タグ:Kraftwerk ( 16 ) タグの人気記事

Karl Bartos Kraftwerk - Computer Love

某都市のホテルに滞在しているのですが


ネットがめっちゃ遅い!


という10年前のようなストレスを感じています。


”当たり前”という感覚は恐ろしいものです。


結局、データカードでのテザリングで対応。


ADSLめっちゃはえー!って感じに戻っています^^;


ホテルでYouTube聞きながらの仕事していましたが、たまたま見つけた動画では


バンドを脱退した人がオリジナルの歌を歌っていました。


当時はパーカッションしかさせてもらえませんでしたから、歌いたかったのでしょうね^^;


元ロボットだった人によるコンピューターでの愛を。


Karl Bartos Kraftwerk - Computer Love - 2000


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-04-25 23:36 | Electoronica

Numbers/Computer world

終電で帰宅したこんな日は少し愚痴を(笑


なんでも仕事を振る人が悪いのか


なんでも受けてしまう私がいけないのか(笑


仕事だけでなくPCに関する質問まですべて集まってくる。


そもそも回りのPCスキルが低すぎる。なんでも私に聞きすぎる(笑


世の中、こんなにコンピューターで動いているのにもうちょっと勉強しましょうね。


とくに女性スタッフさん(^^;


コンピューターの勉強もかねて今晩はNumbers/Computer worldを。


DJ的発想としては4分20秒からNumbers→Computer worldのつながりは神。


しっかり目を見開いてみてください。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-04-23 23:59 | Rock(00年代)

Hall of Mirrors

休みということで、レコード鑑賞。


今日はテクノ系を中心に聞いていたわけですが、やっぱりテクノはアナログで聴くのが良いです。


改めて斬新に感じるのはKraftwerkですね。ヨーロッパ特急聞きまくりでした。


改めてこの歴史的名盤を聞いてみると、テクノだとかロックだとか、そういう定義の問題以前にシンセサイザーや反復の美学なるものを追求している点に気づきます。


鏡を覗けばあたかも自分が偉大なるスターのように・・・たしかそんな歌詞だったような・・・


シンセサイザーの使い方が鏡の世界をちゃんと表現していると思いませんか?


なんかこういう実験的な音楽って今の商業的なフォーマットではできないのでしょうね^^;


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-03-20 21:56 | Electoronica

【雑記】Kraftwerk - Retrospective 1 2 3 4 5 6 7 8

タワーレコードのサイトより転記。


f0062463_055277.jpg
電子音を駆使したエレクトロニックなサウンドでテクノやヒップホップといったジャンルにも多大な影響を与えたドイツのバンド、クラフトワーク。彼らが、ニューヨーク近代美術館(MoMA)にて過去作の再現ライヴを8夜連続で開催することがあきらかとなった。

〈Kraftwerk - Retrospective 1 2 3 4 5 6 7 8〉と名付けられたこの一連のコンサートは、4月10日から17日にかけて予定されているもの。初日の74年作『Autobahn』を皮切りに、75年作『Radio-Activity』、77年作『Trans Europe Express』、78年作『The Man-Machine』、81年作『Computer World』、86年作『Techno Pop』、91年作『The Mix』、そして現時点での彼らの最新作に当たる2003年作『Tour De France』の8枚のアルバムをテーマにしたパフォーマンスが、一夜ごとに披露されるという。ライヴでは音楽のみならず映像面でもコンセプチュアルなアイデアを採り入れてきた彼ららしく、3Dヴィジョンを使った演出も導入される模様だ。〈回顧展〉というタイトルが示すように、クラフトワークの歴史を辿ることのできる貴重な公演となることは間違いないだろう。

チケットの一般発売は2月22日にスタート。この機会を逃したくない人は渡米を検討しよう!



マジですか!MoMA×クラフトワークなんて超素敵じゃないですか!


本気で行きたいですが、紐育は遠いです・・・。


映像化は難しいでしょうが、ちょっと心の中で期待しております・・・・。

↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-02-18 12:00 | Electoronica

Neon Lights

仕事でミス発生しました。


原因は単純なヒューマンエラー。


準備すべき資料のヌケモレでした。


重要な資料ではなかったため、大きな問題にはなりませんでしたが


そもそも前に立つ人が作成した準備リストの段階でヌケモレておりました。


これではチェックしようがありません・・・^^;


およそほとんどのミスというのはヒューマンエラーなわけで、チェックする人が「人」なら同じミスを続けてしまうかもしれません。


失敗の本質とは常に同じなのかもしれません。


そういう意味でもマンマシーン。


企画書作りながら夜のネオンを眺めています(涙


Kraftwerkで” Neon Lights”


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-01-25 23:47 | Electoronica

Radioactivity

なんとかならんかね~

民主党ですか?



本当に人災ならないように願いを込めて


歌詞に「FUKUSHIMA」とは加わらないように(切実)




↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2011-03-25 23:31 | Electoronica

THE CATALOGE・BOX SET

祝!デジタルリマスター!
f0062463_1155498.jpg
f0062463_1161918.jpg

ずっと出す、出す、と言っていたクラフトワークのデジタル・リマスター版が発売されるようです。
しかもジャケットデザインまで変更し、BOXSETにしたりしています。

これは買いですね。

しかもご丁寧に英語盤、ドイツ盤の2タイプを用意しています。
3年ぐらい前の噂ではSA-CDでの発売、との話もありましたが、それではないようですね。

英語盤のCDは全て持っているので、ここはドイツ盤を買おうかと検討中。
ただ、ドイツ盤は100%輸入品になるところがちょっと引っかかりますね。

まぁ相変わらずツッコミどころ満載なのですが、一番ツッコむところは

Electric Cafe → Techno Pop

への正式な変更です(笑)
まぁ元々は「Techno Pop」という作品だったはずなのですが、ラルフ氏が自転車を愛するばかりに生死をさまよう事故にあってしまい、「Techno Pop」が流れたというのは有名なお話。
しかも意識を取り戻した際の第一声が「僕の自転車はどこ?」ですからね(笑)

リマスタということで試聴してみると確かにリマスタ効果か音が太くなっている印象がありました。
丁度、Techno Popを試聴したのですが、カール・バルトスが歌っていたあの曲がリミックスされていたように記憶しています^^;

何はともあれ、祝!リマスタ!
確かドイツ盤は11月の頭には出る感じだったので、発見次第、BOX買います♪
クラフトワークの作品を未だお持ちでない方はこの機会に是非!!

↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2009-10-31 01:26 | Electoronica

8-BIT OPERATORS

今日の1枚は、買わない・・・絶対に買わない・・・と自分に言い聞かせながらも結局は買ってしまった1枚を。

そもそもこの作品はインターネットの情報で知りました。
記事を読んで、絶対に買わないでおこう・・・と心に決めたはずなのでTowerで出会って結局は買ってしまったのです。

ファンとは辛いものですね。どうもSTEELY DAN関係とKRAFTWERK関係は買ってしまうようです^^;
f0062463_038582.jpg
**************************************************
8-BIT OPERATORS
(2007年作品)

1.ROBOTS (Die Roboter)
2.POCKET CALCULATOR
3.COMPUTER LOVE
4.SHOWROOM DUMMIES
5.MODEL
6.RADIOACTIVITY
7.KRISTALLO
8.SPACELAB
9.COMPUTER WORLD
10.ELECTRIC CAFE
11.TRANS-EUROPE EXPRESS
12.TANZMUSIK
13.IT'S MORE FUN TO COMPUTE
14.ANTENNA
15.MAN-MACHINE

**************************************************

→ネットでも記事では「ドイツが生んだ偉大なるテクノ・バンド、クラフトワークを、8ビット・サウンドでカヴァーするプロジェクトが始動! 世界各国の8ビット・アーティストが集うトリビュート・アルバム『8-Bit Operators』が発売!」となっていましたが、果たして8ビット・アーティストっているのでしょうか?^^;

8ビットの音楽・・・・簡単に言ってしまえば「ファミコン」のような音楽です。
人間の声だけは生音が基本ですが、その他の音はきわめてレトロなピコピコ音です。
最新テクノロジーを使ってローテク表現とでも言いましょうか・・・
ファミコン世代にはとても懐かしい音だと思われます。

クラフトワークについては何度かこのブログでも書いている通り、世界で最もきわめてまじめに、全力でバカなことをしているバンドです^^;
プログレ時代から始まって、乗り物シリーズ、ロボット、ロシア構造主義、と一貫性が無いようでとてつもなく芯のとおった音楽を演奏しています。

70年代前半ではそれほど評価されていなかったようですが、デトロイト・テクノやヒップ・ホップの分野に絶大なる影響を与えるなど近年その評価は上昇し続けています。
サンプリングという手法がロックに取り入れられて以来、音楽のありかたの根本が変わってしまったように感じるのですが、世界で最もサンプリングされているアーティストの一つがクラフトワークであるというのは単なる偶然ではないでしょう。

この作品の楽しみ方は、クラフトワークの極限にまでそぎ落とされた音数をいかに再構築するか?という点にあると思います。
最大の表現を最小の音だけで表現してしまっている楽曲ばかりですから、かなりのセンスを問われると思います。
今まで何枚もクラフトワークのこのような企画(ラテン化も含めて(笑))を聴いてきましたが、この8-bitサウンドはなかなかツボでした。

ファミコン時代のあの音を用いて表現されたクラフトワークの世界は「正確でない」テクノの時代を思い出させると思います。
限りなネタな作品ですが、クラフトワーク信者には是非とも聞いてもらいたい作品でした^^;

↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓
にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2008-04-02 22:21 | Electoronica

AERODYNAMIK,LA FORME

9月6日のブログに書いたのですが、ピコピコの神、KRAFTWERKのリミックスが発売!というネタを書きました。

その後、仕入れに向かってはチェックしていたのですが、なかなか出会えず、またもや発売延期なのか?と思っていました。

先週、仕入れに行ったとき、ふと洋楽のシングルコーナー(そんなのあったのね)に行ったら発売しているじゃないですか!

そういうわけで早速購入!!

基本的にリミックスですが、やっぱり神は神。

鬼カッコいいです。

ファンは買ってください^^;

f0062463_2365384.jpg
***************************************************
AERODYNAMIK,LA FORME/KRAFTWERK
(2007年RE-MIX)

1.AERODYNAMIK [Intelligent DeSign Mix]
2.LA FORME [King of the Mountains Mix]

REMIX BY HOT CHIP

***************************************************
[PR]
by deaconred | 2007-12-25 23:54 | Electoronica

【雑記】神降臨!

STEELY DANの来日に酔いしれていたら

神 降 臨 ! !

クラフトワークの新譜(というよりリミックス)が発売されるようです!
Aero DynamikとLa Formeのリミックスのようですね。

頼む!発売してくれ!!!!(^^;)

f0062463_23321787.jpg


クラフトワークとは??

クラフトワーク(Kraftwerk、ドイツ語読みでクラフトヴェルク、発電所の意)は、ドイツの電子音楽演奏集団、テクノユニットである。
彼等の楽曲は電子楽器を用いた(テクノポップやデトロイト・テクノを含めた広義の意味での)テクノ・ヒップホップ・ユーロビートなどの音楽ジャンルの発展に大きな影響を与え、サンプリングの元ネタとしてはジェームス・ブラウンとともに最も使われているアーティストとも言われる。

つまりはピコピコ界の神なのです^^;

全ての人にクラフトワークの素晴らしい音世界をオススメいたします♪
[PR]
by deaconred | 2007-09-06 23:36 | 雑記

CD紹介から楽曲紹介に変更してしまっているブログ。


by deaconred
プロフィールを見る