カテゴリ:Electoronica( 53 )

Muddy Water

Yoshinori Sunahara - Muddy Water

一周回ってまた聴いた感じ。。
久々に聞くとものすごく重い音に感じる。。




[PR]
by deaconred | 2018-10-04 00:00 | Electoronica | Comments(0)

Spacelab

Good evening, Kraftwerk / Guten Abend Kraftwerk, guten Abend Stuttgart!


クラフトワークと国際宇宙ステーションに滞在している宇宙飛行士が共演、「Spacelab」を演奏!
これぞ本当のSpacelab!
感激です。。。




[PR]
by deaconred | 2018-07-25 00:00 | Electoronica | Comments(0)

E2-E4

Manuel Göttsching - E2-E4

クラウト・ロックの名盤!
今じゃ、フルで聞けちゃう時代なんですかね~^^;
昔じゃ考えられないですね

この音楽が1981年ぐらいですから恐ろしです。
最先端行き過ぎですよね。
シンプルな繰り返しではなくその中で微妙に変化していく表情が素敵です。



[PR]
by deaconred | 2018-07-08 00:00 | Electoronica | Comments(0)

Into the Natur

Hardfloor - "Into the Nature"

テクノ系の細かいジャンル分けって難しいですよね…
これはアシッド・ハウス
うーん。。。もっと勉強しないとだめだな…。



[PR]
by deaconred | 2018-05-26 00:00 | Electoronica | Comments(0)

Born Slippy

Underworld Born Slippy Live in Berlin

やっぱりこの曲をきっかけにエレクトロニカはメジャーになったんだろうな…
いつ聞いてもカッコイイ。



[PR]
by deaconred | 2018-05-10 00:00 | Electoronica | Comments(0)

Hollywood

Cluster - Hollywood

やはりクラウト・ロックは奥が深い。
聴けば聞くほど、違う表情を見せてくれる。

米英の文化には簡単に迎合しない!という精神からすとタイトル的にはアンチテーゼってことなのでしょうかね。

それにしてもこのリズムもメロディーもどんどん心地よくなっていく~



[PR]
by deaconred | 2018-05-02 00:00 | Electoronica | Comments(0)

Bounce

アナログな音つくりと、テクノロジーとのバランス、そして何よりこの浮遊感が好き。

ジャンルのタグ付け難しいな…^^;



[PR]
by deaconred | 2016-12-18 00:00 | Electoronica | Comments(0)

Oxygene

今週末は自宅で仕事~!


今晩3時までには仕上げて寝たい・・・。


仕事用というわけではないですが、BGMにはJean Michel JarreのOxygeneを。


これもまた1970年代の音楽。



思考の深部へ・・・・。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-07-07 23:27 | Electoronica | Comments(0)

僕に胸キュソ

OMYのCD持っていますが、この曲は知りませんでした。


あの曲です、あの曲(笑)


コード進行とかメロディとか歌詞とかもうセンスありすぎ!です(笑)


「キュソ」には笑ってしまいました。


逆にこの曲を歌うのは難しいですよね。


オリジナルを聴いてから、聴きなおしてみるといっそうそのセンスが分かります。


しかしこのブログではオリジナルは張りません!


これはCD買わないとな・・・^^;


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-06-18 22:03 | Electoronica | Comments(0)

Kのトランク

古典的な未来感覚、とでも言いましょうか


テクノポップを聴いていると、多くのことを考えさせられます。


何となくなのですが、中世の道化の役割というか、無機質であるが故、人間の本質を表現することができるというか、そんなことを考えてしまいます。


本当に”グルーヴ”を排除した無機質なリズムの反復が”グルーヴ”を生むのか?


1980年代のビートをもう一度。


ローランドのMC-4の印象が強い「Kのトランク」を。


↓ポチっとクリックしていただければ励みになります~↓

にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
[PR]
by deaconred | 2012-06-17 22:19 | Electoronica | Comments(0)