THE OSCAR PETERSON TRIO WITH SONNY STITT, ROY ELDRIDGE AND JO JONES AT NEWPORT

木曜日の深夜に素人さんが歌って、プロが合格だせば曲書きますよ。という趣旨の番組をやっています。
(地域によっては木曜日ではなく月曜日の深夜に放送しているようです。)
昔、見ていた頃はアンタッチャブルが出演していましたが、最近ではチュートリアルが出演しているようですね。

この番組を見ていると「プロ」のミュージシャンになりたい人って多いんだな~と常々思います。
音楽が大好きで、お金を使うと言えばCD買うぐらいの私は一度もミュージシャンになりたいと思ったことはありません。
そもそもそんな音楽的才能もなければ音楽的センスもないと自覚しています^^;
それにこれだけ音楽が好きなので仕事にして「音楽が嫌いになる」ということも恐れていたのかもしれません。

今では自由な世の中なので、「自分がなりたいものにチャレンジできる」時代ですが、数十年前ではそんな当たり前のことも当たり前ではなかったのかも知れません。

この番組を見ていると、「音楽を職業にする人」と「音楽しか職業に出来なかった人」について考えさせられます。

昔のジャズを聴いていると、やっぱり当時のミュージシャンは後者だったのだろうな、と考えてしまいます。
f0062463_0474715.jpg
**************************************************
THE OSCAR PETERSON TRIO WITH SONNY STITT, ROY ELDRIDGE AND JO JONES AT NEWPORT
(1957年録音)

SONNY STITT:as,ts
ROY ELDRIDGE:tp
OSCAR PETERSON:pf
RAY BROWN:b
HERB ELLIS:g
JO JONES:ds

1.WILL YOU STILL BE MINE?
2.JOY SPRING
3.A GAL IN CALICO
4.52ND STREET THEME
5.JO JONES INTRODUCTION
6.MONITOR BLUES
7.WILLOW WEEP FOR ME
8.AUTUMN IN NEW YORK
9.ROY'S SON

**************************************************

→最近、よく聴いている「昔のジャズ」から1枚をセレクト。
1957年のニューポート・ジャズ・フェスティバルのライブ録音によるオスカー・ピーターソンです。

ニューポート・ジャズ・フェスティバルは1954年に始まり、50年以上の歴史をもつイベントで、最も古い○○ジャズ・フェスティバルのひとつです。
このフェスティバルの模様を収録した名演を録音で聞けるのは非常に幸せなことだと思います。

さて、内容はオスカー・ピーターソンのトリオにソニー・スティットとロイ・エルドリッジ、ハーブ・エリスが参加している形です。
オスカー・ピーターソンのトリオと言えば、ベースにレイ・ブラウン、ドラムにエド・シグペンですが、ここではドラムに・ジョー・ジョーンズを迎えています。
ジョー・ジョーズという名前を聞くたびにその名前の響きから吉田義男を思い出します。どうでもいい話ですね^^;

オスカー・ピーターソンのピアノスタイルは、88鍵全てを使う音域の広さとスローなフレーズから超高速のフレーズまで弾きこなす技巧が聴き所です。
そしてそのテクニックが「上手いだろ!」とは聞こえず、どこまでも楽しくソウルフルに聞こえてきます。
その音楽的懐の深さに惹き込まれてしまいます。
ジャズ・フェスティバルということで選曲もスタンダードで、全員が演奏を心から楽しんでいます。

アップテンポのブルースもいいですが、(季節違いで)8.AUTUMN IN NEW YORKにグッと涙してしまいます。
ソニー・スティットのアルトが泣きのフレーズを連発して、春だけど一気に秋へ。
バラードによる空間の埋め方も上手く、たった2分半強の短い演奏ですが、非常に密度の濃い演奏になっています。

2.JOY SPRINGは天才トランペッター、クフォード・ブラウン作曲。
ご存知のとおり、クリフォード・ブラウンは1956年に自動車事故により若くして亡くなります。
このライブが1957年。演奏の前にはクリフォード・ブラウンの名前を出して曲の紹介をしています。
レイ・ブラウンのベースはフレーズ、間、スイング感、どれをとっても超一流ですが、特にこの曲での間とスイング感はゾクゾクしてしまいます。
後半、ピーターソンの手数が多くなるのですが、惑わされることなく、淡々とベースラインを刻んでいる対比がとても好きです。

ジャケットは誰一人こちらを向いていませんが、良いジャケットですね。
記憶では1,200円ぐらいで買ったCDでした。
非常に良い買い物をさせていただきました。

↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
Commented by スゥ at 2009-04-17 23:46 x
吉田義男・・・・さすが虎ファンですね☆
Commented by deaconred at 2009-04-19 23:55
>スゥさん

お疲れ様です。
やっぱり吉田義男ですよ。素晴らしい遊撃手だったそうですね。
一度だけ、生でお会いしたことがあって、写真と撮らせてもらったことがありました。
本気で嬉しかったです^^
Commented by 加藤博文 at 2009-04-26 20:44 x
はじめまして。
突然のご連絡失礼いたします。
PVfree.net、管理人の加藤博文と申します。

サイト名:PVfree.net
URL:tvs.uah.jp/pv/

この度は、相互リンクのお申し込みのため御連絡させていただきました。

既にこちらのサイトの方にはリンク
を設置して紹介させていただいております。

よろしければ相互リンク宜しくお願い申し上げます。

加藤博文
Commented by deaconred at 2009-04-27 23:58
>加藤博文さん

お疲れ様です。コメントありがとうございます!
相互リンク了解いたしました。
ただ、現在はエキサイトブログのみのリンクとなっております。
リンク設置まで少々お時間を頂くこととなりますが、宜しくお願いいたします!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by deaconred | 2009-04-17 21:25 | Jazz | Comments(4)