The Night Has a Thousand Eyes

曲のタイトルのインパクトという点でものすごく印象に残っている1曲を。


The Night Has a Thousand Eyes、夜は千の眼を持つ、すごくいいタイトルですよね。


楽曲も「静」と「動」のコントラストが大好きです。


最初に聞いたのはコルトレーンの演奏でした。それ以降、色々な演奏を聴いてきましたが、コルトレーより素晴らしい演奏は聞いていません。


というより、コルトレーンが素晴らしすぎる、という表現の方が正しいかもしれません。


黄金カルテッドでの演奏ですが、個人的にはこの頃の録音が一番バランスが取れていて好きですね。


これ以前は少し完成度に欠けますし、これ以降は怖くなります^^;


コルトレーンのアドリブと、マッコイの4度積和とギャリソンのベーシックなベースとジョーンズの独創的なスイングと。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by deaconred | 2012-04-30 23:55 | Jazz | Comments(0)