YES

「連続」

とはひとつの秩序と言えると思います。


音楽には欠かせない「リズム」も強拍と弱拍の「連続性」がなければ「リズム」として認識されないでしょう。
北欧のテキスタイルにも「連続性」を見出すことができます。

どうも私は「連続」というキーワードに反応して精神が高揚するようです。

そういう意味でも「連続」というキーワードは私の精神を高揚させます。

同じテーマをずっと続けている英国のポップ・スターが新作を届けてくれました。
ドラムマシーンの音、サンプリング、シンセサイザー、独特な歌声、同じパターンの「連続」で聞かせてくれる彼らの音楽は精神を高揚させてくれます。
f0062463_0595641.jpg
**************************************************
YES/PET SHOP BOYS
(2009年作品)

1.LOVE etc.
2.ALL OVER THE WORLD
3.BEAUTIFUL PEOPLE
4.DID YOU SEE ME COMING?
5.VUlNERABLE
6.MORE THAN A DREAM
7.BUILDING A WALL
8.KING OF ROME
9.PANDEMONIUM
10.THE WAY IT USED TO BE
11.LEGACY
12.LOVE etc. (Pet Shop Boys Sex mix)

**************************************************

→3月はブログ書けていませんね(汗)
今日のネタは全くチェックできていなかったPSBの新作です。

PSBに関してはもう内容関係なく、全ての作品即購入です。
自分の音楽履歴の中でも最も影響を受けているアーティストなのかもしれません。

個人的にPSBの最高傑作は1993年の「Very」で、その後に発売されている作品も当然大好きながら「Very」を超える作品は1999年の「Nightlife」ぐらいでした。
2000年以降は2002年の「Release」は??、2006年の「Fundamental」は○といった感じで、好みのど真ん中ストライクな作品はありませんでした。

しかし、今回の作品はかなりの好みです。

PSBの一番の特徴は常に時代を風刺する皮肉たっぷりの歌詞に常に最新のスタイルを自己の音楽に取り込むセンスにあると思います。
作曲としてはそれほど才能があるわけではないのですが(否定で言っているのではなく)その音楽的スタイル、機材等々、常にシーンの最先端を走っているところが本当にスバラシイです。

PSBの音楽を聴いていて常々感じるのは「ポップス」とはなに?と言うことです。
彼らの音楽は一種のピコピコで、エレクトロニカなどに分類されることがありますが、昔から「ポップ・ミュージック」という軸からぶれていないという信念があるように感じます。

そもそも「ポップス」とはどういう音楽なのか?というのは10代の頃からのテーマで、自分なりには答えを見つけ出しているつもりではあるのですが、PSBの新作を聴くたび、その疑問にぶち当たってしまいます。

さて、中身ですが、先にブログで紹介した1.LOVE etc.が中毒的に脳内再生されてしまいます。
PVの印象が強いのも影響しているのかも知れません^^;
曲を聴くたびにあのPVが脳内で補填されてしまいます。
「お金では幸せになれないかもしれないけど愛では幸せになれる。」と言ったベタな曲ではあるのですが、そのためにはスーパースターでなくてもいい、スーパーカーを運転しなくてもいい。という歌詞の羅列がいかにもPSBらしく、ほくそえんでしまいます。
シャッフル調のリズムも目新しく感じる点かもしれません。

2.ALL OVER THE WORLDは何故かリフに「くるみ割り人形」を用いていて歌詞のアイロニーとハウスのリズムにマッチしているようでマッチしていない感じがPSB的でした。

今一番のお気に入りが6.MORE THAN A DREAMです。
イントロから好きなタイプの曲調で、バースからサビへの展開が素敵です。
サビのメロディーもセクシーで良いです。

7.BUILDING A WALLは欧州では良く取り上げられる(?)テーマである「壁」について歌った曲です。
バックボーカルのニールの声が地声すぎて笑えました。

8.KING OF ROMEは1990年に発売した「Behaviour」時代の頃のような内向的な曲調。
曲はナポレオンの息子の物語からのインスピレーションだそうです。
全体的に静寂な音世界で、精神に訴えかけるピコピコは好みです。

と、ざっと曲の印象を書いてみましたが、本当に良い作品です。
2000年代のPSBの作品の中では一番の出来ですね。

勢い的に来日!とか全然期待していないので、これからもコンスタントに新作届けて欲しいです。
これからの人生でやっぱりPSBの音楽が私には必要です。
一生ファンだと思いますね。

↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓
にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
Commented at 2009-04-02 20:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by deaconred | 2009-03-31 23:59 | Electoronica | Comments(1)