年)も観ることができたことは奇跡に近いかもしれません。

そんなSTEELY DANが復活・再結成するキッカケになった作品を今日は聴いてみたいと思います。

f0062463_22431367.jpg


***********************************************************
THE NEW YORK ROCK AND SOUL REVUE/V.A.
(1991年ライヴ録音)

1.INTRO
2.MADISON TIME
3.KNOCK ON WOOD
4.GREEN FLOWER STREET
5.SHAKEY GROUND
6.AT LAST
7.LONELY TEARDROPS
8.DROWNING IN A SEA OF LOVE
9.DRIFTING BLUES
10.CHAIN LIGHTNING
11.GROOVIN'
12.MINUTE BY MINUTE
13.PEOPLE GOT TO BE FREE
14.PRETZEL LOGIC
15.MADISON REPRISE

***********************************************************

→1980年にSTEELY DANを解散したDONALD FAGENとWALTER BECKER、先に活動したのがFAGENで1982年に初のソロ・アルバム「NIGHTFLY」を発表します。
1989年、2枚目のソロ・アルバムの製作に行き詰っていたFAGENはガールフレンドのLIBBY TITUSが企画する小さなクラブでのショーに出演するようになり、大いに楽しみます。
このショーはDONALD FAGENが参加しているだけでなくCARLY SIMONやDR.JOHNなどの大物ミュージシャンも参加してどんどんその評判は広がり、「NEW YORK SOUL」と命名され大規模なステージで行われるようにまでなりました。
この作品は1991年にBEACON THEATERで行われたショウの録音で、DONALD FAGENが総合プロデュースとホストを務めています。

タイトルが「LIVE」や「CONCERT」ではなく、「REVUE」となっているとおり、この作品はエンターテイメントとしての要素が強く、演奏者と聴衆の距離や一体感が素晴らしいです。
出演者はDONALD FAGENの他にMICHEAL McDONALDやBOZ SCAGGS、PHOEBE SNOWなどが参加しています。選曲は出演者の持ち歌ですが全体的に「ROCK AND SOUL」と名のつくとおりBLUESをはじめROCKからSOULな曲ばかりです。

STEELY DAN関係から4.GREEN FLOWER STREET、10.CHAIN LIGHTNING、14.PRETZEL LOGICの3曲が演奏されています。
4.GREEN FLOWER STREET ではFAGENがピアニカを使って演奏しているのですがこれが最高にグルービーなのですね。ここまでピアニカをかっこよく吹ける人が他にいるでしょうか?鳥肌です。
10.CHAIN LIGHTNING、14.PRETZEL LOGICは複雑に転調を繰り返すBLUESで、どちらも各パートのアドリブが素晴らしいです。ハイライトは14.PRETZEL LOGICの後半でボーカルをとるMICHEAL McDONALDです。そもそもその声量や表情について説明が要らないぐらい声で有名なMICHEAL McDONALDが唄うSTEELY NAMBERはその組み合わせだけでも聴く価値があるでしょう。

この時のメンバーで最終的には全米ツアーを行うようになり、そこにWALTER BECKERが参加したことがSTEELY DAN復活のきっかけになりました。
STEELY DANファンは最初に企画したFAGENのガールフレンド(現妻) LIBBY TITUSに感謝しなくてはいけませんね。

amazonへ。
[PR]
# by deaconred | 2006-02-07 20:00 | Rock(90年代)

【雑記】ごあいさつ。

「The Second Arrangement」をご覧の皆様、はじめまして。

ここは雑食系音楽好きのdeaconredがCDの紹介をメインに書くブログです。
私は某所にてCDを紹介してきたのですが、一身上の都合で中止。
そのコンセプトを引き継ぐ手段としてブログを選択いたしました。
このブログがどういう方向で展開していくか私自身、とても楽しみにしています。

更新は毎日とは行かないかも知れませんが、時間の許す限り更新していきますので
今後とも是非ご贔屓にしてください。

宜しくお願いいたします。m(__)m

deaconred
[PR]
# by deaconred | 2006-02-06 12:00 | 雑記

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る